テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス 第8話(#07)「それぞれの想い」 【感想コラム】

テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス 第8話

こんにちは。
さくら(食欲旺盛!)です。
猛暑に負けないように、最近、こまめに運動をしているのですが、そのせいなのか、食欲が半端ないのです。
夏バテはもちろんですが、暴飲暴食にも気を付けなければ……;

さてさて、

2016年12月22日(木)に発売予定の、『テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス』 のBlu-ray BOXですが、公式サイト限定版の特典CDに、第7話(#06)で使用された、挿入歌『Ageless moon』の収録されるそうですよ!
(私的に、この作品の中で、一番好きな楽曲なので嬉しいですー!)
特典CDには、まだまだ、追加楽曲も収録予定とのことです。
続報が楽しみですね。

では、早速、第8話のまとめを、書いていきたいと思います。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス 第8話(#07)「それぞれの想い」

突如、スレイたちの前に現れた、巨大な竜巻と、破滅と死をもたらす、不吉の象徴――ドラゴン。

それらは、ハイランド王国に、大きな爪痕を残して去っていった。

「ドラゴンが不吉の象徴なら、そこにこそ、世界を良くする手がかりがあるかもしれない」と、
ドラゴンを追うことに決めたスレイ。そんなスレイの姿を見た、ミクリオは……?!

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ミクリオの決意

導師になってからのスレイは「運命から目を背けずに前進している」
それなのに、自分は……と、心の葛藤を、ライラに打ち明けるミクリオ。

そんなミクリオに、ライラは、ガラハドと呼ばれる遺跡にある、魔を鎮める伝説の神器を手にすることで、スレイの力になることが出来ると助言します。

それを聞き、1人、ガラハド遺跡へと向かうミクリオ。
過酷な道中を乗り越えながら、前へ進んでいきます。

一時期は、思い悩んでいたけれど、ミクリオもスレイ同様、目の前の出来事から目を背けずに、自分に出来ることをしようとしていましたね。

スレイとミクリオは、幼い頃からこんな感じで、離れていても互いを想い合い、支え合ってきたのかもしれません。

テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス 8

画像引用元:youtube.com

 

アリーシャの旅

国王陛下からの勅命で、マーリンドへ向かうことになった、アリーシャ。
それは、バルトロのせいなのかと、問いかけるスレイに、
「そうだとしても、疫病で苦しんでいる人たちを、放っておくことは出来ない」と、アリーシャは答えます。

アリーシャとは、ここで一旦、お別れのようですが、また、どこかでスレイたちと合流して、共に旅をすることになるのでしょうか?

心の温かいお姫様 アリーシャは、個人的に、結構好きなキャラクターなので、今後も、是非、登場して欲しいなと思います。

ドラゴンは何処に……?

ドラゴンの伝承に度々登場する、ほとんど人が出入りしない険しい山――霊峰レイフォルク。

無事、目的地に辿り着いた、スレイとライラですが、果たして、この中に、ドラゴンは生息しているのでしょうか。

それにしても「ドラゴンが不吉の象徴なら、そこにこそ、世界を良くする手がかりがあるかもしれない」って、ものすごくポジティブな考え方ですよね。

スレイみたいなプラス思考になれたら、人生が倍以上楽しくなりそうです。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

今回から、ゼスティリア編が再開しましたね。
タイトル通り「それぞれの想い」で、それぞれの道へと進んでいく、スレイたち。
いずれは、みんなが想いを遂げて、再会を果たすのでしょうか。

さて、次回予告に、新キャラクター(謎の少女)が出てきましたし、次話で、新たな仲間に出会う可能性大ですね。
来週が待ち遠しいです。

テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス 第7話(#06)「ベルベット・クラウ」 【感想コラム】

ABOUTこの記事をかいた人

吉野 亜美

初めまして。 駆け出しライターの吉野と申します。 アニメはもちろん、本(小説・漫画・雑誌など全般)とゲームが大好きです。 私の記事が、作品に触れるきっかけになれば、幸いです。 よろしくお願い致します。