『 テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス 』 総括コラム

テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス

こんにちは。
さくら(ヨーグルト生活 実行中!)です。
胃腸が弱いことを友人に相談したら、ヨーグルトをすすめられたので、毎晩食べています。
少しでも、症状が改善されるといいな。

さてさて、12月22日(木)発売の、『テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス』のBlu-ray BOX購入者限定のイベントの開催が決定したそうですよ!

【 Blu-ray BOX 購入者限定イベント】
日程:2017年4月30日(日)
開場:株式会社バンダイナムコエンターテインメント バンダイナムコ未来研究所 プレゼンルーム
出演:木村良平さん(スレイ役)・逢坂良太さん(ミクリオ役)・茅野愛衣さん(アリーシャ役)・小松未可子さん(ロゼ役)
内容:生スキット・トーク
応募方法などの詳細は、公式WEBサイトをご覧下さい。

また1つ、楽しみが増えましたね!!

さて、今回は、先日、最終回の放送を終えたばかりの、『テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス』のまとめを、書かせて頂きます。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

『テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス』は魅力的なキャラクターたちが勢ぞろい!

美しい映像と感動的な音楽はもちろんですが、この作品の1番素晴らしい点は、キャラクターたちが魅力的であることだと、私は思います。

主人公スレイを始め、みんな、心優しく行動的な登場人物ばかり。
それゆえ、よりストーリーに惹きこまれてしまったのでしょう。

今回は、その中から、メインキャラクター3人について、書いていきたいと思います。

スレイ

このアニメの主人公。明るく素直で純粋な青年です。また、温和な人柄ゆえ、初対面の人ともすぐに打ち解けることが出来ます。
「聖剣祭」で剣を抜き、導師となったスレイは、

「導師の本当の使命」が、穢れの源泉とも言える、「災禍の顕主」を鎮めるということ、

そして、「人間を浄化するということ」が、その人の穢れを、導師自らが引き受けるということだと知っても、なお、それらの役目を果たそうと、前進し続けます。

最終回のスレイは、初回登場時と比較すると、いい意味で、まるで別人のよう。

当然、誠実な部分は変わらないのですが、多くの物事と出会い、それらを受け止めたことで、立派な導師になりました。今後も、様々な経験をして、さらなる成長を見せてくれるに違いありません。

アリーシャ

何度も災難に見舞われながらも、恐怖と戦い、必死に前へと進んでいく、真面目で芯の強いお姫様。

「戦で争うのではなく、他者と共に生きる」ことを望んでおり、「専守防衛」という思想を掲げています。

それが、口だけではないことは、自らの命をかけて、前線で戦うアリーシャを見れば、一目瞭然。暗殺者ロゼの心を動かしてしまうくらい、アリーシャの覚悟は相当なものです。

もし、国民全員がアリーシャのような考え方をするようになれば、国は間違いなく平和になるでしょう。

レディレイクへと戻り、政治の世界で戦うことを決意したアリーシャ。2期でも、アリーシャの活躍が楽しみです。

ミクリオ

スレイの幼馴染であり、1番の親友でもある水属性の天族の青年。おそらく、他の誰よりも、スレイのことを、大切に想っています。

レディレイク滞在中に、導師になってからのスレイと自分を比べて、思い悩んだミクリオは、ライラの助言を聞き、スレイの役に立つため、伝説の神器を求めて、1人、ガラハド遺跡へと向かいます。

そして、道中の過酷な戦い乗り越え、神器を手に入れたミクリオは、無事、スレイたちと合流。その後は、今まで以上に、スレイの力になり続けています。

こんなに相手のことを想えるなんて、よほどの信頼関係がないと不可能ですよね。
これは、スレイとミクリオが、どちらも素敵な人物だからこそだと思います。

他の登場人物に関しても語りたいのは山々なのですが、まだ、明かされていない部分が多いので、続きは、2期公開時に書きたいと思います。

メインキャラクター以外にも、マルトランやアリーシャの部下たち、そして、ジイジたち「イズチ」のみんなも、個性的ですが思いやりのある人物ばかり。

色々なキャラクターたちの、やり取りを観ているだけでも、充分に、この作品を楽しむことが出来ました。

心に残ったストーリー ベスト3

個人的に、最も心に残っているストーリーは、こちらです。

3位……第7話(#06)「ベルベット・クラウ」

無論、「ゼスティリア」編が大好きなのですが、たった2話観ただけなのに、頭から離れない「ベルセリア」編。

主人公 ベルベットは、一体どのように復讐を果たすのでしょうか。

それに、ロクロウやマギルゥなど、仲間の過去も気になります。「ベルセリア」編の続きも、いつか観られたらいいな……ということで、ランクイン致しました。

2位……第13話(#12)「災禍の顕主」

イズチを出てから、まだそれほど経っていないのに、人としても導師としても、急速な成長を遂げたスレイ。

絶望的な力の差を見せつけられても、少しも怯むことなく、敵にぶつかっていくスレイは、とてもカッコ良かったです。

他にも、アリーシャのためにロゼが活躍するシーン、スレイとアリーシャの従士契約シーン、怒りに耐えてランドン師団長を浄化したシーンなどなど、最終話の見どころを挙げればキリがありません。本当に感動の嵐でした。

1位……第11話(#10)「アリーシャ・ディフダ」

私が、最も心に残ったのは、このストーリー。スレイが、「人間を浄化するということ」の意味を理解したところも、もちろんなのですが、個人的ナンバーワンは、アリーシャとロゼの戦闘シーンです。

アリーシャの、民を思う気持ちが、ロゼに通じた瞬間とその後のやり取りに、涙が出るくらい、ぞくぞくしました。

『テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス』を観終えて

新たな仲間と共に旅を続けるスレイと、国を守るために王女として戦うことを決めたアリーシャ。

2人は別々の道を進むけれど、これからも、ずっと繋がり続けているんですよね。

とても綺麗な結末に、この上なく感動しました。

2期――スレイたちの旅の続き、そして、アリーシャが自国をどう変えていくかが、楽しみです。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

皆さま、ここまで、お付き合い下さり、ありがとうございました。

スレイたちの顔が観られなくて寂しいので、2期放送までは、ラジオとゲームを通じて、『テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス』を楽しみたいと思います。

それでは、またどこかで。

テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス 感想コラムのまとめ

ABOUTこの記事をかいた人

吉野 亜美

初めまして。 駆け出しライターの吉野と申します。 アニメはもちろん、本(小説・漫画・雑誌など全般)とゲームが大好きです。 私の記事が、作品に触れるきっかけになれば、幸いです。 よろしくお願い致します。