クラシカロイド 第2話「 出せ!ムジーク 」【感想レビュー】

クラシカロイド 第2話「 出せ!ムジーク 」

1話からそうでしたが、歌苗ちゃん受難の回。ちょっと本気で歌苗ちゃんに同情したくなる作品になってきましたが、とにかく今回のあらすじと感想に参ります!

クラシカロイド ♪02「 出せ!ムジーク 」

音羽館の取り壊しは撤回され、思い出の屋敷に住んでいられることになった歌苗。

しかし住み着いているモツ、ベトはやはり出ていく気配もなく、年頃の歌苗としては友人たちにその存在を知られまいと抵抗を続ける日々。

にも拘らず、そんな歌苗の態度を見て「自分に恋しているから」という超解釈をしてしまったモツ。

ムジークを伝授してもらい、自分も一流アーティストとして活躍したいという下心を抱いた奏助にそそのかされ、歌苗の誕生日パーティーにムジークを披露しようとベト、奏助とともに奮闘を始める。

モツさんがめんどくせぇ

というか歌苗ちゃん以外のキャラほとんどがめんどくせぇ。

話を聞けよ!どいつもこいつも話を聞けよ!!

勘違いが原因とはいえ、モツさんは歌苗ちゃんに恋愛感情を持ち続けるのかなと思いましたがまぁモーツァルトだしなって感じもする回でした。

歌苗ちゃんの誕生日を祝うために頑張ってる姿を見ている間は気にならなかったんですが、ケーキのところで「あ、そういえばこの人モーツァルトだった」と思い出しました。

さすがに夕方の教育テレビでシモのほうの下品さはネタにできなかったと見える。

あと今までこいつら家賃払ってなかったとか正気か!!むしろこれまでそれで許していた歌苗ちゃんが天使じゃないのか!!

さらに毎日毎日餃子しか食べさせないつもりなのかこの人たち。おいしい点に関してはいいと思うんだけどそれでも毎日とか悲しくなる。まさかの誕生日パーティーにさえ餃子。

なにより現在のところ奏助が一番ダメ人間でどうしようかと思えてきました。他人と未知の能力に頼らず自分の能力をきっちり磨けよ!!
とにかくドタバタと落ち着くことのない音羽館。

ムジークがなかったら本気でただの迷惑な人たちでしかない現在ですが!今後果たしてどうなるでしょうか!!

クラシカロイド 第2話「 出せ!ムジーク 」

画像引用元:youtube.com

作中のムジークが毎回EDに

前回の「田園」と違い、今回作中で使用された「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」にはEDと同様に歌詞がついたものでした。

歌苗の誕生日を祝う可愛らしい歌詞でしたが、筆者の感想としては、歌詞がついたことによってあまり原曲の旋律が耳に入らず、ちょっと残念だったような気もします。

どうやら毎回、作中のムジークがEDとして起用されるようなので、どうせなら作中に限ってはアレンジされたムジークだけを聞いてみたいなという思いもありました。

1話ほどの勢いがみられなかった2話ですが、歌苗ちゃんの苦労人気質はしっかりと感じられる回になっていました。

次回からは「ピアノの魔術師」「ピアノの詩人」の呼び名もある、二人の作曲家の名前を持つキャラクターが登場!

これ以上人の話を聞かないキャラが増えたら視聴者としても辛いところかと思いますが、いったいどうなるんでしょうか!

クラシカロイド 感想レビューまとめ

©BNP/NHK・NEP

引用元: アニメ「クラシカロイド」HP


※このページは、公開からおおよそ377 アクセスがありました。

ライティング:井之上 さん

クラシカロイド 第2話「 出せ!ムジーク 」

お気に入り記事をシェアして下さい

この記事に関するコメント

ABOUTこの記事をかいた人

井之上

濃いめのオタク。実家がオタクだったせいで自然学習されてしまった年齢に見合わないオタ知識のせいで年齢詐称を疑われることもしばしば。家事育児と投稿小説製作の合間に少しだけライターとして書かせていただいています。