小説同人誌の強い味方!「表紙やロゴをデザインしてくれる」印刷所などご紹介!

本

さて冬コミが近付いてきましたね!!

12月初旬辺りが大半の人の目指す〆切だと思いますが、皆さん進捗はいかがでしょうか。
さておき、小説がメインの同人誌サークルさんにおいて、本文よりも大きな課題となることも多い表紙!

自分でデザインしたり、友人の絵描きさんに頼んだり、みなさんそれぞれに苦悩なさっています。
そこで今回はこんな記事をご用意してみました!

「デザインセンスに自信がなくて表紙がいつもやっつけ仕事になりがち」「表紙を頼める友人がいない」という字書きさんにはありがたい、「表紙やロゴをデザインしてくれる」こんな印刷所やサイト、いかがでしょ?

本

「プリントオン」のわくわくドキドキデザインセット

このセットが発表された当初、字書きさんの間で話題になった「装丁もデザインもすべて印刷所にお任せ!」なセット。
納品されるまで仕様はすべてヒミツ、クレームは受け付けないというセットですね!
オンデマンド印刷なのでしょう部数からお願いできるのが魅力です。

28ページ100部で4万円ほどとちょっとお高めですが、割引を使用すれば最大で30%OFF。
装丁などを考えなくてもいいので、ぜーんぶ丸投げしたい人にオススメです!

「大友出版印刷」の小説本限定表紙デザイン無料作成サービス

こちらは大友出版印刷さんに小説本を入稿すると、サービスで表紙をデザインしてもらえます!
ただし本のサイズはA5、B6、新書、文庫本に限ります。

公開されている価格表はオフセット印刷とリソグラフ印刷。オンデマンド印刷はすべて見積もりをとのこと。
リソグラフを扱っている印刷所さんは最近珍しいので、ちょっとレトロな雰囲気にしたい人にはおススメかもしれません!

こちらは以前から小説本入稿の際に申請するとブックカバー+しおりをサービスしてくれたりと、小説同人誌に優しい印刷所さんですね。

同人誌デザインの「月光やもり」さん

こちらはまだまだ知らない人も多いはず。同人誌の表紙、ロゴ、グッズのデザインを請け負ってくれる「月光やもり」さん。

デザインは誰かに頼みたいけど上記の印刷所さんにはお願いしないし……という人にオススメ。
なんとリテイクなしなら3500円から依頼することができ、ロゴの制作だけなら3000円からお願いできます。
かなりの格安で、グッズなどのデザインもお願いできるのでノベルティの制作にも利用できますね!

 

さて、いかがでしょうか!同人誌のデザインをお願いできるところがあると、普段自分でデザインしている人も、「たまには他の雰囲気の表紙を使ってみたい」という時にも便利です。
冬コミだけでなく他のイベント参加をお考えの方も、ぜひご検討ください!

タイトル及び画像の著作権はすべて著作者に帰属します。


※このページは、公開からおおよそ4,166 アクセスがありました。

ライティング:井之上 さん

本

お気に入り記事をシェアして下さい

この記事に関するコメント

ABOUTこの記事をかいた人

井之上

濃いめのオタク。実家がオタクだったせいで自然学習されてしまった年齢に見合わないオタ知識のせいで年齢詐称を疑われることもしばしば。家事育児と投稿小説製作の合間に少しだけライターとして書かせていただいています。