ここからガンダム作品に入るのもOK!『 機動戦士ガンダム00 』と、魅力的な量産機ガデッサ、ガラッゾ、ガデラーザについて!

機動戦士ガンダム00

日ごろの鬱憤、晴らせていただく!!

近頃急に冷えてきて、まだ11月なのに東京でも雪が降ってきました。いよいよ冬突入でしょうか。こんな寒い日はアニメの話題で心から熱くなるのがいいかもしれません。

というわけで、熱い(?)話をしましょう。『機動戦士ガンダム00』に登場する、強すぎる量産機・ガデッサ、ガラッゾ、ガデラーザの話です。

機動戦士ガンダム00 とは

『機動戦士ガンダム00』とは、第一期を2007年、第二期を2008年に放送し、完結編となる劇場版を2010年に上映したガンダム作品です。宇宙世紀との繋がりがないため、単体で楽しむことの出来るアニメです。ガンダムのこと何も知らないよーという方でも楽しめるアニメとなっています。

第一期は私設武装組織「ソレスタルビーイング」が戦争根絶のために世界各地の争いに武力介入をしていくという話です。目的は戦争根絶ですが、やっていることはガンダムという圧倒的な性能を持つ機体による問答無用の攻撃――つまりはテロ行為です。主人公側が正義とは言い切れず、敵が悪とも言い切れない。ガンダムシリーズの特徴を踏まえつつ、テロリストの視点で描く物語です。

圧倒的な性能と書くと、今で言う「俺TUEEE系」を想像する方もいるかもしれませんが、違います。ガンダムの介入により争っていた各国が団結し、力をつけて立ち向かってくるのです。そしてそれを利用する者達がいて……。

劇場版では、謎の金属生命体が外宇宙からやってきます。ただ宇宙生命体をやっつける、なんて単純な話ではありません。人と人が、人と宇宙生命体がわかり合うためにはどうすればいいのか、なかなか考えさせられるアニメなのです。あと、戦闘シーンが動きまくります。とにかくスピーディで迫力があります。そんなアニメです。

ガ○○とつくMSは特別な機体

ガンダム00において、ガ○○とつくMSは「GNZシリーズ」と呼ばれ、イノベイド(特別な力を持つ人造人間だと思ってくれればいいです)専用の強力な機体です。もちろんガンダム○○という機体は除いて、です。強力というのはつまり、性能が高い分誰にでも扱える機体というわけではない、ということです。

今回はその中でもとくに活躍の多かった三機を紹介します。

ガデッサ

機動戦士ガンダム00 ガデッサ

――上昇角度の変更はたったの3度。このガデッサにはたやすいこと!

ガデッサはGNメガランチャーと呼ばれるエネルギー砲を有した、砲撃特化型の機体です。アニメ二期にて、敵側のイノベイド、リヴァイヴ・リバイバルとヒリング・ケアの専用機として登場します。量産機ということになっていますが、大量に出て来る機体ではありません。

この機体の凄いところは、GNメガランチャーによる圧縮された粒子の極太ビーム攻撃を、十数秒にも渡って撃ち続けられるというところ。さらに、この大威力長距離砲撃を連発できるというところです。

その砲身は三つに分かれていて、それぞれの先端をビームライフルに見立て使用することも可能です。長距離砲撃では小惑星帯を薙ぎ払うことも出来てしまう、とんでも性能です。現実に存在したら、これ一機で世界を征服できてしまうのではないでしょうか。

作中でも、大気圏を突破し宇宙へ対比していく主人公たちの母艦を、砲撃によって進行方向を狂わせるなんて言う大それた活躍を見せました。散りっぷりもまた素晴らしい、クールな機体です。

ガラッゾ

機動戦士ガンダム00 ガラッゾ

――いただくよ! ダブルオー!!

対して、ガラッゾとはGNビームクローと呼ばれるビームの爪を両手に有した、格闘戦特化型の機体です。パイロットはやはりイノベイドのヒリング・ケアとブリング・スタビティ。ビームの爪は収束することで太くて長いビームサーベルへと成り代わることが可能。広がった爪が一つになり、鍔迫り合いの格好から相手の実体剣をその増した熱量でもって焼き斬る――といった力技を披露してくれます。ビーム兵器による攻撃だけでなく、キックという実体武器(?)による攻撃も魅せてくれます。MS同士による熱い格闘戦を見たい方にもすすめたい、素敵な機体です。

ガデラーザ

――ガデラーザ、デカルト・シャーマン、出撃をする

この機体は今までとは違い、パイロットはイノベイターです。イノベイトとの違いを説明するとネタバレになってしまうので、とにかく凄い人類とでも考えておいてください。

この機体の特徴はサイズです。ガデッサが24.8mなのに対し、このガデラーザはなんと全長302m。十倍以上ですよ、十倍以上!作中の描写ももはや戦艦だろ、というほど。このサイズで超極太のビーム砲や、機体から分離しそれぞれが独自に動く遠隔操作型の武器を有しているんです。

火力、サイズ、量産機とは思えないコストの高さ……どれをとっても一級品です。劇場版でその姿を披露し、大迫力の高スピードで戦闘で盛り上げてくれます。ただ、パイロットであるデカルト・シャーマン共々、不遇な扱いを受けてしまう機体でもあります。

圧倒的な迫力を持つ戦闘シーンを見たい方におすすめな機体です。

機動戦士ガンダム00 と、それに登場するMS達の魅力はどうでしたか?

ガンダム00と、それに登場するMS達の魅力、伝わったでしょうか。もちろん、主人公側の機体も魅力的ですので、その辺も安心して見られるアニメですよ。

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 感想コラムのまとめ

© 創通・サンライズ・毎日放送

引用元: 機動戦士ガンダム00 [ダブルオー]


※このページは、公開からおおよそ1,536 アクセスがありました。

ライティング:星崎梓 さん

機動戦士ガンダム00

お気に入り記事をシェアして下さい

この記事に関するコメント

ABOUTこの記事をかいた人

星崎梓

ライトノベル作家をしています。処女作は『ガンズバースト・オンライン』。 今一番推しているカプはごちうさのシャロリゼ、シャロブル。最近ワートリが熱い! 面白い記事を書けるようがんばりますので、よろしくお願いします。 ∠゚ワ^)☆かしこま