ヤンデレいいよ~!でも覚悟してね。ホラーアニメ「Another」をピックアップ

Another

「 Another 」は原作は綾辻行人氏の小説です。角川書店の「野生時代」に2006年8月号から2009年5月号まで連載されていました。

アニメは2012年1月9日から3月26日まで北日本放送、九州放送、独立局8局で放送され、制作会社はP.AWORKS。原作との差異は多少あるもののオタク業界では「これは凄い!」と、かなりの高評価を得ている作品です。

ですが私は原作の方を知らずに、このアニメ「 Another 」を見たのですが原作を知らなくても、かなり楽しめた上に「なるほど…こういう事だったのか…!」と納得させられる内容でした。

同じ様な作品で「ひぐらしの鳴く頃に」というのがあり、これも面白いのですが正直個人的には漫画の仕事をしていた人間としては絵も可愛い「 Another 」に軍配を上げます。

「 Another 」の不気味な雰囲気漂う濃厚なホラーストーリー

1988年、「原発性自然気胸」という病気で肺を患っている中学3年生の榊原恒一は父親の海外出張のため亡くなった母親の実家がある「夜見山市」の祖父母の所に預けられる事になりました。

引っ越しをしてから気胸が悪化した恒一は入院を余儀なくされました。一ヶ月遅れて転校した中学校での登校初日、何かに怯えているようなクラスメイトの雰囲気に違和感を覚える恒一…そのクラスの中で一人異彩を放つ眼帯姿の少女「見崎鳴」彼女は恒一が入院していた病院で偶然出会っていた少女だった。

不思議な存在感のある彼女に接触をしようと試みる恒一ですが、それをクラスメイト達が必死に「彼女を無視するように」と強要してきます。

何故そんな事を強要するのか?謎は深まるばかりです。

そんな中、恒一のクラスのクラス委員長である「桜木ゆかり」が学校内で凄惨な死を遂げたのです。恒一が鳴に聞いた所、それはこの3年3組にだけ伝わる「呪い」のせいだと言うが…

その呪いとは一体何なのか?そしてこれをキッカケに恒一のクラスでは3年3組に関わる人間達が次々と恐ろしい事件に巻き込まれていくのです。3組を長年苦しめている謎の「呪い」を徐々に明らかにしていく恒一…はたして「呪い」を終わらせる事は出来るのか?

キャラが可愛いい?しかし中身は骨身に滲みる残酷ホラーストーリー

Another

画像引用元:youtube.com

この「Another」という作品を見たのはアニマックスTVでした。CMを見て「絵が可愛いな~」と思って見てみようと思ったら、まさかの「サスペンスホラー」でした(笑)

でも見てみると絵も勿論ですが作品全体の雰囲気がホラー好きにはたまりませんでした。

田舎に引っ越してきた「榊原恒一」が何も分からないままに「呪い」に巻き込まれていく様子や、不思議な雰囲気を醸し出す眼帯美少女「見崎鳴」…そして余所余所しいクラスメイト達!もう何か恐ろしい事が起こる事間違いなし!な雰囲気作りが素晴らしい作品です。

他にも「呪い」によるクラスメイトやクラスに関わる人物(クラスメイトの親や兄弟)などの死の描写も絵が可愛いにも関わらず、かなりのグロさとリアルさが感じられて、マンガの仕事に関わっていた人間としては、この表現には感心させられました。

正直、同じような作品で「ひぐらしーーー」がありますが個人的には絵も、こちらの作品の方が可愛いしストーリーも全体を通して一回で分かるので「仕上がっているな」と思いました。

ネットでの評価では原作も知っている方が評価しているのですが、この「Another」は原作を読んでいなくてもストーリーに納得できますし面白いです。

そして最後に一押し部分は、やはり最後に恒一達が「呪い」を破るルールを見つけ出したものの、その方法は完全なモノではなく、それをめぐってクラスメイト達が暴走を始める所です。

これは圧巻。…人間って自分が助かるためになら何でもやるよね…でも「自分が死ぬかもしれない」という極限状態に追い込まれたら自分が助かるためにならクラスメイトでも殺めてしまおうとするのではないか?と考えさせられる作品でした。

ちょっと精神的にゾっとしたい方は、この「Another」を見てみては如何でしょうか?

 

あにぶでは、多くのライターさんがこのホラーアニメ「Another」についてレビューやコラムを寄稿してくれています。このアニメの人気の高さを表していますよね。読み比べも面白いですよ!

 

タイトル Another
監督 原作:綾辻行人、アニメ監督:水島努
放送期間 2012年1月9日
主な声優 阿部敦、高森奈津美、米沢円、前野智昭
製作会社 P.AWORKS
その他の情報 一話約24分

ホラーアニメ「 Another 」は、闇夜の深いこの時期だからこそ旬!

タイトル及び画像の著作権はすべて著作者に帰属します。

引用元: TOKYO MXアニメ「Another」


※このページは、公開からおおよそ223 アクセスがありました。

ライティング:あにぶ編集部 さん

Another

お気に入り記事をシェアして下さい

この記事に関するコメント