庵野秀明監督が経営する「カラー」が「ガイナックス」を提訴!

エヴァンゲリオンやシン・ゴジラでお馴染みの庵野秀明監督が経営するアニメ制作会社「カラー」が、アニメ制作会社「ガイナックス」に対し、借入金1億円の支払いを求める訴訟を東京地裁立川市部に起こしていることが報道された。ガイナックスからカラー側に支払われるはずの一定のロイヤリティー(使用料)の債務が発生し、1億円の別途貸付などをカラーが行わったものの、返済が滞り、残金の約1億円の支払いを求めてカラー側から提訴されたようだ。

今回の報道に関して、株式会社カラーの公式Twitterアカウントでは、庵野秀明個人が提訴した件ではなく株式会社カラーが法人として提訴したものであるという注意が促されたが、提訴は事実なようだ。

両社の関連作品として最も代表的な作品といえる「新世紀エヴァンゲリオン」シリーズがあるが、以前は権利者表記がカラー/ガイナックスの表記だったものの2014年末からカラー1社表記になっていることも話題となっていた。

株式会社カラー公式Twitterアカウント:http://twitter.com/khara_inc

低視聴率で悩んだ時期もあった!TV版「 新世紀エヴァンゲリオン 」の苦悩と栄光

 

タイトル及び画像の著作権はすべて著作者に帰属します。


※このページは、公開からおおよそ3,359 アクセスがありました。

ライティング:ネジムラ さん

お気に入り記事をシェアして下さい

この記事に関するコメント

ABOUTこの記事をかいた人

ネジムラ

普段は缶バッジ販売専門店「カンバーバッチ」のオーナーやってます。その傍ら個人ブログとしてアニメ映画情報ブログ「ねじまき恋文のヤブレター」を公開中。国内外問わずアニメ映画を中心とした有益な情報を多くの人に提供できるよう努めて参ります。