家族とは?そして愛とは一体何なのか?アニメ「 輪るピングドラム 」にはその答えが!

輪るピングドラム

今回レビューするアニメ「 輪るピングドラム 」は、2011年7月から12月まで放送された全24話のテレビアニメーション作品です。制作は夏目友人帳やドゥラララ!!を手掛けたブレインズ・ベースであり、監督・脚本を担当するのは「美少女戦士セーラームーン」シリーズや「少女革命ウテナ」で知られる幾原邦彦氏。主に毎日放送(MBS)やTBSテレビで放送されていました。

キャラクター原案を担当しているのが星野リリィだけあり、彼女らしいいかにも少女漫画的主人公たちに寄り添う可愛らしいペンギンたちは、一見日常系ほのぼのアニメを連想させますが、第一話でその見解は間違いだったことに早くも気付かされ、作中には、1995年に起きた地下鉄サリン事件や宮沢賢治による小説「銀河鉄道の夜」を彷彿させる表現も使われています。

アニメ「 輪るピングドラム 」のストーリー

双子の高校生、高倉冠葉と高倉晶馬、妹の陽毬はたった3人だけの家族でした。病気により余命わずかと宣告された陽毬は、両親がいた頃に行った「高倉家思い出の水族館に行きたい」と兄二人にお願いをします。

陽毬の病状を心配した冠葉たちでしたが、妹の願いを叶えるために水族館を訪れることにしました。しかし、水族館で陽毬は倒れ、搬送先の病院で命を落としてしまいます。

覚悟はしていた冠葉たちでしたが、自分たちの無力さと最愛の家族である陽毬を失い悲しみに暮れます。そんな二人の前で「生存戦略!」と叫びながら蘇生した陽毬。頭にはいつの間にか水族館で晶馬に買ってもらったペンギン帽子がありました。帽子を被っている間は陽毬は陽毬ではなく、「プリンセス・オブ・ザ・クリスタル」という別人格になっていて、プリンセスは冠葉たちに、陽毬の命を救いたければ「ピングドラムを手に入れろ」と命じます。

ピングドラムとは何なのか、プリンセスは一体何者なのか困惑している冠葉たちに、プリンセスは3羽のペンギンを与え、荻野目苹果という冠葉たちと同じ高校生である少女を調査するよう指令を出しますが、この苹果との出会いが冠葉や晶馬、陽毬の高倉家という家族の過去に繋がるきっかけとなります。

 

愛とは?その愛の根源となる家族とは?人間が人を愛する意味を問われた気がする

輪るピングドラム

この作品は、回を追うごとに謎が深まるばかりです。2クール24話という長いストーリーの中で、主人公の高倉家3人と苹果のみならず、登場人物それぞれの人生を描き出しています。

16年前の地下鉄で起こった事故がキーとなり高倉家や苹果、その他登場人物のストーリーが綴られていきますが、12話で冠葉、晶馬、陽毬は16年前に事件を起こした組織に所属する両親のこどもたちであることがわかります。「あの時から僕達に未来なんて無く、ただ、きっと何者にもなれないってことだけがはっきりしてた」という晶馬の語りからアニメは始まりますが、この意味が12話で明らかにされるということです。

こういった謎を幾原監督はアニメの至るところに散りばめ、一つ一つ壮大な意味を持った答えをアニメ終盤に隠しています。

作品が発表されたのが2011年、冠葉・晶馬は16歳。16年前に地下鉄で起こった事件。1995年に日本で実際に起きた地下鉄サリン事件を題材にしているこのアニメは、決してゲラゲラ笑って観れるようなものではありません。しかし、その設定や作中で多様される主人公たち独自の台詞「生存戦略しましょうか」「きっと何者にもなれないお前たちに告げる」「ディスティニー!」やプリンセス・オブ・ザ・クリスタル、眞悧が起こすイリュージョンの映像美など、イクニワールドにどっぷりはまって魅入ってしまうことでしょう。

このアニメでわたしが一番印象を受けたのは、本来なら無償で注がれるはずの親の愛を受けていないことでした。これは現代の日本の問題に直通することではないのでしょうか。また、その愛を実の親からも受けられないとしたら、はたしてそれは家族と呼べるのでしょうか。

愛を教えてもらえなかった人間は人を愛すことができるのでしょうか。あなたとって、家族、そして愛とはなんですか?このアニメに、その答えの緒が見え隠れしています。

輪るピングドラム なぜか続きが気になる不思議系ファンタジーアニメ

 

 

アニメの題名:輪るピングドラム
作者/監督:イクニチャウダー/幾原邦彦
主な声優(複数可能):木村 昴 木村良平 荒川美穂 三宅麻理恵 石田彰 能登麻美子 堀江由衣 小泉豊
製作会社:ブレインズ・ベース
公式サイト:http://penguindrum.jp/
公開日:2011年7月7日
上映時間:30分アニメーション

 

 

ビデオマーケットボタンアニメ「 輪るピングドラム 」をビデオマーケットで視聴する

Copyright ©ikuni chowder,pengroup All rights reserved.

引用元: 輪るピングドラム 公式サイト


※このページは、公開からおおよそ402 アクセスがありました。

ライティング:あにぶ編集部 さん

輪るピングドラム

お気に入り記事をシェアして下さい

この記事に関するコメント