「Project-Itoh」最後の作品『虐殺器官』2017年2月公開。新キービジュアルも解禁

虐殺器官

SF小説家・伊藤計劃(けいかく)さんの著作を映画化するプロジェクト「Project-Itoh」の第1作として企画された『虐殺器官』。本作の公開日と新キービジュルが公開されました。

虐殺器官

『虐殺器官』は、テロの脅威が取り除かれた先進国と未だに内戦と虐殺の耐えない後進国が混在する近未来を舞台に、後進国で虐殺を扇動しているとされるアメリカ人言語学者・ジョン・ポールの足取りを追う、クラヴィス・シェパードはそこで世界の本当の真実を知るといったストーリー。

プロジェクト発表当初は2015年の公開を予定していたが延期を重ねており、先日行われた「TIFFアニ!! 第1部 東京国際映画祭 イチオシ・アニメ スペシャルステージ」にて、その全貌の一部がようやく解禁される形となった。

映画の公開日は2017年2月3日。

すでにアメリカでの実写映画化も決定している本作。これまで公開された『harmony/』や『屍者の帝国』とはまた違うハードSF大作。ファンならずとも一見の価値はある作品だ。

公式サイト:『Project Itoh』
(C)Project Itoh GENODICAL ORGAN

「Project Itoh」とはなんなのか?夭折の作家、伊藤計劃3作品がついにアニメ化

タイトル及び画像の著作権はすべて著作者に帰属します。


※このページは、公開からおおよそ261 アクセスがありました。

ライティング:Uemt さん

虐殺器官

お気に入り記事をシェアして下さい

この記事に関するコメント

ABOUTこの記事をかいた人

Uemt

アニメと声優さんと野球が大好きです。 土日はどっかの声優イベントに絶賛出没中。 愛するキャラはメガネキャラ。 駆け出しライターですどうか暖かい目でお守りください。