舟を編む 第3話「恋」 【感想レビュー】

画像引用元:© 玄武書房辞書編集部

こんにちは。吉野です。『 舟を編む 』のBlu-ray・DVD の発売情報が、早くもリリースされました。 発売情報については後述しますね。

では、早速、第3話のまとめを、書いていきたいと思います。

舟を編む 第3話「恋」

下宿先の大家 タケさんの孫娘 香具矢に恋をした馬締。

そのことを西岡に相談した結果、香具矢が板前修業をしている店に、辞書編集部のみんなで行くことになった。

料理の道を極めようとしている姿を見て、より一層、香具矢に惹かれる馬締。

また一方で、西岡は、マイペースな馬締に振り回されながらも、辞書作りの面白さに気づき始めていた。

しかし、そんな中、西岡は、会社のトイレで「大海渡」の制作が中止だという噂を耳にしてしまい……?!

馬締が恋した”香具矢”とは……?

梅の実で板前の修業をしている、香具矢。

辞書を制作している、馬締たちと同様、香具矢も時間をかけて、料理の道を極めようとしています。

松本先生が、「我々は辞書に全てを捧げなければなりません。時間もお金も、生活するために必要な最小限を残し、後は全て辞書に傾注せねばならない。

家族旅行、遊園地……。言葉は知っていますが、私は実際を知らない。そういう生き方を理解してくれる相手かどうかは君、大変重要なことですよ」
と言っていましたが、香具矢のような女性であれば、そういう生き方を理解してくれそうですね。(まだ付き合っていないどころか、会話もろくに成立していない段階ですけど;)

真っすぐな眼差しで、「好きですから。何年かかっても、私は板前になりたいです」と言う香具矢は、とても素敵でした。

西岡の変化

いつの間にか、馬締のペースに巻き込まれて、言葉の意味の違いを調べるのを、手伝う西岡。

最初は嫌々でしたが、徐々にそれを「面白い」と感じ始めます。

馬締から良い影響を受けているようですね。

馬締も、場を作るのが上手く、会話を盛り上げることが出来る西岡を尊敬しているようですし、2人はお互いを高め合える存在になれそうですね。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

折角、西岡くんが辞書作りの面白さに気づいて来たところなのに……;

「大海渡」の制作が中止になるいう噂は、本当なのでしょうか?! あんなに辞書に情熱を注いでいる人たちの夢を、どうか壊さないであげて欲しいですー;

舟を編む 上巻(完全生産限定版) [Blu-ray]

口下手なのに営業部員の馬締光也と、一見チャラ男だが辞書 編集部員である西岡正志は、偶然、街中で出会う。  中型国語辞典『大渡海』の刊行計画が進む、出版社・玄武書 房のベテラン編集者・荒木は、自身の定年を間近に控えて後 継者を探しに躍起になっていた。そんな中、西岡から馬締の 話を聞き、彼をスカウトすることに……。

舟を編む 下巻(完全生産限定版) [Blu-ray]

≪特典≫ ・キャラクターデザイン 青山浩行さん描き下ろしディスクケース ・16Pブックレット(設定・解説 等を掲載)2017年3月22日 ≪品番・価格≫ Blu-ray(ANZX-12673) 10,000円(税別) DVD(ANZB-12673) 8,000円(税別)

舟を編む 感想レビューのまとめ

 

 

© 玄武書房辞書編集部

引用元: TVアニメ「舟を編む」 | 公式サイト


※このページは、公開からおおよそ161 アクセスがありました。

ライティング:吉野 亜美 さん

画像引用元:© 玄武書房辞書編集部

お気に入り記事をシェアして下さい

この記事に関するコメント

ABOUTこの記事をかいた人

吉野 亜美

初めまして。 駆け出しライターの吉野と申します。 アニメはもちろん、本(小説・漫画・雑誌など全般)とゲームが大好きです。 私の記事が、作品に触れるきっかけになれば、幸いです。 よろしくお願い致します。