思わず泣いた。タイムリープ最高峰アニメ『 STEINS;GATE [シュタインズ・ゲート] 』

STEINS;GATE

今回レビューをお送りするアニメ『 STEINS;GATE [シュタインズ・ゲート] 』は、特にアニメ後半からのフラグ回収は鳥肌ものです。5話までみたらもう STEINS;GATE の世界観に引き込まれています。どんどん先が、続きが気になる!最終話で見事にフラグ回収します。

そしてリピートして何回でも見直すと違った感動があり、よりアニメの世界にのめりこんでしまいます。過去を変えても未来は変わらないが、事実は変えることができる。

アニメ『 STEINS;GATE [シュタインズ・ゲート] 』の原作は同人ゲームからなる作品

2011年4月から同年9月まで放送され、全24話。基本的に原作ゲームのストーリーに沿った内容で映像化され、トゥルーエンディングに至るまでの物語が描かれました。最終話の放送後直後には、放送や公式サイトを通じて劇場版の制作が告知。

BD/DVD第9巻には、特典映像のスペシャルで後日談の第25話が収録。第25話は原作ゲームにも存在しないストーリーとなり、スタッフを一部変更して制作されました。

STEINS;GATE

舞台は2010年夏の秋葉原

厨二病から抜け出せない大学生の主人公は、“未来ガジェット研究所”を立ち上げ、用途不明の発明品を日々生み出していた。だがある時、過去にメールが送れるタイムマシンを作り出す。

世紀の発見と興奮を抑えきれずに、過去への干渉を繰り返す。そして、世界を巻き込む大きな悲劇が訪れるのだが、悲劇を回避するために、孤独な戦いが始まる…。

 

主人公はただ友達が欲しかっただけかもしれない

時間を操っていくつもりが、いつの間にか操られてしまう。興味本位から生まれるワクワク感と「やらなきゃ良かった」後悔とも言えるドキドキ感が交互に入り乱れ、観ているこちらも「一体自分は今どこにいるのだろう?」なんて大袈裟ながらも引き込まれ錯覚してしまう程です。伏線とその回収の展開に夢中になれる作品です。

もう一度見たいと思わせる力を持っているアニメ。

このアニメを見ると、信頼できる仲間達と過ごしてきた何気ない日常の思い出が、いかに大切なものかが気付かされます。最後にドクターペッパーを飲みたくなること間違いなし!!

Steins;Gate (シュタインズ・ゲート) 今すぐアニメファンになる必要があるときにおすすめ

 

ビデオマーケットボタンSTEINS;GATEの第1話を無料で視聴する

© 2009-2010 5pb. Inc./Nitroplus © 2011 5pb./Nitroplus 未来ガジェット研究所

引用元: TVアニメ『STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)』公式サイト


※このページは、公開からおおよそ723 アクセスがありました。

ライティング:さっちん さん

STEINS;GATE

お気に入り記事をシェアして下さい

この記事に関するコメント

ABOUTこの記事をかいた人

さっちん

ミーハーな腐女子ゲーマーです。まだまだライター初心者ですが、思わずポチリたくなるような記事をかけることを目指して日々勉強中です。 最近ハマっていることは某◯者の実況を聞くこと♪