アニメ 機動戦士ガンダムUC ユニコーン は、ガンダムの正統後継作の実力作品

機動戦士ガンダムUC

「機動戦士ガンダム」から続く、宇宙世紀を舞台にしたガンダムの正当後継作です。ストーリー担当に作家の福井晴敏氏(ターンAガンダムのノベライズ、「月に繭 地には果実」を手掛けた)を迎え、ニュータイプとは何なのか、もう一度問い直すようにストーリーが構成されています。

監督には古橋一浩氏( らんま1/2、るろうに剣心 でも監督を経験されています。)を起用、持ち味の戦闘シーンも、素晴らしい臨場感を醸し出しています。

正統後継作を公言する 機動戦士ガンダムUC 。はたしてその実力は?

また、正統シリーズであることを裏付けるように、歴代正統作の出演キャラクターも複数登場し、ガンダムファンなら誰でも物語に引き込まれてしまうような設定になっています。また、本作を見ることによって、「ガンダムファンのみならず、ガンダムを知らない人でも、ニュータイプという概念に自然と溶け込める」そんな作品です。

原案は角川書店の「ガンダムエース」にて2007年2月号〜2009年8月号まで掲載された小説、「機動戦士ガンダムUC」です。

機動戦士ガンダムUC

シャア専用とか、ニュータイプとか、私の周りでも「ガンダムを見た事はないけど、言葉は知ってる」という人は沢山います。そういう人たちが、ガンダムシリーズを追って見なくても分かるよう、ストーリーが構成されています(専門用語も有りますが)。

劇中のテーマソングはepisode一作毎(全7episode)にそれぞれ用意され、音楽に対する意欲も伺えます。

実際、ユニコーンガンダムファンの為のイベントでは、出演キャラクターの声優さんと、劇中使用音楽によって開催が成立するほどでした。

製作期間が足掛け4年と、掛けた時間の分だけ濃い、視覚、聴覚両面からのスケール感に圧倒されます。

正統後継作の 機動戦士ガンダムUC のストーリー

宇宙世紀100年。この節目にUC計画が始動します。UCとは宇宙世紀の事でもあり、ユニコーンの事でもあります。この年、宇宙世紀の開幕に伴って発生した、ある事件の鍵を握る人物、カーディアス・ビストが動き出します。ビスト財団と呼ばれるこの組織の繁栄は、この事件の鍵を握るためにあったのですが・・・。

地球連邦政府首脳とカーディアス・ビスト、そしてネオ・ジオンという宇宙移民の独立共同体とが三者三様の思惑の果てにぶつかり合います。

「ラプラスの箱」と呼ばれるこの事件の秘密と、この箱を開けるために存在する「鍵」の所在をめぐって、主人公のバナージ・リンクスがユニコーンガンダムのパイロットを務める事になります。

主人公のバナージは、ユニコーンガンダムに乗る中で様々な人物と相対します。それは、上官に全てを捧げる女性パイロットであったり、政治的な力で世界を均衡しようとする男であったり様々です。

ネオ・ジオンと連邦政府との間で、揺れ動く心を抱えた少年、バナージと、バナージを支える周囲の人物の気持ちが交錯し、物語は熱気を帯びていきます。果たしてラプラスの箱の封印は解けるのか、

そしてその先にある秘密とは何なのか・・・。

バナージのニュータイプへの覚醒が始まります。

 

 本家を語る実力!機動戦士ガンダム シリーズのキャラが成長して登場。機動戦士ガンダム ユニコーン のストーリーに奥行きと深みが生まれる

はっきりと、全てが見どころと言い切れるのですが、まず一番の見どころは、宇宙世紀というガンダムの正統をこの作品が受け継いでいるところです。

出演するキャラクターの内、今までの作品に登場した人物のその後や、成長した姿が見られることはファンにとって一番嬉しいことではないでしょうか。

また、ユニコーンガンダムのかっこよさも特筆すべき事だと思います。数あるガンダムの中でも、シンプル且つ性能の優れたユニコーンガンダムは、新時代のガンダムであることを予感させてくれます。

そのガンダムを操縦する、主人公のバナージの素直な性格から繰り出される純粋な言葉には何度もハッとさせられます。

また、この物語は、恋愛物語の要素も色濃く含んでいて、バナージと響きあうオードリー・バーンの存在も欠かせません。登場人物のすべてが、それぞれの思考をはっきりと有しており、見れば見るほどグイグイと物語に引き込まれます。

また美しい音楽が至る所に散りばめられており、感動しないのが不可能と思えるほどです。
また、ニュータイプとは何なのか、そしておなじみの「赤い彗星」の再来と呼ばれる男との邂逅。数ある複線が少しずつ明らかになっていく、謎解きの要素も物語が盛り上がる所以となっています。

バナージが数々の戦いをくぐり抜け、本当に手にするべきものを見つける為に、ドラマは息つぐ間もなく展開されていきます。映像、音楽、ストーリー、三拍子全て揃ったこの物語をぜひ広く知って頂きたいと思います。

 

アニメの原題:機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)
原案:矢立 肇・富野由悠季「機動戦士ガンダム」より
小説「機動戦士ガンダムUC」福井晴敏
監督:古橋一浩/脚本:むとうやすゆき/ストーリー:福井晴敏
主な声優(複数可能):内山昂輝、藤村 歩、池田秀一、浪川大輔
製作会社:サンライズ
公式サイト:www.gundam-unicorn.net/
公開日:2010年2月20日
上映時間:episode1~6=59分 episode7=90分

©創通・サンライズ

引用元: 機動戦士ガンダムUC[ユニコーン]


※このページは、公開からおおよそ2,840 アクセスがありました。

ライティング:あにぶ編集部 さん

機動戦士ガンダムUC

お気に入り記事をシェアして下さい

この記事に関するコメント