岩井俊二さん原作『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』が2017年夏アニメ映画化が決定!

原作・岩井俊二さん、脚本・大根仁さん、アニメーション制作・シャフトによるアニメーション映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」の制作が発表され、PVとイメージビジュアルが公開されました。

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

 

この作品は1993年に放送されたオムニバスドラマ『If もしも』の中のドラマの一つを原作にしたもので、花火大会を前にした夏休みの海辺の街を舞台に、中学生のなずな、典道、祐介の三角関係と、時間が巻き戻る不思議な体験、夏休みの冒険が描かれるといった作品。

アニメーション制作を務めるのは『魔法少女まどかマギカ』や『物語シリーズ』でおなじみのシャフトと新房監督。

脚本には実写映画監督などでおなじみの大根仁さんをむかえ、新房監督は「アニメ制作にあたりいつもとは違うスタッフィングで、違った視点での意見が新鮮でした」とコメント。

また、実写作品のアニメ化にあたり「アニメーション映画というジャンルで大きく生まれ変わります」ともコメントしており、シャフト流に生まれ変わった恋愛アニメーション映画がみれそうだ。

映画の公開は2017年8月18日に全国で公開。

公式サイト:映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」公式サイト
©2017「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」製作委員会