理系ミステリーアニメ!ノイタミナの名作!!『 すべてがFになる 』

すべてがFになる

原作は第一回メフィスト賞を受賞した、森博嗣先生の『 すべてがFになる 』。綾野剛さんと武井咲さんが主演でドラマ化もされ有名になりました。なんと原作は1996年に出版されています。

1996年というと、まだ家庭にコンピューターが普及されていない時代にも関わらず内容はプログラミングやコンピューターなど当時の最先端技術がたくさん出てきます。まさに時代を先取りした、古さを感じさせないアニメになっています。

ドラマ版『すべてがFになる』は森博嗣先生の『 すべてがFになる 』シリーズをドラマ化しているのですが、アニメ版『すべてがFになる』は、すべてがFになる一冊を11話に渡ってアニメ化しているので、原作に非常に忠実に、そして深く製作されています。

とはいえ、やはり原作ののニュアンスを全て汲み取るためには、小説版『すべてがFになる』を一度読んでみることをオススメします。アニメ『 すべてがFになる 』をより楽しむ事ができますよ(^^)

「人類のうちで最も神に近い」といわれる天才プログラマの女性『真賀田四季』が織り成す『 すべてがFになる 』のミステリーストーリー

登場人物は「人類のうちで最も神に近い」といわれる天才プログラマの女性『真賀田四季』。

タバコとコーヒーと愛す、国立大学の准教授『犀川創平』。

犀川先生同じ大学の生徒の工学部建築学科の大学生の美少女『西之園萌絵』。

この三人が主軸にストーリーが展開される。

舞台はクローズドサークル、密室の孤島、密室の研究所、そこで起こる不可思議な密室殺人。

密室の孤島で更に密室の研究所の部屋から出てきたのは両手両足が切断されウエディングドレスを着た死体…。言うなれば二重の密室…

研究とタバコ以外に興味のない、やる気のない探偵役の犀川創平は全く殺人事件にも無関心。逆にこの不可思議な殺人事件に興味津々の美少女西之園萌絵。

その対極の関係がアニメを一層おもしろくさせている。

大学のゼミ旅行で孤島に行くことになった犀川研の一行。そこには天才プログラマの真賀田四季が閉じ込められている。

正しくは閉じこもっているのだ、外部との接触を一切取らず、自らその孤島にいることを承認している。

犀川創平の脳内は研究のことばかり、物語冒頭に犀川創平の印象深いセリフがある『人生には常に3つの疑問がつきまとう、自分はどこから来て、何ををして、どこへ行くのか?』このセリフの意味はアニメを最後まで見ればわかるはずだ。そしてタイトルの意味も…

現実とは、人間の思考に現れる幻想だ!『 すべてがFになる 』はキャラのセリフに注目!

このアニメの見どころはトリックだけではないのです、もちろんトリックも素晴らしく秀逸ではあるが、特質すべき点はキャラクターのセリフです、哲学的な問が様々出きます。

萌絵『犀川先生、現実とはなんですか?』

犀川『現実とは何か、と考える瞬間にだけ

   人間の思考に現れる幻想だ

   普段はそんなものは存在しない』

四季『眠りたいって思うでしょう?

   眠ることの心地良さって不思議です

   何故、私たちの意識は、意識を失うことを望むのでしょう?

   意識がなくなることが、正常だからではないですか?

   眠っているのを起こされるのって不快ではありませんか?

   覚醒は本能的に不快なものです』

四季『死を恐れている人はいません

   死にいたる生を恐れているのよ

   苦しまないで死ねるのなら、誰も死を恐れないでしょう?

   そもそも、生きていることの方が異常なのです』

犀川『思い出と記憶って、どこが違うか知っている?

   思い出は全部記憶しているけどね

   記憶は全部は思い出せないんだ』

犀川『水力発電だって、風力発電だって、太陽電池だって

   すべて環境を破壊するよ

   人間が生きていることがクリーンではありえない

   我々は本来環境破壊生物なんだからね

   何万年も前に我々は自然を破壊する能力によって選ばれ

   た種族なんだ』

四季『どこにいるのかは問題ではありません

   会いたいか、会いたくないか

   それが距離を決めるのよ』

犀川『自然を見て美しいなと思うこと自体が

   不自然なんだよね

   汚れた生活をしている証拠だ』

犀川『人間、最初は誰もが天才

   そして、だんだん凡人になる』

犀川『1秒のズレを許したら

   全てが曖昧になる』

すべてがFになる

画像引用元:youtube.com

少しだけ紹介しましたがアニメ中には更に多くの名言が出てきます、アニメ冒頭に流れるクラシックも素晴らしく。知的なアニメです。小難しい話ではなく、キャラクターに重点を置いて見るのもよし!ミステリィを解くつもりで見るのもよし!と様々な楽しみ方ができます。会社や学校でサラリとこんなセリフが言えた日には、かなり意識高い系として注目を浴びること間違い無しです!

ノイタミナアニメは名作が多いですがここまで古い小説を原作にしてアニメ化しているのは珍しいのではないのでしょうか?

アニメは全11話でそれぞれのタイトルに意味があります。これも一つの楽しみ方でしょう。理系ミステリィの決定版『 すべてがFになる  』ぜひ見て下さい。

 

Amazon.co.jpの商品ページへ

 
 すべてがFになる THE PERFECT INSIDER Complete BOX
すべてがFになる THE PERFECT INSIDER Complete BOX (完全生産限定版) [Blu-ray] 
孤島の研究所で、少女時代から完全に隔離された生活を送る 天才プログラマ・真賀田四季。 四季に一目会いたいと、研究所を訪れた 那古野大学准教授・犀川創平と学生・西之園萌絵は そこである事件に遭遇する。

 

タイトル すべてがFになる
監督 作者/監督:森博嗣/神戸守
放送期間 2015年10月9日 – 12月18日
主な声優 加瀬康之/種﨑敦美/木戸衣吹
製作会社 A-1 Pictures
その他の情報 全11話

 

テレビアニメ『 すべてがFになる THE PERFECT INSIDER 』の特徴と見どころ

タイトル及び画像の著作権はすべて著作者に帰属します。

引用元: TVアニメ「すべてがFになる THE PERFECT INSIDER」


※このページは、公開からおおよそ980 アクセスがありました。

ライティング:あにぶ編集部 さん

すべてがFになる

お気に入り記事をシェアして下さい

この記事に関するコメント