映画『ポッピンQ』土佐弁のヒロイン伊純一家にゲスト声優・島崎和歌子が声優初挑戦で土佐弁披露!!

ポッピンQ:祖父伊純2s

東映アニメーションが創立60年の節目に贈るオリジナル劇場アニメ『ポッピンQ』が、12月23日(金・祝)よりに全国拡大ロードショーいたします。

これは中学から高校へ、思春期の真っ只中で、それぞれに悩みを抱えた5人の女の子が出会い、ぶつかり合い、絆を育みながら成長していく、特別な時間の物語。

個性的な“5人のヒロイン”を演じるのは、瀬戸麻沙美 井澤詩織 種﨑敦美 小澤亜李 黒沢ともよ。様々な思いが交錯する青春ストーリーに、ダンスと音楽の華やかさが加わり、さらにドラマティックな設定に、ヒロインたちの様々な魅力があふれ出す。

スタッフは「プリキュア」シリーズのダンス映像を多数手がけてきた宮原直樹が監督を務め、ライトノベル「キノ」シリーズや、ゲーム「サモンナイト」シリーズの絶大な人気を誇る挿絵家、イラストレーター黒星紅白がキャラクター原案を担当。これまで東映アニメーションが培ってきた技術力、表現力を結集させ、黒星紅白の生み出したキャラクターと世界観を完全映画化!〝5人のヒロイン″によるまだ誰も見た事のない新ジャンルムービー、ガール・ミーツ・ガールの青春ストーリーです。

そして、今回ヒロイン・伊純一家のキャストが発表!ゲスト声優として、高知県出身で高知県観光特使を務めている島崎和歌子さん、そして小野大輔さん・羽佐間道夫さんの出演が決定!

島崎さんは声優初挑戦。高知県出身のヒロイン・伊純の母親役ということで高知県の方言、土佐弁を話せるキャストを探していたところ、島崎和歌子さんに白羽の矢が立ちました。一緒にアフレコ収録を行った伊純役の瀬戸麻沙美さんには、その場で土佐弁のアドバイスもされていたそう!

島崎さんが演じるのは、高知県出身の主人公・伊純(いすみ)の母親・恵理子。劇中では、典型的な高知の女性・母親として描かれ、多感な中学生の伊純を見守り、東京への転勤が決った夫を支えながら、引っ越しの準備や手続きなどをテキパキとこなしている。

島崎和歌子さんコメント 

ポッピンQ:島崎さんアフレコ単独

「この歳になって、初めてのことにチャレンジさせていただけるとは思っていなかった。今回の役は、地元の言葉で話すということと、母親役ということで、お話がきまった後に、地元の母親や友人に電話しました。東京にいると方言のニュアンスを忘れてしまうので、思い出す意味で、というのと母親にはなったことがないので、”お母さん”ってどんな感じなんだろうと思って、友人が子供たちを叱っている様子見たり、自分の母親が私にどんな風に接してくれたかな、と思い出したりしてました。

女性なら、女の子なら誰しも経験したことがあると思います。私たちの世代の方も、10代の頃を思い出すと懐かしいな、あの当時の友達は、みんな元気かなと思い出しました。胸いっぱいの青春ストーリーです。

そして、土佐弁が溢れております。地元の高知の言葉を話すことができて、誇らしいのですが、皆さんもこの映画を見て、ふるさとを思い出していただけると嬉しいな、と思います。そして、思春期の女の子が、少し成長していく姿を見てほしいな、と思います。」

小野さんが演じるのは、高知県出身の主人公・伊純(いすみ)の父親・俊平。劇中では、自身の仕事の都合で家族3人東京へ引っ越すこととなり、伊純の反感を買ってしまう。おっとりとした性格で、引越しの荷物をへらすことのできない優柔不断な男性である。

小野大輔さんコメント

「高知県民として、島崎さんとの共演は本当に光栄なことです。まっこと嬉しいちや!ネイティブな土佐弁による夫婦の会話がナチュラルに作品と調和できるように、この作品のもつ温かさを表現できるようにと心がけました。素敵な作品に参加出来たことに感謝しています。」

そして、羽佐間さんが演じるのは、高知県出身の主人公・伊純(いすみ)の祖父・元治。長年漁師として生き、伊純が唯一心を許し本音を打ち明ける事が出来る存在である。

伊純一家が繰り広げる会話を耳にすれば、そこには土佐の風が吹く・・・。

ヒロインのバックグランドを堪能できるこんな一場面も本作の見どころのひとつなので是非お楽しみに!

 

「ポッピンQ」 12月23日 全国ロードショー ©東映アニメーション/「ポッピンQ」Partners 2016

引用元: ポッピンQ公式HP


※このページは、公開からおおよそ46 アクセスがありました。

ライティング:あにぶ編集部 さん

ポッピンQ:祖父伊純2s

お気に入り記事をシェアして下さい

この記事に関するコメント