みんながよく検索するワード: >> おすすめ赤司征十朗夢女子男の娘腐女子ラブライブ声優ガルパンワールドトリガー ...

もっとも記憶に残った豊作期、2013年春アニメの思ひ出

各クールに放送されるアニメにも「豊作期」と「不作期」があります。
最近アニメを見始めた人だとまだピンと来ないかもしれませんが、「なんか今期すごくね?」とか「あ~、今期はいまいちだったかなー」とかいった感覚もわかってくるものですよ。

今回は筆者が見てきた中でもっとも記憶に残った豊作期「2013年春アニメ」の作品群について軽くご紹介します。

社会現象の「あの作品」を筆頭に…

まず外せないのはこの作品でしょう!

進撃の巨人

そう、『進撃の巨人』です。
非オタ民の耳にまでその名が轟いた社会現象作品!
これの放送が始まったのが2013年の春だったのです。

これだけでも十分記憶に残りやすいクールでしたが、さらに「有名作品の続編」が続きます。

とある科学の超電磁砲S

『とある科学の超電磁砲S
・『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE2000%
・『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。
・『這いよれ!ニャル子さんW
・『ハヤテのごとく! Cuties』

この辺はオタク民なら誰しも名前くらいは知っている有名作品です。とくに「超電磁砲」、「うたプリ」、「俺妹」はファンの多い超人気作品。
これら続編が一挙に放送開始されるというのはなかなかに眼福な光景でした。

ここまででもう豊作感がありましたが、このクールの注目作はこれで終わりませんでした。

大健闘の新作 & ユニークだった話題作

2013年春に初登場ながら大健闘したと言える作品はこちらです。

はたらく魔王さま!

・『はたらく魔王さま!
・『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。
・『翠星のガルガンティア
・『デート・ア・ライブ』

ニューフェイス筆頭は二期を待望する声も多い「はたらく魔王さま!」!(10月4日まで一挙放送中!
その他作品も上記有名作品に負けず劣らずの大健闘だったと言っていいでしょう。

そして人気沸騰とはいかずともユニークな作りで話題となった作品も見られました。

ゆゆ式

・『ゆゆ式
・『波打際のむろみさん
・『惡の華
・『断裁分離のクライムエッジ』

不思議な魅力で地味にファンを増やした『ゆゆ式』と「むろみさん」。
そして「EDがキモイ!」とも話題になった『惡の華』に、「ハサミ枠」というネタを生んだ作品「クライムエッジ」。

人気作品の中にありながらも独特の存在感がありました(笑)

「豊作」はリアルタイム視聴ならではの魅力

以上の作品がわずか3カ月の間にひしめきあっていた2013年春。
すべての作品をチェックしていたわけじゃありませんが、名作・良作・話題作がひしめく「豊作期」はなんとなく嬉しくなるもの。まさにお祭り気分の3カ月でした。

こういう豊作期ならではの盛り上がりはリアルタイムで見ているからこそ味わえるものです。アニメに興味があればぜひリアルタイムでも見てみてください!

ちょうど秋アニメの放送もいよいよです!
豊作かどうかは蓋を開けてみるまでわかりませんが…後からでは取り返せないライブ感、みんなと一緒に感じてみませんか?

ライター:あにぶ編集部 さん

(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会,(C)鎌池和馬/冬川基/アスキー・メディアワークス/PROJECT-RAILGUN S,©和ケ原総司/アスキー・メディアワークス/HM project,©三上小又・芳文社/ゆゆ式情報処理部

公式サイト・引用元: とある科学の超電磁砲S

※このページは、公開から通算で217 ページビューを獲得しています。
スポンサードリンク広告

  おすすめアニメコラムに興味はありませんか?