私が「 蒼穹のファフナー 」シリーズをみんなに見て欲しい二つの理由とは?

51Fxf8sGejL

冬アニメシリーズも佳境となってまいりました。「ごちうさ」、「K」、「うたわれ」、「ゆるゆり」など今期も様々なアニメが放送中ですが、現在放送中のアニメで私が是非ともあにぶの読者方々にオススメしたいのが、アニメ「 蒼穹のファフナー EXODUS 」です。

シリーズ第一作目から約11年が経過した「蒼穹のファフナー」シリーズ。

2004年の第一期、2005年のOVA、2010年の劇場版を経た本シリーズを一人でも多くの方に見て頂きたいと思い、ここでは「蒼穹のファフナー」シリーズの魅力をご紹介していきます。

蒼穹のファフナー シリーズの基本ストーリーは?

まずは簡単なあらすじから。

 

突如地球に飛来した地球外生命体、”フェストゥム”によって、人類の生存圏が大きく後退した世界。

太平洋に浮かぶ孤島である竜宮島に住む少年、真壁一騎は島に襲来したフェストゥムを撃退すべく、対フェストゥム用有人ロボット、”ファフナー”に搭乗し戦う事になるのだが・・・・・。

 

ここからは 蒼穹のファフナー シリーズ の重大な二つの魅力についてご紹介致します。

蒼穹のファフナー のオススメできるポイント ①

「一人として無駄なキャラクターが存在しない」

戦争や世界を描くロボットアニメでは、そのスケールの大きさから必然的にキャラが多くなり、一人一人の存在意義が希薄になってしまいがちですが、本シリーズにおいては全てのキャラに重要な役割があり、登場シーンの多さに関係なく、全てのキャラに感情移入できるよう作られています。

戦争を描くアニメですから、途中退場してしまうキャラもいるのですが、そのキャラが存在した意味が、他のキャラと観客、双方に深く刻み込まれている為、より強い感情移入と作品世界への没入感を与えてくれます。

蒼穹のファフナー のオススメできるポイント ②

「今だからこそ見るべきテーマを含むストーリー」

今現在、現実の世界でもテロや紛争などといった、人類同士の争いが起こっていますが、本作には「そうした”争い”は何故生まれるのか?」、「争いを終わらせるには何が必要なのか?」という今だからこそ一人一人が考えるべきテーマを非常に深く描いています。

アニメは勿論フィクションですが、フィクションだからこそ、現実ではつい無関心になってしまうような事柄を強く投げかける事が出来る、そうした「フィクションの強み」を最大限に生かした作品です。

 

もちろん、ストーリーだけではない 蒼穹のファフナー

今回のコラムは蒼穹のファフナー のストーリー面ばかりに着目していますが、それ以外にもロボットによる戦闘シーンのカッコ良さや燃える演出など、ロボットアニメに求めるハードルを軽々と飛び越えてしまうアニメ作品です。

お時間の空いた週末などに過去作を含めて見て頂き、現在放送中の最新シーズン、「 蒼穹のファフナー EXODUS 」を鑑賞してみてください。

 

タイトル及び画像の著作権はすべて著作者に帰属します。


※このページは、公開からおおよそ4,158 アクセスがありました。

ライティング:あにぶ編集部 さん

51Fxf8sGejL

お気に入り記事をシェアして下さい

この記事に関するコメント