朝のちょっとしたオアシス?『 紙兎ロペ 』は案外良いのです!

紙兎ロペ

皆さん、朝の情報番組は何を見ていますか?

各チャンネルによって色が出ていて、なかなか通勤、通学前の忙しい中に見ながら、ちょっと考えさせられたり、ほっこりしたり、イケメンにキュンとなったり、可愛い女性タレントさんに萌えたり、自分はとても朝の情報番組って大好きなんです。

そんな中、自分が見ているのは「めざましテレビ」です。

って、ここまで読んできて「え?これアニメの話になるの?」と思った方もいるかもしれませんね。

大丈夫、しっかりちゃんとアニメの話にはなりますよ。

今回取り上げるのは、「めざましテレビ」で絶賛放送中(大体6:53ぐらい)のミニアニメ『紙兎ロペ~笑う朝には福来たるってマジっすか!?~』について熱く……じゃなかった(いつもの熱血列伝の癖でついw)少し、語っていこうと思います。

『紙兎ロペ~笑う朝には福来たるってマジっすか!?~』のあらすじ

あらすじ、というものはありません(いきなり小見出し否定)。ただ、基本的な作品の概要のようなものがあります。

それは、「紙動物」とも言うべき、紙で出来た人形っぽい動物達の世界で、「紙兎」の主人公「ロペ」と、「紙リス」である「アキラ先輩」が、日常の中でちょっとしたギャグっぽいエピソードを拾って短いコント風なストーリーが展開される、というものです。

元々は、TOHOシネマズのロードショー作品の広告の間で上映されていた、ショートアニメだったのが、2012年からめざましテレビ内での放送が始まった、本作品。

上記のTOHOシネマズのショートアニメの中では「映画を見に映画館へ向かう途中に二人に起きた出来事」が、話の主流でした。その割には、海に行ってたり、結構自由に話が展開されていましたが。

めざましテレビでの放送から、そんな制限が外れて、ロペとアキラ先輩、そして彼らの友人達や家族、町の中にいる市井の人々(って言っても人間ではなく基本的に紙で出来た動物)とのちょっとした笑えるエピソードが展開されるようになりました。

もしかしてこんな印象を持ってないですか?『紙兎ロペ』の魅力とは?

基本的概要は分かってもらえたと思いますが、あるいは、このアニメをちらっと見ただけの人には

「これ、変な兎とリスがただヘラヘラくっちゃべってるだけじゃないの?」

って思っている方もいるんじゃないでしょうか?

白状します。自分も実はそうでした!

イメージ的に「ロペとアキラ先輩が何かただ街中で突っ立っていて、ただただ時々笑ってるだけ」というアニメだと思っていたのです。

ところが、めざましテレビで、録画してあるこの作品を見ている間に

「あれ?これ、ただヘラヘラ笑ってるだけで成立してるアニメじゃないぞ?」

と、思うようになってきたのです。

ただ、自分がそのようなイメージを抱いていたのは、あながち間違いじゃない部分もあります。めざましでこのロペの面白さにハマった後に劇場で流されていたミニアニメの形式のをDVDで改めて見た時に、それを痛感します。

実際、こちらの「映画館へ向かう二人の日常」を描いた作品の方は、自分が持っていた「ただロペとアキラ先輩がヘラヘラ笑いながら雑談しているだけ」というアニメに割と近い雰囲気があったのです。

しかし、現在やっている「めざましテレビ」内のアニメはちょっと違います。ちゃんと「何らかのトピック的な出来事が起こり、それに対してロペなりアキラ先輩なりがリアクションして、物語にある程度落ちがある」作品に仕上がっているのです!

特に近年のロペは「出来の良いショートコント」的な魅力が十分にあります。腹筋崩壊!というような爆笑を促すような笑いではなくて、ほのかに「くすり」とさせる、優しい感じの笑い。そんな魅力が今のロペにはあると思ってます。

今、ちょっとだけ自分の好きだったエピソードを文字化してみたのですが、全く面白さが伝わりませんでした(笑)。自分の文章能力的な問題もあるのかもしれませんが。

やはり、これは実際に見てみて欲しいですね。

お試しで一週間!1話だけ見てこのロペの評価を下さないで!

『紙兎ロペ』の魅力、少しは伝わったでしょうか?

とにかく、実際に毎週月曜日から金曜日までの「めざましテレビ」内で6時53分頃からやってるこのアニメを見てみて欲しいです。

バラエティに強い、フジテレビさん系列のアニメという事もあって、結構色々なコラボも頻繁にやっていますし。

映画、バラエティ番組、ドラマ、それぞれの俳優さんなどが動物キャラとして描き起こされて、このロペの世界に登場するのも魅力の一つですよね。

ただ、実際に見ていただく時に守って欲しいことがあります。それは「可能な限り一週間ぐらいは見続けて欲しい」という事です。

と、言うのも、ロペは「外れ」回的な物があります。前の項でのイメージの「ただロペとアキラ先輩がだべってるだけ」な要素の強い回がたまに存在します。たまたまその回を見て「何だ、やっぱりこんなアニメつまんねーよ!」って思わないで欲しいのです。

1週間見れば、この短いアニメの魅力に、あなたもきっとハマる筈!昔の作品もDVD等のレンタル店では大体置いてありますし、是非(何しろ一編が2分程度と極端に短いので)、一度見てみてくださいね♪

「 ぼのぼの 」は単純なギャグアニメじゃない?原作の「 ぼのぼの 」が我々に伝えたい事とは?

(c)紙兎ロペプロジェクト 2016/フジテレビジョン

引用元: 「紙兎ロペ」オフィシャルサイト


※このページは、公開からおおよそ197 アクセスがありました。

ライティング:あすかつぐよし さん

紙兎ロペ

お気に入り記事をシェアして下さい

この記事に関するコメント

ABOUTこの記事をかいた人

あすかつぐよし

熱血系アニメ大好き! スパロボ、特撮、猫、そんな感じのエレメンツがお好きな方にはきっと面白いコラムが書ける筈! 最近のアニメとは少し違う魅力のある、昔の作品から、 現在の面白い熱いアニメまで、熱く書いていきます!