全国の劇場からの熱烈な期待の声受け! 『 ポッピンQ 』正月映画に異例の“格上げ”!! 12月23日(金・祝)拡大ロードショー決定!

ポッピンQ

「ポッピンQ」は当初、2017年1月公開となっていましたが、今年の12月23日に緊急前だおし、しかも今までの規模を大きく上回る全国拡大公開することが決定しました!!

というのも、本作の情報を早々に入手した全国の劇場が、その映像クオリティの高さや時代を捉えたテーマ性などに、大きく反応、”期待値が、予想を大きく超える高まりをみせており、それに後押しされる形で配給元・東映が、正月映画第一弾・冬休みのメイン作品とする拡大興行が決定した。

全国の劇場からの声

「未知の可能性を秘めたコンテンツ。期待と夢が広がる。」

 「映画館でしか観れないオリジナルアニメ。是非応援したい!」

「東映アニメーションの力の入れようが伝わった。画だけじゃなく、クオリティに期待できそう!」

「オリジナルと聞いて心配したが、今のアニメのはやりと東映アニメーションらしさが上手く融和している。」

と熱い声声声!

青春の中出会った5人の少女の特別な“時間”のストーリー

そして、全国の劇場スタッフに先行して公開され、この期待の高まりのきっかけとなった特別映像をこの度解禁!

今年の夏におこなわれた「コミックマーケット90」の会場でも上映したこの映像が、ついに公式youtubeチャンネルにて一般公開!5人のヒロインそれぞれのバックグラウンドがより深く、少女たちが迷い込む不思議な世界「時の谷」のディティールもさらに明かされ、そして少女たちと運命を共にする「ポッピン族」との冒険物語の一端が、壮大なメロディとともにたっぷり映し出されている。彼女たちの運命の糸が時空を超えてからみ合い新たな時が動き始める、まさにその瞬間をお見逃しなく!

今年の冬は『ポッピンQ』で手に汗握って、歌って踊ろう!東映アニメーションからのビッグなクリスマスプレゼントですね!

予習しとこ!『 ポッピンQ 』のストーリー

15歳。悩み、コンプレックス、未来への不安、そして別れ。自分を変えたいのに変えられない、乗り越えたいのに乗り越えられないものばかり

「今日は中学校の卒業式、でもこのままじゃ何を卒業するかわからない!」

そんな想いを胸に、海へと向かった中学三年生の伊純(いすみ)は、美しく輝くカケラ(「時のカケラ」)を拾うと、その力により不思議な世界へ迷い込む。そこで同じカケラを持つ同い年の少女、蒼(あおい)、小夏(こなつ)、あさひと出逢う。

そして現れた謎の生命体。彼らはポッピン族と名乗り、この不思議な世界が「時の谷」と呼ばれ、「全ての世界の時間」を制御している重要な場所だという。そして今その「時間」が重大な危機に瀕していることを知らされる。

ポッピン族の長老いわく、世界の危機を救う方法は、「時のカケラ」に導かれた少女たちが協力し合って、ダンスで心をひとつにすること。ついさっき出逢ったばかり、もちろんダンスなんか経験のない彼女たちにそんなことができるのか?半信半疑にダンスの真似事を始める4人。

だが、時間崩壊のタイムリミットも迫る。そんな中、5人目の少女、唯一のダンス経験者の沙紀(さき)が現れるがーーー。

突然、世界の運命を託されてしまった5人の少女。果たして5人の心はひとつになるのか!?

ダンスで世界を救えるのか?そして、卒業式には間に合うのか?

―彼女たちの運命の糸が突然に絡み合い、新たな時が動きはじめる。

押さえておきたい 『 ポッピンQ 』 の重要な要素達

ポッピンQには、「時の谷」、「ポッピン族」、「時のカケラ」の3つの重要なファクターがあります。

「時の谷」

全ての世界の時間軸に通じているハブスポット「時の谷」。この谷にはポッピン族という住民種族が暮らしており、「時の種」と呼ばれる制御装置で「世界の時間」を管理・運営している。「時の種」が異常をきたすと、人間の世界を含む、全ての世界の時間軸に狂いが生じ、崩壊してしまう危険性を秘めている。

「ポッピン族」

「時の種」に踊り(ダンス)と祈りをささげ、この世の“時間”を守っている聖なる種族。彼らはダンスを踊ることでエネルギーを生み出し、全ての世界の時間を一定の法則で動かしている。さらに彼らは、人間界の一人に一体ずつ、一心同体で繋がっているパートナーがいる。パートナーは「同位体」と呼ばれる。

「時のカケラ」

劇中で5人の少女が手に入れる水晶のような扇型のカケラ。実はこれが様々な世界の時間を司る制御装置・「時の種」の一片。6つに分かれた一片が「時のカケラ」と呼ばれ、運命の少女たちを「時の谷」に導いた。

『 ポッピンQ 』は12月23日 全国ロードショー!

監督:宮原 直樹
企画・プロデュース:松井俊之/プロデューサー:金丸裕/原作:東堂 いづみ
キャラクター原案:黒星 紅白/脚本:荒井 修子/キャラクターデザイン・総作画監督:浦上 貴之
CGディレクター:中沢大樹/色彩設計:永井留美子/美術設定:坂本 信人/美術監督:大西 穣
音楽:水谷 広実( Team-MAX )、片山 修志( Team-MAX )

オープニングソング:「ティーンエイジ・ブルース」(P.IDL)

配給:東映
アニメーション制作:東映アニメーション
製作: 「ポッピンQ」Partners
公式HP:http://www.popin-q.com  公式Twitter:@POPIN_Q_staff

【キャスト】
瀬戸麻沙美、井澤詩織、種﨑敦美、小澤亜李、黒沢ともよ
田上真里奈、石原夏織、本渡 楓、M・A・O、新井里美
石塚運昇、山崎エリイ、田所あずさ、戸田めぐみ

「ポッピンQ」 12月23日 全国ロードショー ©東映アニメーション/「ポッピンQ」Partners 2016

引用元: ポッピンQ公式HP


※このページは、公開からおおよそ372 アクセスがありました。

ライティング:あにぶ編集部 さん

ポッピンQ

お気に入り記事をシェアして下さい

この記事に関するコメント