『 神のみぞ知るセカイ 』、初めて見る方でも楽しめる愛すべきクソゲー回

 『 神のみぞ知るセカイ 』というアニメに、一話丸ごと使ってクソゲーを攻略する話があります。専用のEDまで作られたこの伝説の回について、今回は触れていきたいと思います。

スポンサーリンク

 『 神のみぞ知るセカイ 』って?

『神のみぞ知るセカイ』とは若木民喜先生原作の作品で、TVアニメは第三期まで作られています。第一期が2010年10月、第二期が2011年4月、そして第三期は2013年7月から、それぞれ一クールで放送されました。

主人公はギャルゲーが大好きで、攻略技術の高さから「落し神」と呼ばれる少年・桂木桂馬。ひょんなことから悪魔と契約をしてしまった彼が、ギャルゲーの知識で現実の女の子達を攻略していく――というストーリーです。

 声優・東山奈央さんのデビュー作としても有名な作品です。

伝説のクソゲー、『くれよん~空の芸術~』

 問題のクソゲーが登場したのは、アニメ第一期4話「今そこにある聖戦」です。その回では人間ではなくゲームのキャラクターが攻略されます。そのゲームの名は、『くれよん~空の芸術~』。ギャルゲーなのですが、なんと発売延期回数は23回。修正用パッチを当てても3回に1回しか起動せず、セーブはハードを破壊、その他数多のバグを抱えメーカーも夜逃げした伝説のゲームです。故にCGをコンプした人は誰もいない、とされています。

けれど、桂木桂馬は、ゲームに罪があってもヒロインに罪はないと、攻略に乗り出します。

そして、ループ等数々のバグが桂馬を襲うのです。厄介なのはバグだけではありません。選択肢の数がまた、めちゃくちゃ多いんです。それを一つ一つ確かめていく気の遠くなるような作業。そんな桂馬の苦労が描かれたエピソードでした。

ヒロインは飛鳥空

『くれよん~空の芸術~』に登場するヒロインの名は、飛鳥空。cv及びボーカルを務めたのは、『怪盗セイント・テール』羽丘芽美 / 怪盗 セイント・テール、『灼眼のシャナ』坂井千草などを演じた櫻井智さんです。

たった一話限定のネタ(?)キャラクターだったにも関わらず、専用のEDが用意されました。曲名は、「たった一度の奇跡」。その後発売された「神のみキャラCD.くれよん 飛鳥空」に収録されています。

 

『神のみぞ知るセカイ』をよくしらないという方でも、この回を楽しむことは出来ます。ギャルゲーを一度でもプレイしたことがある方なら、共感できる部分もあるのではないかと思います。

『神のみぞ知るセカイ』現実の恋に疲れたときにみたい2次元崇高アニメ

©若木民喜・小学館/ユピテルの姉妹

引用元: 神のみぞ知るセカイ アニメ公式サイト


※このページは、公開からおおよそ227 アクセスがありました。

ライティング:星崎梓 さん

お気に入り記事をシェアして下さい

この記事に関するコメント

ABOUTこの記事をかいた人

星崎梓

ライトノベル作家をしています。処女作は『ガンズバースト・オンライン』。 今一番推しているカプはごちうさのシャロリゼ、シャロブル。最近ワートリが熱い! 面白い記事を書けるようがんばりますので、よろしくお願いします。 ∠゚ワ^)☆かしこま