クラシカロイド 第8話「 女子会の一日 」【感想レビュー】

クラシカロイド 第8話「 女子会の一日 」

現在までのところ、クラシカロイドで一番笑った回だった今回。リッちゃんのお友達(ただし女子)になりたくなった人も多いのではないでしょうか!

少なくとも筆者はなりたくなりました。奢りで全身マッサージに行きたい。まぁ個人の願望はさておき、本日もあらすじと感想に参りたいと思います!

クラシカロイド ♪08「 女子会の一日 」

リストの提案で、女子会をすることになった歌苗。最初は乗り気ではなかったものの、大型遊泳施設で行われる「クラスキー・クラスキー」のライブを見て、すっかりその魅力に取りつかれる。

しかしライブ直後、当のチャイコとバダが合流して女子会の本番がスタートする。

ライブ前、偶然「一日中リストの奢り」という言葉を耳にしていた奏助はそこから尾行を開始。

女子会という名の愚痴会を目撃し続けることになる。

女子会ってここまでギスギスしてないよ!!

女子会を体験することができない男性の皆様にまずお伝えするのは、さすがにここまでギスギスしてる女子会ってそうそうないから誤解しちゃダメだよ!!というあたりでしょうか。

ないとは言わない。幹事がそれぞれの人間関係ガン無視で招集した結果険悪な間柄の子がいて空気悪くなるのもないとは言わない。

そして男性関係で現在進行形で不満が溜まりまくってる子たちばかりが集まった場合、とにかくゲスな話しかしなくなるとかもないとは言わない。

でも頻度としては決して高くはないので!「今日は女子会でしたー!」なんて呟きを見かけても「あんな醜悪な会合を喜々として報告するなんて」みたいな早合点はしちゃダメですよ!!

でも「 クラシカロイド 」8話は女子会をしたくなる回でした

クラシカロイド 第8話「 女子会の一日 」

画像引用元:©BNP/NHK・NEP

リッちゃんの奢りという点を除いても、みんなでデザートビュッフェ、エステ、水着選び、カラオケに日帰り温泉、最終的にはクルージングで夕食だなんてどれか一つか二つでも充分楽しい女子会ですよね!

女子会したい。12月の忘年会が待ち遠しくなってきました。

さておき!

今回はこれまで敵側としてしか描かれなかったチャイコとバダが初めて立ち位置に関係なく歌苗ちゃんに接触する会でもありました。

歌苗ちゃんは二人のことをアイドルとしてしか知りませんが、当然二人はこれまで何度も音羽館を攻撃してきた身。気まずさも相まって、なかなか女子会を楽しむという雰囲気にはなれていませんでした。

しかしカラオケで仕事に対する愚痴を替え歌にしたことで、まさかの意気投合。溜まりに溜まっていた不満とストレスが爆発し、相乗効果もあってか男性側から見るとえげつない状況が出来上がりつつありました。

というかチャイコちゃん、バッハのあのカツラは「ナイ」と思ってたんだね!?

まぁ現代であのカツラは確かにナイ……吉本新喜劇とかでたまに出てきて爆笑するくらいだから、日常から使っているのは本当にナイ……よく分かる……。

そして温泉ではどんなゲスな話をしているのか、流れるお湯の音で掻き消される会話。逆に怖いですけどどんな話してたの。

しかしここまではBメロにすぎず、サビは夕食兼クルージングにありました!!

リッちゃんと同じくなぜか女性になっている、元が髭のおじさまのチャイコフスキー。無理して美少女やってる、普通のヒゲオヤジに戻りてぇなどなどの爆弾発言も飛び出しました。

そうか……チャイコちゃんはオヤジ返りという現象があるのか……でもバッハのことは恋愛対象という……ふむ……。

今回のムジークは「ハンガリー狂詩曲 第2番」

バッハからの電話連絡を受けて、泣き出すほど動揺してしまったチャイコちゃんとバダちゃんを庇い、奏助がキレました!

基本的に口だけ星人、シューさん曰く「凡才」の奏助ですが、電話相手が尊敬する音楽プロデューサーと分かったあとでも懸命に抗議する姿に、リッちゃんのムジークが炸裂しました。

今回の奏助、珍しくカッコよかったですよね!!

その姿、リッちゃんの言うまさしく「愛」!いつもポンコツだけど、今回はあんまりポンコツじゃなかった!!

ちなみにバッハが話していた言葉は「レンテッツァ」=「遅い!弛んでいるぞ!!」、「ストレッタ」=「もうスケジュールに空きを出せない。状況は切迫している」などの意味かなーと思います。本当、普通の日本語で話してほしい。

しかしこのムジーク、いくら狂詩曲(ラプソディ)が「自由な形式で叙事的(事実をありのままに)」という特性があるといっても、まさか本音をぶっちゃけさせまくるとは思いませんでした。

前回も思いましたがリッちゃんのムジークがやっぱ一番怖いな!?

果たして来週、チャイコちゃんとバダちゃんの二人はどうなっているんでしょうか。そしてチャイコちゃんへの返事はどうするんでしょうかバッハさん。

いやー、今週は女性としてもものすごく楽しかったです。でもしっかりクラ・クラの営業とラストに餃子を持ってくるあたりさすがの餃子アニメっぷりです。いいよもう、このアニメ見た日は餃子食べればいいんだろ!!

ところで来週は、かなり引きこもっていたらしいベトさんがようやく外に出る様子。バッハさんとの直接対決なるか?

彼の理想の餃子が見つかった今、ベトさんがどういった行動に出るのか全くの未知数!こちらも楽しみに待ちましょう!

クラシカロイド 感想レビューまとめ

©BNP/NHK・NEP

引用元: アニメ「クラシカロイド」HP


※このページは、公開からおおよそ167 アクセスがありました。

ライティング:井之上 さん

クラシカロイド 第8話「 女子会の一日 」

お気に入り記事をシェアして下さい

この記事に関するコメント

ABOUTこの記事をかいた人

井之上

濃いめのオタク。実家がオタクだったせいで自然学習されてしまった年齢に見合わないオタ知識のせいで年齢詐称を疑われることもしばしば。家事育児と投稿小説製作の合間に少しだけライターとして書かせていただいています。