守るべきは 鬼か、人か。2011年公開の劇場アニメ『 鬼神伝 』レビュー

鬼神伝

長編アニメやタイムスリップ系が好きならハマるかと思います。エセ関西弁が少し気になるところがアレ?っとなりますが、そこはスルーの方向でお願いします。原作は原作であって、映画の内容自体とは違う点がありますが、それはそれ、これはこれといった見方ができ、時間があるかたにはぴったりかと。

『 鬼神伝 』は高田崇史による日本の冒険小説が原作

2004年にノベルズレーベル 講談社ミステリーランドから『鬼の巻』と『神の巻』が刊行され、内容としてはジュブナイル向けに執筆されている作品です。2011年のゴールデンウィークにアニメ映画が公開。歴史ファンタジーとアドベンチャーを織り交ぜた、長編アニメーション映画と言えます。

鬼と人とが激しい戦いを繰り広げていた平安時代が舞台

京都に住む中学生、天童純は学校からの帰宅途中、化物に追われ、逃げ付いた寺院の僧侶に救われるが、純はそのまま1200年前の平安時代の京都にタイムスリップしてしまった。そこで彼は貴族達から、呪術を使い平安の人々を怯えさせる「鬼」の存在を聞き、自分は封印された「オロチ」を復活させ「鬼」と「貴族」との戦いに決着をもたらす「救いの御子」という事がわかった。一度は「オロチ」を復活させ、「貴族」側に勝利を与えた純だったが、鬼族の少女・水葉と出会い、この戦いの真実を彼女から聞かされる。「鬼」と「貴族」どちらを信用したら良いか、果たして「救いの御子」となった純はどちらの正義を信じるのだろうか?

 

歴史考察を交えながら展開していく物語

鬼と戦うことに疑問を持ち始め、葛藤し、なぜ鬼は節分の日に豆をぶつけられるのか、なぜ鬼は桃太郎に退治されなければならなかったのか…。

作画が綺麗で良い、戦闘シーンも格好良い◎

現代の京都の町並みも情緒たっぷりに描かれていて見やすい作画。展開が読みやすく、割と王道なので難しくありません。ただ、説明がやや不十分に感じましたが、作画はとっても綺麗にできているのでカバー?されている気がします。コンセプトデザインが大友克洋なのです。

このアニメをみて不完全燃焼の方、また、ハマったという方は是非原作を読んでいただきたいです。世界観が違って見えますのでお勧めです。少し年齢方が素直に楽しめる作品かなと思います。気になる方は是非、視聴してみてはいかがでしょうか?

 

 

タイトル及び画像の著作権はすべて著作者に帰属します。

引用元: 映画「鬼神伝-おにがみでん-」非公式サイト


※このページは、公開からおおよそ207 アクセスがありました。

ライティング:さっちん さん

鬼神伝

お気に入り記事をシェアして下さい

この記事に関するコメント

ABOUTこの記事をかいた人

さっちん

ミーハーな腐女子ゲーマーです。まだまだライター初心者ですが、思わずポチリたくなるような記事をかけることを目指して日々勉強中です。 最近ハマっていることは某◯者の実況を聞くこと♪