テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス 第10話(#09)「疫病の街」 【感想コラム】

テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス 10

こんにちは。さくら(若干風邪気味;)です。
季節の変わり目には、必ず体調を崩してしまうんです;
食生活にも睡眠にも、気を付けているハズなんですけどね。
超健康体になりたいです。

さてさて、

今月行われる『TOKYO GAME SHOW 2016』で、『テイルズ オブ』シリーズのアプリゲーム
『テイルズ オブ アスタリア』と『テイルズ オブ リンク』のステージ(スペシャルスキットSHOW)が開催されるそうですよ。

開催日時:9月18日(日) 13:00~13:40
開催場所:幕張メッセ

『ゼスティリア』・『ベルセリア』のキャラクターたちも登場するのでしょうか……?!気になります。

では、早速、第10話のまとめを、書いていきたいと思います。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス 第10話(#09)「疫病の街」

瘴気の嵐によって、行く手を阻まれてしまった、アリーシャたちは、

「せめて薬だけでも……!」と、別のルートでマーリンドへ向かうことに決め、先を急ぐ。

また、スレイたちも、旅の途中で、ハイランドの兵士から、グリフレット橋の破損について聞き、アリーシャの元へと向かう。

一方、ミクリオは、スレイたちを探している途中で、憑魔に追われているノルミン天族 アタックを助ける。

次の住処が見つかるまで、ミクリオの旅に同行すると言うアタック。
2人は、雲のふもとを目指し、進んでいくのだが……?!

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

浄化とは?

「スレイさんにとって、浄化とはどういうものですか?」と、訊ねるライラ。

「ただやみくもに憑魔と対峙するだけでは、いつか穢れに飲み込まれてしまうかもしれません」と続け、「穢れ」を自らが理解すること、その「穢れ」に対する、導師としての答えの大切さを、スレイに伝えます。

スレイの導師としての資質を認めつつ、彼の純粋さを危惧するライラ。
確かに、真っすぐなスレイが、残酷な現実に直面したときどうなるか……心配ですよね;

でも、そんなスレイだからこそ、ミクリオを始めとする天族・人間の仲間たちが集ったのも事実。

スレイなら、絶対、正しい答えに辿り着くと信じています。

疫病に苦しむ人々

テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス 8

画像引用元: youtube.com

 

竜巻とともに現れた、ドラゴンパピー(パピーとは、ドラゴン化する前の状態のことだそうです)を追い、マーリンドに着いたスレイたちは、街の穢れの酷さに驚きます。

この疫病の原因は、間違いなくパピーだと言うスレイ。

また、アリーシャは、疫病に苦しんでいる人々の看病をするものの、持ってきた薬が効かず、誰一人回復に向かわないと嘆きます。

苦しんでいる人々を、早くなんとかしてあげたい。だけど、自分には、どうすることも出来ないと、悲嘆にくれるアリーシャ。

アリーシャは、本当に心の優しいお姫様なのだと、改めて思いました。

(もちろん、アリーシャ以外も、優しくて思いやりのある人たちばかりですが)

そんなアリーシャの姿を見て、パピーの浄化を、より一層、強く決意するスレイ。

スレイのこういうところ、相変わらず、素敵ですよね。

スレイとミクリオの神依化

マーリンドの、聖なる大樹と呼ばれる御神木に、巣くおうとするパピー。

ドラゴンとなる寸前の、パピーとの戦いに、苦戦するスレイたちでしたが、そこへ、神器を手に入れたミクリオが登場します。

すぐさま、ライラと陪神契約を交わすミクリオ。ミクリオと神依化したスレイは、その力でパピーを浄化します。

マーリンドを覆っていた瘴気が消え去りましたね。

これで、疫病に苦しんでいた人々は、全員救われるのではないでしょうか。それにしても、スレイとミクリオは、今回も息ぴったりでしたね。

神依化、カッコ良かったです。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ライラとミクリオの陪神契約の、早口&省略には笑いました。それでも、2人が同意しているのであれば、きちんと契約は結べるのですね。

さて、次回は、タイトル的に、アリーシャのお話になりそうですね。

一体どのような展開になるのでしょうか。ドキドキです。

テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス 感想コラムのまとめ

ABOUTこの記事をかいた人

吉野 亜美

初めまして。 駆け出しライターの吉野と申します。 アニメはもちろん、本(小説・漫画・雑誌など全般)とゲームが大好きです。 私の記事が、作品に触れるきっかけになれば、幸いです。 よろしくお願い致します。