2016年冬公開予定の劇場アニメ『 虐殺器官 』 新規カットを加えた告知PVが公開

虐殺器官

作家デビューしてからわずか2年ほどで急逝した稀代の作家『伊藤計劃』のこの世に残した長編小説である「 虐殺器官 」「 ハーモニー 」そして「屍者の帝国」。『ProjectItoh』と題し三つの作品の劇場アニメを制作することが2014年に発表され、これまで「ハーモニー 」そして「屍者の帝国」の二作品の劇場アニメが公開されてきました。

本来はすでに公開済みであった「 虐殺器官 」ですが、諸事情から劇場アニメの制作を延期されており、2016年冬の公開を目標に3月には新ティザーPVが公開されるなど鋭意制作中の今作品の新規映像そして新規カットを加えた新たな告知PVが解禁されました。

『 虐殺器官 』は、サラエボで起こった核爆弾テロにより、悪化の一途をたどる世界情勢。アメリカはテロの脅威に対抗すべく徹底した個人情報管理を行い、状況の改善を試みた。その結果、先進諸国からテロの脅威が取り除かれたが、後進国では内戦と虐殺が横行するようになっていた。事態を重く見たアメリカは情報軍を創設し、クラヴィス大尉に後進国で虐殺を扇動しているとされるアメリカ人言語学者・ジョン・ポールの暗殺を命じる。後進国で内戦を引き起こすジョンの真の目的とは一体……といったストーリー。

この作品でついに、全ての長編小説が映像化されることとなる『ProjectItoh』。三作品の中でもかなり評価が高く、これがデビュー作とは思えないほどの完成度を誇る『 虐殺器官 』、それ故に映像化も難しいとされていたこの作品ですが、今冬から公開が予定される劇場アニメに期待せざるを得ないでしょう。

公式サイト:『ProjectItoh』
©ProjectItoh

©ProjectItoh

引用元: 『ProjectItoh』公式サイト


※このページは、公開からおおよそ288 アクセスがありました。

ライティング:Uemt さん

虐殺器官

お気に入り記事をシェアして下さい

この記事に関するコメント