刀剣乱舞 -花丸- 第5話「皐月: 優しいは、強い 」【感想レビュー】

画像引用元:©2016 アニメ『刀剣乱舞-花丸-』製作委員会

もうそろそろはっきりと声を大にして言っていいのかもしれないと思った「 刀剣乱舞 -花丸- 」。なにをって?これ、薄い本だ。っていう確信です。

夜中にアニメ化されてはいるけれど、これ、刀剣乱舞の薄い本だ……絶対そうに違いない……。これまでの話の内容を鑑みた結果そんな確信を持ってしまう恐ろしいアニメ、「 刀剣乱舞 -花丸- 」。

今回もあらすじと感想に参りたいと思います!

刀剣乱舞 -花丸- 第5話 「皐月: 優しさは、強い 」

暗雲立ち込める中、獅子王が鍛刀時間4時間を要する刀の鍛刀に成功する。

そのニュースに加州は困惑の表情を見せるが、そんな中、伊達家所有の刀として親交の深い燭台切光忠と鶴丸国永は、顕現したばかりの大倶利伽羅について相談をしていた。

さらに本丸の周辺は悪天候続きで洗濯物が溜まる一方。もしも生乾きの戦装束で出陣することになったら……と考えた面々は、予備装束を持っている刀剣男子に提供してもらうことを考え付く。

愛染、石切丸の装束を着てみるも、いまいちしっくりこない。しかし光忠の戦装束を着た時、全員が顔を輝かせる。

その姿に触発され、光忠は本丸に大倶利伽羅を馴染ませる作戦を思いつく。

前半はホストクラブでした

衣装交換とホストクラブ、薄い本で見た……。本当にいろいろ、これ公式でよかったのかな?と思うネタをぶっ込んできてくれます、花丸。

あと加州がめんどくさい彼女みたいなことを言ってて、これもなんか薄い本でいっぱい見た気がする……!ってなりました。

伽羅ちゃんのことをなんとかしてあげたいと思う伊達刀とかも頷きながら見てしまっていたので、花丸はやっぱりそういう感じのアニメということでいいんじゃないでしょうか!

しかし愛染、どんだけあのTシャツを持ってるんでしょうか。

というか短刀の服を脇差以上が着たらあぁなるのは明白だったと思うんですがなぜ誰も止めなかったのか。

あと大太刀の服を太刀以下が(以下略)

普通に考えると自分の刀種と同じ刀剣男子に服を借りるのが一番だと思うんですが、まぁその辺りは薄い本ならではのご都合主義ということで!!
でないとみっちゃんのスーツを薬研ニキが着られている理由が思いつかない!!明らかに足の長さとか肩幅とか合わないはずなのに似合ってたありがとうございます!

でもみんなが光忠の戦装束お預けを盾にとられた時のショック表現で笑いました。天を仰ぎ地に伏すほどショックかwww

ところでここの本丸の審神者はいったいどんな本を歌仙に見せたんでしょうか。

ホストクラブの内観があそこまで忠実に再現できるほど載ってる雑誌って、ゴシップ誌かそっちジャンル特集のBLおよびML誌しか思いつかないんですけど。

さらに全員のおもてなしが斜め上で楽しかったです。お供狐に肩に乗ってもらうのものすごく羨ましい。

後半は加州の嫉妬と三日月無双

後半始まった瞬間「あ……これじじい徘徊してる気がする……」ってなった人。はいいっぱいいますよね知ってたー!!

ゲーム本編でもあまりに手に入らなので、三日月難民の審神者の間では「うちのじじい知りませんか」「徘徊しているのか本丸に来ません」という悲しい言葉を見かけることが多々ありました。

そしておおよその予想通り、鶯丸と縁側で茶を啜っているという安定のじじい。

とっとと顕現直後の戦装束を脱いで内番姿になっているところに和やかじじいっぷりを感じずにはいられませんでした。
しかしそんな三日月は、名刀と言われる天下五剣の中でも最も美しいとされる刀。主に愛されるために「可愛い」を作り続けている加州が歓迎できるわけもありませんでした。

しかもここの審神者も三日月難民だったという悲しさ。

欲しかった刀がくると狂喜乱舞するのは仕方ないところなんだよ加州……別に可愛くなくなるわけじゃないから許しておくれ……。筆者もそれまでずっとむっちゃんが近侍だったのに兼さんが来たとたんに部隊長にしてレベリングしまくった過去があるよ……。

ですが加州にとっては三日月は不安の種でしかないらしいのがもう、ちょっと悲しい。

顕現してすぐに部隊長に任命されての出陣も、編成の理由も、「きっとこうだろう」と検討をつけて自分が切り捨てられることに怯える加州がちょっと可哀想でした。

あんなに変な偵察してるじじいの姿にもイラつくほどの余裕のなさ。そこはツッコんでいいのよ加州……!!

安定も顕現した次の日に部隊長に任命されていたので、顕現すぐは経験値稼ぎのために部隊長にするっていうのはやはり定石だと思うんですが、加州はその辺りには思い至らない様子。

引きこもり審神者はもうちょっとこの子に自分の気持ちを直接伝えたらいいと思う。

最終的に三日月からの一言で加州の不安は払拭されたわけですが、これからも花丸な仲良し本丸でいてほしいなと思います。

いやしかし、今回も文句なく薄い本でした。

ところで三日月も来たことですし、早いところ一兄か小狐がきませんかね。あ、いえ他意はないです。ないですってば。

来週も花丸可愛い本丸が楽しみですね!!

刀剣乱舞-花丸- 感想レビューまとめ

©2016 アニメ『刀剣乱舞-花丸-』製作委員会

引用元: アニメ『刀剣乱舞-花丸-』 公式サイト


※このページは、公開からおおよそ671 アクセスがありました。

ライティング:井之上 さん

画像引用元:©2016 アニメ『刀剣乱舞-花丸-』製作委員会

お気に入り記事をシェアして下さい

この記事に関するコメント

ABOUTこの記事をかいた人

井之上

濃いめのオタク。実家がオタクだったせいで自然学習されてしまった年齢に見合わないオタ知識のせいで年齢詐称を疑われることもしばしば。家事育児と投稿小説製作の合間に少しだけライターとして書かせていただいています。