機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 感想コラムのまとめ

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 2-2

非常に強大な後ろ盾を手にした鉄華団にさらに襲い掛かるのは宇宙海賊「ブルワーズ」。この襲撃により敵・味方ともにさらなら犠牲が払われることになりますが、それらを乗り越えいよいよ地球圏にやってきた鉄華団。

なんとか地球にやってきた鉄華団に待ち受けていたのは、復讐に燃えるギャラルホルンとの再びの激しい戦闘。三日月らの活躍により、大切な仲間たちを犠牲にしながらもこの大仕事をやってのけた鉄華団だった。

そして、第2期はそんな三日月たち鉄華団が再び地球での戦火に巻き込まれていくことになります。


機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの感想コラムを執筆しているのはあにぶライターのUemtさん。毎週、機動戦士ガンダムへの熱い想いと込めて執筆連載中です。

『 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 』第1話(第26話)【感想コラム】

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

鉄華団の活躍とギャラルホルンの衰退によって世界の情勢もかなり変わってきたようです。鉄華団はハーフメタル資源の利権を手土産にテイワズと杯をかわし、テイワズの直径団体なったことで急成長企業として名をはせていました。

ですが、社会全体でみると結果的に治安は悪化し、特にMSや少年兵たちの重要性や強化につながってしまう結果となりました。鉄華団の活躍によって少年が戦争に実戦投入されたり、ヒューマンデブリの増加。各地において大戦期のモビルスーツの再稼働がどんどんとすすめられていってしまったのはなんだか皮肉な話です。世の中を変えても力無き少年が搾取される時代がまだまだ続いているようですね。

続きを読む

『 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 』2期 第2話(第27話) 「嫉心の渦中で」【感想コラム】

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 2-2

親方ぁぁあ!!空からモビルスーツが!!!!!!!まずは冒頭から三日月の無双シーンから始まった第27話。

火星からの激しい戦闘で消耗していたガンダムバルバトスはテイワズの技術により改修され新しい姿『ガンダム・バルバトスルプス』となってついに帰ってきました。各武装も強化されており、脚部は悪魔の爪のような禍々しさ、ガンダムの象徴であるブレードアンテナは鬼の角のような恐怖さがあります。

まさに鉄華団の悪魔の異名をもつ機体にふさわしい風貌にうまれかわりました。その後の、めちゃくちゃ動く戦闘シーンはやっぱり最高!!圧倒的に機動性の違うバルバトスが、ソードメイスでバッタバッタと敵の機体を蹂躙していく様子は重厚感もありつつ、スピード感もあります。

続きを読む

『 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 』2期 第3話(第28話) 「夜明け前の戦い」

『 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 』2期 第3話

海賊団「夜明けの地平線団」の討伐のために宇宙へと上がった鉄華団の一行。そこで合流したのはギャラルホルンの「イスルギ」たちのたった一隻の艦隊。お互いの利害の一致から共闘することを選んだ鉄華団ですが、いきなり仲良くともいかずお互いがお互いを意識しあうピリピリムードが流れています。

しかし、オルガはギャラルホルンの主導権を握ることでここで手柄を挙げて一気にギャラルホルンを出し抜こうと考えています。
ギャラルホルン側も、五隻の艦隊と合流するはずが訳合ってたった一隻で合流してきたりとなにかを企んでいる様子がプンプンします。

続きを読む

『 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 』2期 第4話(第29話) 「出世の引き金」【感想コラム】

画像引用元:©創通・サンライズ・MBS

ついに現れた敵のボスであるサンドバルを目の前にした三日月の前に割って登場したのは、新型機レギンレイズに乗って登場したギャラルホルンのアリアンロッド艦隊からジュリエッタ。お互いにサンドバルをねらう三日月とジュリエッタに対して、ユーゴー三機で対抗しようとするサンドバルとの激しいバトルが始まろうとしていました。

しかし、本来の目的は海賊団討伐。敵の頭さえおさえてしまえばこの混戦の戦場から抜け出せると悟ったオルガは三日月に指示を出しますが、当然こんな戦況でうまくことは運ばず大混戦の火蓋が切って落とされます。

続きを読む

『 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 』2期 第5話(第30話)「アーブラウ国防軍発足式典」【感想コラム】

画像引用元:©創通・サンライズ・MBS

夜明けの地平線団との死闘のその後、舞台は鉄華団の火星メンバーから地球支部へと移ります。地球の経済圏のひとつであるアーブラウの軍事顧問に抜擢されている鉄華団はその防衛軍の結成式典に出席するためタカキやアストン、チャドなどそれぞれが慌ただしく準備を行っていました。

そんな中で、鉄華団の団員たちは訓練ばかりの生活に辟易してるものや、優遇された生活に満足しているものなど地球支部での活動や生活にそれぞれ思うところがあるようです。元ヒューマンデブリであるまとめ役で団員からの信望も厚いチャドとは対照的に、いまだに団員たちとの壁が拭えないテイワズから派遣されたラディーチェ・リロト。地球支部の団員たちにはどうにも不穏な空気が流れています。

続きを読む

『 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 』2期 第6話(31話)「無音の戦争」【感想コラム】

画像引用元:©創通・サンライズ・MBS

「鉄華団本部と連絡が取れないままにSAUとアーブラウとの戦争に巻き込まれる地球支部。目隠しをされた少年達は叫ぶ。その叫びは誰にも届かないというのに…」なんだかあまりのも不穏なナレーションからスタートしました鉄血のオルフェンズ31話。

前回の爆破テロ、そしてSAUの調停要請から互いににらみ合いが続いていたアーブラウ・SAU両軍。しかし、SAUの偵察機がエイハヴリアクターの干渉をうけてしまい墜落。これをきっかけについに両軍はモビルスーツを投入した戦争へと発展してしまいます。

続きを読む

『 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 』2期 第7話(第32話) 「友よ」【感想コラム】

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 2期 第7話(第32話) 「友よ」

様々な人物の思惑が交錯する戦争も、いよいよ最終局面を迎える。ついに直接対峙した各陣営。この極限下で精神的に追い詰められながら戦ってきたタカキの判断能力は当然鈍っていました…。

『いつも通りにやればいい』というアストンの言葉は耳に入らず、マクギリス、そしてガラン、もはや誰の言葉を信じればいいのかわからない。わかるのは目の前の敵を討てばこんな訳のわからない戦争に終止符がうてるということだけ。

冷静さを欠いたタカキは単騎特攻を仕掛ける。しかし、戦闘巧者のマクギリスに単騎で仕掛けるには余りにも無謀でした。互いに殴り合いを続けるも、タカキは絶対絶命の状況を迎える。

続きを読む

『 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 』2期 第8話(第33話) 「火星の王」【感想コラム】

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

地球での大規模戦争が終結してひと月。今回の戦争を巡り、ギャラルホルンでは責任の所在や今後を巡り激しい会議が行われていました。どうにかしてマクギリスを失墜させたいラスタル陣営に対して、冷静にそれでも剥き出しの闘志で対応します。

エリオン家の当主として、ギャラルホルン内部でも大きな信頼と勢力を持つラスタルに対して、ファリド家の妾子として育ち、時には仲間を利用しながらメキメキと頭角を表していくマクギリス。まさにラスタルにとっては目の上のタンコブでしかないマクギリス。

続きを読む

『 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 』2期 第9話(第34話)「ヴィダール 立つ」【感想コラム】

『 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 』2期 第9話(第34話)「ヴィダール 立つ」

鉄血のオルフェンズ1期の終盤のドルトーの一件以来の激化の一途をたどるコロニーの独立運動を鎮めるべく、ついに重い腰をあげたラスタル陣営。
というより、より武力介入を仕掛けようとしているラスタル陣営は、システムの調整が終わった新型ガンダムでついに”仮面の男”が戦場に赴きます。

鉄華団陣営も、火星から搬入されてきた獅電や「王様の椅子」と称される新型ガンダムの整備に追われていました。なんだかユニコーンガンダムに似ている新型ガンダムの形状ですが性能は果していかほどでしょうか…。

続きを読む

 

毎週放送のアニメを見て続き物の感想コラムを作ってみたい!そんなコラムニストなあなたは、是非あにぶでコラムを入稿してみませんか?ライター募集のページからいつでもライターとして活躍する事ができますよ!