『るろうに剣心』最速の男、瀬田宗次郎

突然ですが、アニメにおけるスピードキャラって戦ってみると実はあまり強くなかった――なんてパターンが多いと思いませんか? ドラゴンボールのバータとか。でもでも、中にはいるんです、強くて速いキャラクター。今回は強さと速さを兼ね揃えた美少年剣士・瀬田宗次郎について触れていこうと思います!

スポンサーリンク

『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚』とは

『るろうに剣心』、通称・るろ剣。これは、1996年1月10日~1998年9月8日の間にTVアニメが放送されていた、ジャンプ系の作品です。2012年には実写映画版が公開され、2014年には同じく実写版『るろうに剣心 京都大火編』『るろうに剣心 伝説の最期編』が公開されました。

アニメは二十年も昔の作品ですが、最近公開されたこの実写映画も話題になったため、知っている方は多いんじゃないかと思います。かの週刊少年ジャンプの作品ですしね。

ですけど、実写とアニメではやはり違うんです。戦闘シーンの演出やBGMもそうですけど、実写版『るろうに剣心 京都大火編』にも登場した、主人公・剣心にとって最大の敵、明治政府転覆を図った極悪人・志々雄真実。彼の配下である十本刀の扱いが結構違うんです。実写版では、十本刀は名のある雑魚程度の扱いを受けている者が多かったのですが、どのキャラクターも個性的で、それぞれにドラマが有り名シーンがあるんです。中でも、十本刀最強の剣士・瀬田宗次郎。アニメ版の彼は剣心を圧倒するほどの実力者でした。

瀬田宗次郎 は作中でもベスト3に入るスピードキャラ

彼は“天剣の宗次郎”という異名を持つ、志々雄真実の最初の仲間にして右腕、十本刀最強の腕前を持つ剣士です。

幼いころのトラウマが原因で、「楽」以外の感情を欠落させています。それ故に、剣気や殺気を発することなく動作の先読みをされにくいのです。くわえて、彼には尋常ではない脚力があり、目にも映らない超神速の移動術・「縮地」を使います。剣心も作中ではかなりのスピードキャラですが、宗次郎のそれは彼をも上回ります。動きが読めない上に超速い。これはとんでもない脅威なわけです。事実、剣心VS宗次郎の初戦では、剣心の愛用していた逆刃刀が折られてしまいます。

とにかく速いぜ、縮地!!

二度目の戦いでも剣心をスピードで凌駕する宗次郎。しかも、なんと彼が使っているのは本気の縮地ではなかったのです。縮地の三歩手前で速度は剣心と互角。二歩手前になれば、剣心の使う飛天御剣流をも凌駕する速さになります。飛天御剣流とは、「剣の速さ」「身のこなしの速さ」「相手の動きの先を読む速さ」を重視して放つ、最速の抜刀術です。けれど、宗次郎は動きを読ませませんし、単純なスピードも剣心より上。打つ手なしなわけです。この縮地で剣心を翻弄し、完全に実力で上回っている描写はアニメと原作でしか見ることが出来ません。また、宗次郎は訳あって剣心の掲げる「不殺の剣」を否定し、志々雄真の「弱肉強食主義」を崇拝しています。

「所詮この世は弱肉強食 強ければ生き弱ければ死ぬ」

志々雄真の発したこの言葉が、宗次郎の中に深く根付いています。故に、“弱き者も助けようとする殺さない剣に、殺す剣が負けるはずはない”と考え、剣心相手に本気を出そうとしません。けれど、圧倒されながらも向かってくる剣心を相手に、徐々に心を乱していき……最終的にどちらの掲げる剣が正しいか、奥義VS奥義の正面からの対決で勝負を決しようとします。

結果、宗次郎の「瞬天殺」は剣心の放つ「天翔龍閃」に敗れてしまいました。

敗因は正面からの奥義の打ち合いをしたから?

「天翔龍閃」を放つ時に限って、剣心は宗次郎と同等のスピードになるようです。けれど、「天翔龍閃」は正面に向かって放つ抜刀術です。真の縮地は姿を完全に消したり、床や天井を駆け回る全方位からの空間攻撃が可能となります。この縮地で剣心を翻弄し、どこから来るかわからない状態から「瞬天殺」を放てば宗次郎は勝てたわけです。負けてしまったのは経験とメンタルの差といったところでしょうか。


剣心は人斬りをやめた剣士です。もしも剣心が人斬りのまま宗次郎と対峙したら、宗次郎は開幕から本気で攻撃し、最初の一撃で勝負は決していたでしょう。メンタルを鍛え経験を積んだ時、宗次郎こそが『るろうに剣心』最強のキャラクターになるのではないでしょうか。

実写版だけ見たという方は、ぜひこの最速剣士宗次郎の活躍をアニメでチェックしてみてください。

るろうに剣心 は、刀=強さではなく、人=強さだと教えてくれる

RECOMMENDおすすめ記事のご紹介

ABOUTこの記事をかいた人

星崎梓

ライトノベル作家をしています。処女作は『ガンズバースト・オンライン』。 今一番推しているカプはごちうさのシャロリゼ、シャロブル。最近ワートリが熱い! 面白い記事を書けるようがんばりますので、よろしくお願いします。 ∠゚ワ^)☆かしこま