TPP、パロディは適用強化外!

環太平洋連携協定(TPP)の発効に備えた著作権法改正について、かねてからアニメファン、とりわけ二次創作界隈でたくさんの不安の声が上がっていました。

そんななか昨日11日、国の文化審議会は有識者による小委員会を開き、原作に似せたキャラクターを登場させるパロディー作品および、作品を掲載する同人誌を著作権侵害の摘発強化の対象にしない方針を決定しました!

しかし公認されたわけではなく、あくまでも「現状維持」。

二次創作はこれからも節度を持った楽しみ方をしていきましょう!

 

情報元|ライブドアニュース

タイトル及び画像の著作権はすべて著作者に帰属します。


※このページは、公開からおおよそ97 アクセスがありました。

ライティング:井之上 さん

お気に入り記事をシェアして下さい

この記事に関するコメント

ABOUTこの記事をかいた人

井之上

濃いめのオタク。実家がオタクだったせいで自然学習されてしまった年齢に見合わないオタ知識のせいで年齢詐称を疑われることもしばしば。家事育児と投稿小説製作の合間に少しだけライターとして書かせていただいています。