懐かしい風景に懐かしい青春劇、日常ミステリーアニメ『 氷菓 』

氷菓

日常の中の何気ない謎を解くことをテーマとしていて、ミステリーではあるが殺人などの深刻な犯罪は発生しないというなんとも不思議な作品です。本格ミステリーをアニメ化しているので、非常に見ごたえある青春ミステリーものとなっています。ホラー要素とかはないのでラブコメ、ミステリーが好きなひとならハマること間違いなし!

原作は米澤穂信著の<古典部>シリーズで、シリーズ自体はアニメ化されていない作品を含めても完結していないため、短編集「遠まわりする雛」という作品を最終回としていのではないかと思います。原作を読んでもおそらくはこの短編が最終回的なものだと位置づけるのに妥当かなと。アニメは原作のエピソードを時系列順に並べた構成となっていて、作画は文句なしと言えます。流石「京アニ」です。

日常ミステリーアニメ『 氷菓 』のあらすじ

何事にも積極的に関わらない省エネ主義の奉太郎は、姉の命令で入部させられた廃部寸前の古典部で、部員の好奇心旺盛な少女の叔父が関わった三十三年前に起きた事件の真相に迫る。省エネ主義男と好奇心天然少女が繰り広げる謎解き青春ミステリーが始まる!

 

作画がよくて綺麗

教室や部室の備品、小物類が細かく書き込まれているのですが、その配置が非常にリアルで、凝っているといった印象、そして時間帯や季節、伝えたい心理描写によって場面の光の明暗が変わっているのも個人的には良かったです。また風景や、風景以外の背景描写がとてもセンスがよく感じられました。表現の仕方が凄く綺麗に感じたアニメで、総合して作画が良いと感じます。

日常のちょっとした謎に全力で挑む!アニメ「 氷菓 」レビュー

 

良い意味で田舎の高校感が出ています。その描写にクラシック曲が絶妙にマッチしていて、どこか小説を読んでいるような気分に浸してくれるような。小説の朗読に映像が付いてきた感覚でみました。そして豪華な声優陣には思わずニヤリ。サブキャラも豪華なので本気が伝わってきたかのようでした。

あとは推理系が苦手な人でも、日常に潜む謎を解いていく推理物なので十分楽しめる内容です。

 

ビデオマーケットボタン「氷菓」をビデオマーケットで視聴する

 

©米澤穂信・角川書店/神山高校古典部OB会

引用元: TVアニメ「氷菓」オフィシャルサイト


※このページは、公開からおおよそ1,063 アクセスがありました。

ライティング:さっちん さん

氷菓

お気に入り記事をシェアして下さい

この記事に関するコメント

ABOUTこの記事をかいた人

さっちん

ミーハーな腐女子ゲーマーです。まだまだライター初心者ですが、思わずポチリたくなるような記事をかけることを目指して日々勉強中です。 最近ハマっていることは某◯者の実況を聞くこと♪