みんながよく検索するワード: >> おすすめ赤司征十朗夢女子男の娘腐女子ラブライブ声優ガルパンワールドトリガー ...

『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』ガンダム版「ロミオとジュリエット」

n_dvd_0101

戦争と言えばお互いの正義を掲げ、その理想が相反することで起きる戦い。
でもそこに居るのは人と人。
そんな人間模様を多く描いたのが「 機動戦士ガンダム 第08MS小隊 」だ。

第08小隊とは

地球連邦軍の新米士官であるシロー・アマダは第08MS小隊長として配属されることに。
地球へ向かう途中で敵機と交戦中の機体を発見し、シローは急遽、シャトルに積んであった機体で出撃するも敵ともども遭難してしまう。
生還のために一時協力して危機を脱したシローとアイナはお互いの名前を名乗りあって別れた。

配属された東南アジア戦線では、試作兵器「アプサラス」の存在が明らかとなる。
そしてアプサラスのパイロットがアイナであると。

どこまでもリアル

他のガンダムシリーズと比べ生々しさやリアリティある設定だ。
小さな兵器の被弾でも、被弾側の機体の状況やパイロットの心情が細かく描かれていたり、足首の駆動部の破損箇所を直すシーンなどご都合主義がここまで無いのは本作品ぐらいではないだろうか。

そしてシロー・アマダは主人公という割に最初から特別優秀という訳ではなく、能力は平々凡々、ただ人より少し義理堅いといったところ。
そんな小隊長が部下に支えながらも戦場で経験を積み、人として兵士としてたくましく成長していく様も見所。

分かり合うこと

たとえ敵味方に分かれていても、いい人間はいます。自分にはそれがこの愚劣な戦争におけるただ一つの希望に思えます。
(本編セリフより抜粋)

もちろん連邦とジオンはその場で平和協定を結ぶことなんてあり得る訳もなく、その兵士同士が結ばれるなんてまず考えられない。

だが、それは連邦とジオンとして考えた場合であり、一人の人間として向き合ってみれば分かり合うことだってできるはずなのだ。

タイトルにもある通りまさに「ロミオとジュリエット」状態なのだ。

シロー・アマダ隊長率いる08小隊をぜひ最後まで見届けて欲しい。
そして敵と味方、人と人といった部分にももちろん注目だ。

 

ライター:あにぶ編集部 さん

© 創通・サンライズ

公式サイト・引用元: 機動戦士ガンダム 第08MS小隊

※このページは、公開から通算で296 ページビューを獲得しています。
スポンサードリンク広告

  おすすめアニメコラムに興味はありませんか?