ホラーアニメ「 Another 」は、闇夜の深いこの時期だからこそ旬!

Another

すっかり季節も冬に変わり日が落ちるのも早くなった今日この頃、皆様はいかがお過ごしですか?実は冬の夜が1番暗いと言われているのをご存知でしょうか?そんな真の闇の中雰囲気ぴったりのホラーアニメ「Another」をレビューします。

冬こそホラーアニメ「 Another 」を嗜もう!

なぜこの時期に?と思われるかもしれませんね。あくまでも私的な感覚なのですが、ホラー映画やホラーアニメの鑑賞は、蒸し暑い夏の夜よりも、静寂の中の冬の夜のほうが、季節のひんやり感✕ホラーのひんやり感でひんかり感倍増!ひんやり感倍増でより寒い恐怖感が煽られますよ。ホラーアニメ「 Another 」のストーリーはホラーなので、ホラーやグロに対して耐性のない人は、見るのに心構えが必要です!

「 Another 」に登場する主人公は、持病の療養のため中学3年から地方の中学へ転校することになります。しかし、その転校先の中学が思いもよらない呪われた学校でした。なぜが偶然にも主人公が入学した3年3組だけに起こる数々の怪現象。呪いによって卒業までの間、毎月3年3組の関係者が死亡するというまったく理解不能の理不尽な現象に巻き込まれています。

「 Another 」で語られる呪いの真実とは?

その呪いとは、死んだ人間が3年3組に誰かが紛れ込んでおり、その増えた分の人数合わせのため人が死ぬというものでした。呪いからの防衛対策として、クラスで1人だけ「いないもの」と称して、その1人を存在しないものとして、クラス全員で「いないもの」を無視をするという、悲しい「いじめ」ルールが設けられていました。

「いないもの」としてひどい扱いを受けているのが「 Another 」のヒロイン。転入初日、なにも事情を知らない主人公はヒロインに話しかけてしまった事で、その結果主人公も「いないもの」として扱われてしまう事になる。「いないもの」同士として次第に理解して打ちとけあっていく。しかし、「いないもの」に話しかけてしまった結果、「いるもの」になってしまったために3年3組では怪現象が起き始める。なんとかしてこの3年3組に起こる怪現象の原因を突き止めなければ・・・・呪いの連鎖を断ち切るために、3年3組に隠された真の謎を追求していく事になるのだが・・・。

 

ホラーアニメ「 Another 」は既に実写映画化もされており、原作小説は65万部のベストセラーとなっています。「このミステリーがすごい」の第3位までにランクインしたほどの秀作。この冬は独特なミステリーの世界へと行ってみてはいかがですか?

(筆者:くさなぎゆうき)

タイトル及び画像の著作権はすべて著作者に帰属します。


※このページは、公開からおおよそ547 アクセスがありました。

ライティング:くさなぎゆうき さん

Another

お気に入り記事をシェアして下さい

この記事に関するコメント