遂に発表された『響け!ユーフォニアム』劇場版&続編を展望します

響け!ユーフォニアム

2015年4月~6月まで放送された『響け!ユーフォニアム』ですが、この度、製作元の「京都アニメーション」イベントにて劇場版&続編の制作が発表されました。

響け!ユーフォニアム

 

第一期総集編の劇場版→第二期の流れになりそうです。同じ京都アニメーション制作の『中二病でも恋がしたい!』と同じ感じですね。

響け!ユーフォニアム 第一期のあらすじ

舞台となるのは京都府立北宇治高校、架空の高校ですが、京都府内によくある高校をモデルにしていると言われています。主人公、黄前久美子は小学生のころから吹奏楽(ユーフォニアム)を続けていますが、この高校の吹奏楽部はやる気のない「ダメ金」と呼ばれる地区大会以上に進出することがない「万年参加賞」状態のいい加減な部活でした。

当初久美子は、吹奏楽部への入部もためらっていましたが、級友の川島緑輝(さふぁいあ)、加藤葉月の誘いもあり入部することになります。そこには中学時代の吹奏楽部で一緒だった高坂麗奈の姿もありました。麗奈は中学時代の部活動に後悔があり、高校時代に何としても全国大会に行きたいという思いを秘めています。物語はこの4人を中心に進行しますが、久美子はどちらかと言うと第3者目線でストーリーを俯瞰していきます。

新任の吹奏楽部顧問、滝昇の登場により部活動の方向性が「全国大会を目指す」ことに変わります。その指導は厳しく、これまでの部員との軋轢や部活動への距離感の違いなどが鮮明になり、不透明さを増していきますが、最終的にはコンクールでの演奏で幕を閉じます。

 

吹奏楽あるある

「文化系部活の『体育会系』」と呼ばれる吹奏楽部が舞台ですので、そのシナリオや演奏スキル、人間関係などについて、実際の吹奏楽経験者なども交えて、かなり議論が交わされました。

これも現実にあることですが、吹奏楽部などですと

みんなでわいわい楽しければいい グループ と
真面目に結果を出したい グループ

があり、その対立が存在します。このアニメの前日談として、前者が勝って後者が集団で退部していたのですね。その中で赴任した滝顧問が、どちらが良いのか挙手によって多数決を取り後者が多かったため、ガチの指導を行い、そこから波乱が始まると言う流れです。

ちなみに、現実の高校吹奏楽関西ブロックは強豪校が固定されているため、そこに割って入るには至難の業だと言われています。

 

<第一話 公式配信動画>(ニコニコ動画公式配信:クリックしてください)

 

響け!ユーフォニアム の第二期はどうなる!?

総集編の劇場版によってストーリーをおさらいした後で、第二期になります。「TVアニメ続編」とはまだ発表されていないので、ひょっとすると他のメディア(新作劇場版やOVA)の可能性もあります。

予定通りTVアニメで続編が作られるとすると、前述の部内の路線対立によって退部をした生徒が再入部を申し出て、ひと悶着発生します。本来であれば滝顧問の就任によって、真面目路線に変わったのですから、かつての部員たちの再入部は歓迎されるはずですが、当時の人間関係もありなかなかそうはいかないようです。

原作(小説)通りに進めるのか、アニメのオリジナル展開を入れるのかは現在のところ分かりません。アニメの場合、原作とは異なる展開をするケースもあり、一体どんなストーリーになるのでしょうか。

劇場版、第二期ともにスケジュールはまだ発表されていません。次の曲が始まるのは、いつになるのでしょうか!?

公式サイト・引用元:TVアニメ「響け!ユーフォニアム」公式サイト

©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会

ABOUTこの記事をかいた人

リンドウ

元丸の内のサラリーマンです。サラリーマン時代はオタク趣味を隠していましたが、脱サラを機に趣味を全開にしてライター業を行っています。アニメをはじめとしたポップカルチャーと文化、経済の関係に興味があり、在職中は(趣味を隠しながらも)、涼宮ハルヒをテーマに経済セミナーを企画したりもしていました。現在、フリーライターとして活動すべく奮闘中です。