女は色々な意味で強し!アニメ「 すもももももも ~ 地上最強のヨメ~ 」レビュー

すもももももも

女性は男性より精神的にも忍耐的にも強いと世間では言われていますが、今回ご紹介するアニメ「 すもももももも ~地上最強のヨメ~ 」では、物理的に強靭な女性がたくさん登場します!格闘アニメなのですが、一途に恋する女の強さが描かれており格闘にも恋にも全力で挑む女性達の話です。

アニメ「 すもももももも ~ 地上最強のヨメ~ 」は押しかけ女房アニメ?

主人公・犬塚孝子(いぬづかこうし)は東軍最強の後継者として生まれたのですが、喧嘩についてはめっぽう弱く、過去のトラウマが原因で武術をやめてしまいます。「ペンは剣よりも強し」の格言通りに、拳を振るうことよりも、ペンを取って検事を目指していました。

 

すももももも

 

そこへ西軍最強の後継者のヒロイン・九頭竜もも子が、地上最強の子孫を作るために主人公・犬塚孝子(いぬづかこうし)の元に押しかけてくるのです!普通であれば、女性に言い寄られたり、押しかけ女房的なシチュエーションであれば、男ならば悪い気はしないものですが、武術に対してトラウマを持っている犬塚孝子九頭竜もも子には見向きもせず、検事の勉強を最優先にして相手にしません。

地上最強の子孫を作るためにきた!と公言して憚らない九頭竜もも子ですが、実のところは子作りのためだけに孝子にアタックしているのではありません。遠い過去にいじめられていた九頭竜もも子を、犬塚孝子が庇ってくれた時から、彼に思いを寄せているのです。「家」だの「家系」だの理由を全面の押し出しても、愛情という最も重要なファクターが彼女の中には存在しているのです。

しかし、九頭竜もも子は駆け引きが苦手で真っ直ぐしか物事を見れません。武術をやめ、ましてやトラウマにまでなっている孝子のことを知らずに、過去の思い出だけで犬塚孝子を憧れと尊敬の眼差しで見ています。

健気なもも子。その姿にやきもきしてしまう

九頭竜もも子は武術だけの女の子ではありません。家庭的な一面もあり、料理や洗濯など難なくこなしては、犬塚孝子の世話を焼いては、いつか犬塚孝子が自分の方を振り向いてくれるようにがんばります。しかし、不器用でなにかにつけて鈍い犬塚孝子は、九頭竜もも子の献身的な姿に徐々に惹かれていきますが、自分は弱くて駄目な人間なんだと引け目が出てしまい、あと1歩がなかなか踏み出せない状態に。

いろいろとやきもきしてしまいますが、果たして地上最強の恋の行方はいかに!?

 

監督:中西伸彰  出演:高橋広樹・鹿野優似・平野綾 ほか

筆者:くさなぎゆうき

© 大高忍/スクウェアエニックス・すもも製作委員会

引用元: すもももももも 公式サイト


※このページは、公開からおおよそ450 アクセスがありました。

ライティング:くさなぎゆうき さん

すもももももも

お気に入り記事をシェアして下さい

この記事に関するコメント