【コミックマーケット91|C91】 コミケ2日目は勢いのある企業ブースへ。

 C91も、とうとう2日目が過ぎました。C91、2日目の感想を一言で表わすと…?と問われると、きっと多くの方が

「風がめちゃくちゃ強かった!!!!!」

と答えるのではないでしょうか。天気はおおむね快晴なのが救いでしたが……

風が強かった今日も、戦士(参加者)たちは奮闘していました。風なんてなんのその(?)の本日のコミケットの様子を順にお届けして参ります。

スポンサーリンク

腐向けゾーンに走るオッサン(自分)

今回、「おつかい」を頼まれていた筆者。しかも、そのおつかいのサークルの殆どは壁&シャッターサークル………。

ヤバい。開場とともに、東4棟へ向かう。

不安ではあったが…何とかゲットすることができた!(ただ、腐ったものが好きなお姉さま方しか並んでいない、シャッターサークルの待機列に並んだことで、いささか羞恥心を覚えたが…)

東1・2・3棟へ。

今日の東1・2・3棟はとても不思議な光景が広がっていた。何が不思議なのかと言えば…

img_7671%e2%91%a0_censored

これは東1棟から3棟の方向に向かって撮った俯瞰画像である。東1棟、即ち画像手前側のジャンルは「アニメ(その他)」だ。

一方、東3棟、すなわち画像奥のジャンルは「おそ松さん」。

アニメ(その他)で今日目立ったのは、「ガルパン」であった。すなわち…今日の東1・2・3棟はまさに

「腐女子とオジサン、また変わった色を放つ二つの属性が交じっていた」のだ。

先程の画像の東1棟は全面が「アニメ(その他)」。続いて東2棟は「サンライズ」「TIGER&BUNNY」

img_7672%e2%91%a1_censored

最後に東3棟が「ガンダム」そして「おそ松さん」である。実際に現地に行くとかなりはっきり分かったのだが…

おそ松さん と ガンダム のスペースで明らかに性別が分かれている!!!!!!!

シリコンベルトではなく、おそ松さんベルト…とでも言いたくなってしまう。

img_7676%e2%91%a2_censored

↓10時50分頃の「おそ松さん」ジャンル、シャッターサークル列。

img_7679%e2%91%a3_censored

うーん、いい天気!でも………めちゃくちゃ寒いんです。

img_7680%e2%91%a4_censored

そんなこんなでとりあえず東3棟から外に出、しばらく歩いていると………異彩を放つコスプレエリアで、更に注目を浴びている一人(?)が…

緊張はしたが、快く撮影させて下さったぞ!

img_7684%e2%91%a5

そしてガルパンのサークルが密集するエリアへ。写真を見ても分かる、驚異の男性率の高さ。

img_7692%e2%91%a6_censored

東4・5・6棟へ。

さて、一方の東4・5・6棟はというと………。

まずは東4棟。手前から順に「黒子のバスケ」「ハイキュー!!」「FC(ジャンプその他)」「ワールドトリガー」のサークルが集まっている。

img_7696%e2%91%a8_censored

次は東5棟。手前から「FC(ジャンプその他)」「血界戦線」「ヘタリア」のサークルが集まっている。

img_7699%e2%91%a9_censored

最後に東6棟。手前から「FC(少女・青年)」「FC(少年)」「進撃の巨人」「ダイヤのA」「進撃の巨人」のサークルが集まっている。

img_7700%e2%91%aa_censored

(この写真だけ設定を間違えてしまった…)

何が言いたいか、もうお分かりだろう。

そう、2日目の東4〜6棟はもう殆ど完璧に「腐ったお姉さま方向け」なのである。
「今日の東4〜6棟は、お姉さま方とパシられた男性陣のためにのみ存在している」と言っても過言ではない。

外に出て、シャッターサークルの列を見ていると……厳しい、冷たい風が強く吹いていた。
気温は低くはないとは言えども、この風は戦士たちの体力を著しく削ぐことになっただろう…。

そうして次なる地へと向かっていると…めちゃくちゃカッコいいコスプレを見つけてしまった。

厳しい風が吹く中、取材をお願いすると、またこの方も快く引き受けてくださった。
筆者はあまり詳しくないのだが、「艦これ」のコスプレらしく…

img_7703%e2%91%ab

そもそもがカッコいいのに、カッコいいポーズまで決めてくれた!!!!!

既に体力が尽きそう…………

スケジュール通りに行くと、次は「防災公園のコスプレを撮影」に行く予定『だった』。
が……

あまりにも「ガチな」カメラマン達が集う防災公園……近付けなかった。

img_7705%e2%91%ac_censored

その後、国際展示場のすぐ目の前にある、東京ファッションタウンビルで昼食を済ませた。
このビルのレストラン街を見ていると…時刻は12時にも関わらず、まだ席に余裕がある。

戦いに燃料補給は必須!様々なレストランがあるので、ここで昼食を取るのもいいかもしれない。

いざ、企業ブースへ。

昨日、あまりの混雑ぶりに、撮影を断念せざるを得なかった企業ブース。今日は二日目ということで、まだ撮影を出来るような余裕も見受けられたため、潜入してきた。

西3・4棟

来年初にアニメ化を控えている「ツインエンジェルBreak」の巨大スクリーン。スペシャル映像が公開されているだけあって、見ている人も多かった。

img_7706%e2%91%ad

おなじみのGood Smile Company。ULTRA SUPER PICUTURESと合同で出店。今年ヒットしたアニメが見受けられる。

img_7708%e2%91%ae_censored

アニメ紹介文がずば抜けて目を引くことで知られる「アイドル事変」の広告。

img_7710%e2%91%af

提督にプロデューサー…流石二次元COSPAだ。

img_7711%e2%91%b0 img_7712%e2%91%b1

SEGAのブース。物凄い数のスマホカバーであるが、それに負けないくらい多くの提督たちが並んでいた。

img_7715%e2%91%b2

qualiarts。ガールフレンド(仮)、(♪)のグッズの物販が行われていた。

img_7718%e2%91%b3

「みなとそふと」ブースに設置されていたパネル。

img_7721%e3%89%91

ジーストア。有名タイトルに、豊富なグッズの数々に、列に並ぶ人も多かった。

img_7725%e3%89%92_censored

ワガママハイスペックのパネル。

img_7726%e3%89%93

ブシロードのブース。

img_7731%e3%89%94 img_7733%e3%89%95

「ブロッコリー」ブース。ラブライブ!サンシャイン!!の幕が目を引く。

img_7735

らしんばん

img_7736%e3%89%97

Sprite。12時過ぎにも関わらず、まだ長い列をなしていた。

img_7737%e3%89%98_censored

「スマイラルアニメーション」ブース。1月から放送予定のOneRoomがバッチリ宣伝されている。

img_7740%e3%89%99

NBC Universal Entertainment Japan

img_7741%e3%89%9a_censored

Cygames

img_7744%e3%89%9b

西1棟

img_7759%e3%89%9c_censored

小学館

img_7762%e5%b0%8f%e5%ad%a6%e9%a4%a8%e3%89%9d

EXIT TUNES

img_7764exit-tunes%e3%89%9e_censored

Show By Rockのパネル

img_7766%e3%89%9f_censored

京アニ&Do Shop!のブース。もう開場からかなりの時間が経っているが、長蛇の列が出来ていた。

img_7768%e4%ba%ac%e3%82%a2%e3%83%8b%e3%8a%b1_censored

電波を飛ばせ!携帯キャリア!!!

もう皆さん御存知の通り、コミケットは大変多くの参加者がいるため、電波が大変混雑する。

そんな混雑解消のため、今回も携帯キャリアから「移動基地局車」が駆けつけた。

KDDIの電波中継車

img_7748

ソフトバンク電波中継車

img_7751

docomo電波中継車

img_7752

確かに今日一日、回線が混んでるなー…と感じたことはなかった。

コミケの平和は、運営スタッフだけでなく、ある意味彼らにも守られているのかもしれない。

コミックマーケット91 2日目 感想

企業ブースを中心に回ったC91の二日目。一般の人がコミケと聞くと、同人を思い浮かべる人が多いのかもしれないが、その実、このような公式の企業の宣伝・ビジネスの場となっている。

様々なブースを見て回ったわけであるが、想像していたよりも意外と時間に余裕を持って来場しても、かなりのグッズが残っているような印象を受けた。

徹夜が禁止なのは言うまでもなく、始発は体力的に厳しい。

筆者は、目的のグッズが全て、しかもそのほとんどを並ばずに買えた。そのグッズのタイトルにもよるが、ある程度余裕を持って、体力をしっかり補充してから会場に向かってもいいのかもしれない。

【コミックマーケット91|C91】あの有名芸能人さんも参加…!?!?「ラブライブ!」サークルさんを一挙ご紹介!!

RECOMMENDおすすめ記事のご紹介

ABOUTこの記事をかいた人

竹取の翁

ライターの〈竹取の翁〉です。 『ラブライブ!』,『ラブライブ!サンシャイン!!』をメインに様々なアニメを見ています。 また、〈アニメ×聖地〉関連の研究もしています。 〈アニメ×聖地〉は一極集中を解決する可能性をも秘めていると考えます。 「見えない光も、目を凝らせばダイヤの光」 ちょっと変わった(?)コラムをお届けします。