2017年に「BLOOD-C」の実写映画化が决定!出演俳優も発表!

CLAMP原作にてTVアニメやアニメ映画化も果たしている「BLOOD-C」シリーズが、この度、「阿修羅少女~BLOOD-C異聞~」というタイトルで実写映画化されることが発表となった。

監督は舞台版「BLOOD-C The LAST MIND」の演出を手掛けた奥秀太郎監督が務める。また、アニメ「BLOOD-C」シリーズに長く携わってきた藤咲淳一さんが本作のために脚本を書き下ろす点にも注目だ。

この実写版で主役を務めるのは、舞台「攻殻機動隊ARISE」で主役の草薙素子役を演じた青野楓さんが担当する。本作は2017年初秋にテアトル新宿他劇場にて全国公開予定だ。

公式サイト:http://www.asuragirl.com/

水樹奈々が声優・歌手として世界中のファンを魅了する理由

タイトル及び画像の著作権はすべて著作者に帰属します。


※このページは、公開からおおよそ306 アクセスがありました。

ライティング:ネジムラ さん

お気に入り記事をシェアして下さい

この記事に関するコメント

ABOUTこの記事をかいた人

ネジムラ

普段は缶バッジ販売専門店「カンバーバッチ」のオーナーやってます。その傍ら個人ブログとしてアニメ映画情報ブログ「ねじまき恋文のヤブレター」を公開中。国内外問わずアニメ映画を中心とした有益な情報を多くの人に提供できるよう努めて参ります。