『 べるぜバブ 』、それは最強の不良が魔王の赤ちゃんを育てる話

べるぜバブ

 子育て番長が不良校や魔界で暴れまくるハイテンションアニメ


ギャグアニメとバトルアニメを同時に楽しみたい――そんな贅沢な方におすすめしたいアニメがあります。その名も『べるぜバブ』。今回はこの、爽快度あふれるハイテンションアニメについて触れていきます。

原作は週刊少年ジャンプで連載

『べるぜバブ』とは、2011年1月9日~2012年3月25日の間、日曜朝七時の時間帯に放送されたアニメです。最初のOPをみる限り、子供向けアニメを意識して作られているようですが、原作は週刊少年ジャンプで連載されていた、ギャグ×バトル系の漫画です。元は子供向けを意識された作品ではないのです。

アニメの方も、途中からOPがかっこいい系にシフトして行きましたが。

%e7%84%a1%e9%a1%8c2

このアニメの中心は、不良×魔王の子!?

ストーリーは、天下の不良高校“石矢魔高校”最強の男・男鹿辰巳が、ある日おっさんの中から現れた魔王の赤ん坊を拾い、不本意ながらも育ての親にさせられるというもの。

おっさんの中からというのはシモネタではなく、文字通りおっさんの中からです。おっさんを半分にパカリと割って、中から裸の赤ん坊が出てくるのです。

そのおっさんも悪魔だから普通じゃないという話なのですが、その辺はちょっとギャグが入ってます。

主人公はとにかく男らしい

男鹿辰巳はよくアニメにいる見た目が怖いせいで不良だと勘違いさせられている善人キャラ――ではありません。マジモンの不良です。なので、容赦なく人を殴ります。性格もドSなひねくれ者で、向かってくる奴は徹底的に痛めつけます。

が、仲間な思いな一面や女性には手を挙げないという男気あふれる面もあり、根っこの部分は良いやつです。そんなギャップが楽しめる、男らしい主人公なのです。

不良も悪魔もまとめてぶっ飛ばす!

アニメ序盤は“石矢魔東邦神姫”という、よくバトルアニメに出てくる四天王的な存在との喧嘩の話です。その後他校と争ったり、他の悪魔が出てきて能力バトルっぽくなったりと、どんどん話のスケールが広がっていきます。そういったストーリーの中で、男鹿辰巳が魔王の子との間に絆を感じたり、お互いに成長したりしていくのです。

けれど、基本的なノリはギャグなのでシリアスになりすぎたり、話が暗くなったりはしません。激しいバトルや友情、家族愛(?)を感じつつ、ハイテンションなギャグも終始楽しめてしまう、『べるぜバブ』とはそんな贅沢すぎるアニメなのです。

 

FLOWや中川翔子さんの歌っている曲もあったりと、OPEDもなかなか豪華です。不良×バトル×ギャグのアニメですが、可愛い女の子も結構出てくるので男性女性関係なく楽しめると思います。次に見るアニメに悩んでいたら、試しに1話見てみるのはどうでしょうか。

画像引用:http://www.ytv.co.jp/beelze/index.html

声優『沢城みゆき』デビュー以来第一線で活躍し続ける演技派

(c)田村隆平/集英社・べるぜバブ製作委員会2011

引用元: アニメ『べるぜバブ』 読売テレビ


※このページは、公開からおおよそ180 アクセスがありました。

ライティング:星崎梓 さん

べるぜバブ

お気に入り記事をシェアして下さい

この記事に関するコメント

ABOUTこの記事をかいた人

星崎梓

ライトノベル作家をしています。処女作は『ガンズバースト・オンライン』。 今一番推しているカプはごちうさのシャロリゼ、シャロブル。最近ワートリが熱い! 面白い記事を書けるようがんばりますので、よろしくお願いします。 ∠゚ワ^)☆かしこま