三部作を一週間おきに公開!? サイボーグ009 劇場版最新作の興行大作戦!

サイボーグ009

11月25日より映画「CYBORG 009 CALL OF JUSTICE」の第1章の公開がスタートとなりました。サイボーグ009シリーズの最新リブート版です!

ただ“第1章”ってワードに、「ん?」と思う人も居るかもしれません。

そうなんです、今回のサイボーグ009の映画は3部作を予定しているのです。しかも 1週間おき というハイペースな公開体制!

そんな本作の興行展開などをご紹介します。

まず知っておきたいリブートされまくり状態の サイボーグ009 シリーズ

「サイボーグ009」といえば漫画家・石ノ森章太郎先生が1964年に連載を開始した漫画作品。そこからアニメにゲームにと半世紀に渡って様々なメディア展開を遂げてきました。

そして映画化も非常に歴史が長いです。

サイボーグ009の初アニメ映画は1966年(!)。東映より公開されたものに始まり、翌年に第2作目が公開。そこから少し間を開けて1980年にリブートした第3作目が公開。そこからはTVアニメなどの新作が公開されたものの、劇場版は再びしばらくありませんでした。

そして2010年に押井守監督が新作短編を公開してから再び劇場版ラッシュがスタート。短編の押井監督が降板して脚本の神山健治さんが監督を務め、新たに2012年に再リブート作「009 RE:CYBORG」を劇場公開。さらにさらに2015年には「サイボーグ009VSデビルマン」がイベント上映され、また新たな世界観の009シリーズが公開。

そして2016年、今回の「CYBORG 009 CALL OF JUSTICE」にてまた新たなリブート作品として映画が登場します。TVアニメも含めたら何回リブートしているのか分からないぐらいのシリーズなわけです。さらに言うと、今回の「CYBORG 009 CALL OF JUSTICE」の総監督を務めるのは、2012年にリブート版を監督した神山健治監督。神山さんは2度もリブート作品を務める事態となっているわけですね。

何度も生まれ変わりを果たしてきた「サイボーグ009」の映画は、今回新たな興行戦略で送り出されます。

注目の今回の上映形態

今回の「CYBORG 009 CALL OF JUSTICE」は今まで以上にビシッと興行を成功させようという意欲が見られる作品となっています。

注目点はなんといってもシリーズ初の三部構成の劇場版というところ。昨今はアニメに限らず実写作品でも前後編など、公開回数を増やす戦略がよく見られます。より重厚な物語にできるなど、お金以外の長所ももちろんあるんですが、一人のファンにつき来場回数が増えるので、トータルの興行収入を上げれるという経済的メリットが大きいです。

さらに公開は各一部を2週間限定公開にすることでファンの熱が冷めるのを避けると同時に、短期に集中して公告展開ができるというわけで、3部作を一週間おきに一気に公開するという上映形態となっています。今年の実写映画「ちはやふる」「64」「劇場版ウシジマくん」も同じように間髪入れず続篇を公開していました。あれです!

盛りだくさんのタイアップ

ファンとしてもダラダラ興行するよりは、ビシッと短期間で盛り上がる方が良いという人も居るもの。前述のように、映画だけでなく時代に合わせた様々なタイアップ展開が、現在集中して行われているのも忘れてはいけません。

ウェブコミックサイト・コミッククリア(www.comic-clear.jp/)では「CYBORG 009 CALL OF JUSTICE」の漫画版が公開となっています。プロローグ編は特別カラーで現在公開中。本格的な連載は12月9日よりスタートします。

またYoutubeでは今まさにバブルが来ているジャパニーズHIPHOP界ともコラボ。「フリースタイルダンジョン」で活躍するKENTHE390さんやACEさん、DOTAMAさんなど、今注目のラッパー9名がそれぞれゼロゼロナンバーサイボーグをイメージしたラップを披露しています。だれがどのメンバーを担当するのかにも注目です。

そしてこの曲とは別に、主題歌を担当するのがMONKEY MAJIKの面々。009を想起させる歌詞やサウンドが魅力的な『A.I. am Human』は、非常にかっこいい曲です。ジャケットビジュアルではMONKEY MAJIKのメンバーが、サイボーグ衣装を身にまとっているのも注目です。

そしてアイドルともコラボ。アイドルユニット仮面女子の月野もあちゃんがナレーションを務める特別版予告編も公開中です。

西武渋谷店B館の4階・5階の特設会場では12月12日(月)まで「サイボーグ009 POP UP SHOP」https://www.sogo-seibu.jp/cyborg009/)が開催。サイボーグ009と人気トイクリエイターや有名ブランドデザイナーがコラボレーションしたアイテムが集います。

今回の映画公開に伴い様々なクロスメディア展開を行なっております!


といった感じで、どんなストーリーか、とかどんなキャラクターが居て、といった中身の話は抜きに「CYBORG 009 CALL OF JUSTICE」の映画興行について、取り上げました。

日本にとっては元祖とも言える“異能力者バトル”物作品が、2016年の今、どういった興行展開を見せるのかにも非常に注目です。

最強の”ハゲ”ヒーロー物語!『 ワンパンマン 』の魅力にまだまだ迫る!!

ABOUTこの記事をかいた人

ネジムラ

普段は缶バッジ販売専門店「カンバーバッチ」のオーナーやってます。その傍ら個人ブログとしてアニメ映画情報ブログ「ねじまき恋文のヤブレター」を公開中。国内外問わずアニメ映画を中心とした有益な情報を多くの人に提供できるよう努めて参ります。