スカーレッドライダーゼクス 第四話「 Hi-Fi Highway 」【感想コラム】

スカーレッドライダーゼクス

さて、本格的に原作が乙女ゲーだということを忘却の彼方にぶっとばしてくれそうな展開になってきましたスカーレッドライダーゼクス第四話!
でも原作をプレイした友人曰く、ノリはそのままらしいのでよくこれを乙女ゲーだと言い張ったなという感じすらします。
そんな訳で今回も、あらすじと感想いっちゃいましょう!!

スカーレッドライダーゼクス Track.04「 Hi-Fi Highway 」

アキラの提案により、LAGの軍事活動だけでなく、スカーレッドライダーのプロモーション活動が展開する。
まずはショウナンの海でのCM撮影。コント仕立てのような健康飲料のCMを渋々ながらもこなしたタクトだが、その他の企画を知りさらに尻込む。
アキラの出自や思惑など、それぞれに不安点もある様子のタクト、ヒロ、ユゥジ。
しかしタクトはハプニングで脱げなくなってしまった蟹の着ぐるみ姿で、アキラのスカーレッドライダーへの思いを知ることになる。

今回の スカーレッドライダーゼクス は、95%ギャグ!!

冒頭から物凄い棒読みで始まったので何事かと思いましたが、もうこの時点で確信しました。「あ、今回はギャグ回だ」と!20160
ショウナンで撮影してるのになぜ女優さんのセリフがちょっと古めの関西弁(「かんにんして」「えぐい」)なのか!
そもそも青汁のCMに婚姻届とか実印とかの設定って必要なのか!
あとヒロとヨウスケのセリフ(「みなぎる緑黄色野菜の栄養素」「お前の母ちゃん蟹」「朽ち果てろ具材」)というか脚本ひどすぎやしないかとか!
開始5分でツッコミどころが多すぎてどうしようかと思いました!
そしてまさかの演技に納得がいかなかったので撮り直しを要求したいというタクト。完璧主義者はよく分かったけどこんなところで発揮しなくていい。
しかし一般市民にLAGとライダーの親しみやすさをアピールするために選択されたこのCMを「私のプロモーション計画にピッタリだと思った」とか、バラエティ進出を考えていたアキラちゃんは確実にこの五人をギャグ要員だと思っているようです。
2話の歓迎会の時点でそれはなんとなく分かってはいましたが!

その他、一応あるストーリー部分のメインでもあるタクトもかなりのギャグキャラとして動いてくれました。

CDやDVDの貸し借りの話をしている時のタクトとヨウスケの会話は全体的にヨウスケが酷かった。
「貸してもらったCDがロックばかりだった」→「返してもらってないが」→「それは今はどうでもいい」 ひでぇ。
「(ライブDVDを)見終わったなら返せ」→「嫌だ」 ひでぇ。
この幼馴染二人、ずっとこの感じでやってきたんだろうなぁと思うとちょっと微笑ましかったですがなんにしろヨウスケが酷い。

あとはなんだろう、ツッコミどころが多すぎて本当になにをどこまで書いたらいいのか分からないですね今回。
一応ストーリーの根幹となる部分のネタバレはしない方向で書いているんですが、その部分含めてギャグ要素どっかんどっかん盛り込まれているんで困惑しながら笑ってみたい人は見てくださいとしか言いようがないんですけどなんだろうこれ。

とりあえず言えるのは、あんなに料理好きなヨウスケがまさかアレが苦手だとは思わなかったということと、カズキのキーボードに関しては自業自得なのでアキラちゃんが責任感じる必要は微塵もないということと、乙女ゲー原作なのにヒロインといい感じになるシーンの絵面があまりにも酷いことでしょうか!
今回は特に何度も確認したくなるんですが……これ原作は乙女ゲームなんですよね……?本当に……?

さらに来週の予告、もはやなにを言っているのか解読しないといけないっていうギャグは時間がかかるのでやめてもらっていいですか公式!!
いやぁ、本当今回はアバンから予告に至るまで95%をギャグで埋め尽くされた回でした。
サクッと挟まれたアキラちゃんの謎とか新キャラ投入とかうっかり忘れそうな感じが凄まじいです。普通こういう大事なところは流させないように強調するもんじゃないのか。

なんにせよ原作からのファンも多そうな新キャラ登場が待たれる次回もいろいろと楽しみですね!!

スカーレッドライダーゼクス 第三話「 The Right Profile 」【感想コラム】

ABOUTこの記事をかいた人

井之上

濃いめのオタク。実家がオタクだったせいで自然学習されてしまった年齢に見合わないオタ知識のせいで年齢詐称を疑われることもしばしば。家事育児と投稿小説製作の合間に少しだけライターとして書かせていただいています。