皆殺しの富野が生み出した「 無敵超人ザンボット3 」をどう見る?

無敵超人ザンボット3は1977年8月10日から1978年3月25日まで全23話放送された、日本サンライズ(現サンライズ)制作のロボットアニメです。

日本サンライズは全身の創映社から、改組、独立した組織で、本作は独立後初めての作品になります。監督は後に機動戦士ガンダムを生み出すことになる富野喜幸氏で、キャラクターデザインの安彦良和氏他、ガンダムの主要スタッフが揃って制作している作品です。

この作品で富野監督は、その制作方針から「皆殺しの富野」と呼ばれるようになります。これまでのスーパーロボットアニメとは違い、主人公たちの戦いは壮絶、凄惨なもので、所謂「リアルロボットアニメ」路線の先駆けとして、アニメ史に残る作品です。

スポンサーリンク

衝撃的な結末におののく「無敵超人ザンボット3」のあらすじ

駿河湾の港町に住む少年、神勝平は、ライバルの香月真吾との対決中、ガイゾックの巨大怪物メカ・ブーストに襲われる。

勝平達家族、「神ファミリー」はかつて、ガイゾックが滅ぼしたビアル星人の末裔であり、地球に逃げて来た一族だった事が判明する。

神ファミリーは先祖が遺した宇宙船「キング・ビアル」と、3機合体のスーパーロボット「ザンボット3」を駆使して、地球を守る為、ガイゾックに戦いを挑む。

激しい戦いの中、次第に傷ついていく勝平達。町の人々との絆や反目と、数えきれない程多くの別れ。

繰り広げられるガイゾックの憎むべき、恐ろしい作戦の数々。

苛酷な闘いの末辿り着いた先に待っていたのは、ガイゾックの驚愕の正体と、衝撃の結末であった。

凄惨で悲惨な主人公の戦い

ザンボット3はこれまでの「ヒロイックなカタルシス」を提供してきたスーパーロボットアニメとは一線を画す、リアル路線のロボットアニメの走りです。この路線はガンダムのヒットで一つの形になるのですが、より過激にまっすぐに表現されたのがザンボット3ではないかと思います。

それまでも、ドラマとしてロボットアニメを捉えた作品は登場していましたが、本作では、「戦争としてのリアルさ」によりフォーカスした作りになっています。

主人公達の戦いは、とにかく凄惨で悲惨です。

命をかけて守った筈の町の人々に戦う事を批判される序盤。やっと相互の理解を得られた矢先に繰り広げられる、人間爆弾の恐怖。

それらの困難を乗り越えた先に待ち受ける結末。

これでもかこれでもかと、恐怖と絶望がサンドイッチされる構成に、恐ろしくなってしまいます。

皆殺しの富野

そしてとにかく、登場人物が死にます。

ファンタジー色が強い作品では例えば、敵を倒したら復活するとか、実は死んでいなかったとか、何がしかの救済処理がされるものですが、本作は大人も子供等しく死んでいきます。

主要キャラクターも例外ではなく、特に終盤戦での宇宙空間は壮絶極まりない描写になっています。

富野監督を指して誰が言ったか、「皆殺しの富野」の名を冠してしまうのも致し方ないという酷さです。

恐らく今、ゴールデンタイムでは放送できないのではないでしょうか。

そんな惨たらしい内容の本作ですが、決してゲテモノ見たさに鑑賞する作品ではありません。

富野監督は戦争の悲惨さを作品を通して描いたと言われています。

戦争というものが、関わった人皆に等しく容赦のないものであるという事を、スーパーロボットという圧倒的なフィクションを使って描写する作品になっています。

人間ドラマの熱い作品です。全23話、なかなかにヘビーですが、ロボットアニメ史に欠かせない作品ですので、オススメです。

知っておきたい『リアルロボット』と『スーパーロボット』の違い[その1]

タイトル 無敵超人ザンボット3
監督 鈴木良武 富野喜幸
放送期間 1977年8月10日~1978年3月25日
主な声優 大山のぶ代
製作会社 日本サンライズ

RECOMMENDおすすめ記事のご紹介

ABOUTこの記事をかいた人

あにぶ編集部

アニメコラムサイト「あにぶ」の編集部です。「あにぶ」は、まだまだオタクではない人、アニメに少し興味があるといった、”アニメ初心者”向けの入門サイトです。コンセプトは、「アニメを知らないあなたのためのアニメ入門サイト」。皆さんに読んで頂けると嬉しいです。