ガヴリールドロップアウト 第1話「もう戻れないと知ったあの日」【感想レビュー】

 天使が駄天使に!? あらすじを見た瞬間、これは神アニメだと確信しました。そのアニメのタイトルは、「ガヴリールドロップアウト」。簡単に言うと、天使学校を首席で卒業した主人公が、人間界のネトゲに触れて駄天使になってしまうという、とてもシュールなお話です。今回、このアニメの感想レビューを担当させていただく、てる吉です。読者の方が楽しめるような記事を頑張って作っていきますので、どうぞよろしくお願い致します。

 では、第1話のあらすじと感想にいってみましょう!

スポンサーリンク

 ガヴリールドロップアウト 第1話「もう戻れないと知ったあの日」

 天使学校を首席で卒業したガヴリール。人間のことを学ぶために彼女は地上に降り立ち、皆のお手本となるような行動をし、そして普通の人間と同じように学校に通う。だが、ある時に出会ってしまったのだ。人々を堕落させてしまう娯楽、ネットゲームと・・・。

 ガヴリールの変貌っぷりに注目!!

 天使学校の卒業式。主人公のガヴリールは、代表として賞状を受け取る。金髪の清楚系ヒロイン最高です。天使という偏見から来るのかもしれないが、ガヴリールをはじめ、皆とても品があって綺麗な子達ばかりだ。あれ? 天使って男もいたんですか(笑)? ぶっちゃけ男の人の天使姿はちょっと気味が悪い・・・。人々を幸せに導くと誓い、人間界へ降り立つガヴリール。私と結婚して幸せにしてくれてもいいんですよ?

 人間界でも、公園のゴミを拾ったり、子供達と遊んであげたりと、善行を積む彼女はとても微笑ましい。苦手な料理を一生懸命やる姿に萌えてしまいました。

 学校の宿題を片付けたガヴリール。だが、そんな彼女に助けを呼ぶ声が。どうやらその声はパソコンの中、つまりネットゲームのキャラから聞こえてきたのだ。人間界を学ぶいうことで、そのキャラを救うことに。天使がキャラメイキングとかそんな言葉を使う日が来るとは。でも新鮮で面白いです。プリーストを選んだ彼女。助けると、そのキャラから「ありがとう。あなたこそまさに天使だ」と、感謝の言葉。いや、本当に天使なんですけどね(笑)。まさか、ゲームの相手が本当に天使だなんて誰が想像できるでしょうか? その言葉を真に受けて、バレてしまったのではないかと焦るガヴリールが可愛い。そして、他にも助けを求めるキャラが沢山現れる。「こんなにも喜んでいただけるなんて、ゲームとはなんて素晴らしいのでしょう」と喜ぶ彼女・・・それは廃人への一歩になるぞ・・・。だが、回復魔法の使い過ぎでMPが空に。そんな彼女の元に、悪魔の誘惑が。1500円払えばMP消費無しで回復魔法が使えるという「聖天使の杖」が表示される。アカン、アカンって(笑)。買ったら元には戻れなくなるぞ! だが、そんな私の期待とは裏腹に、天界から支給されたお小遣いを確認するガヴリール。そんなさなかにもどんどん傷付いていくキャラ達。それを見かねた彼女は、ついに購入ボタンをクリックしてしまうのだった! つ、ついにやってしまったか。ってかボタン押す時のガブリールの顔がイカれてる。

 「お前早くヒールしろって。死んじゃうじゃん」と言いながらごろ寝でネトゲをプレイするガヴリール。天使が使う言葉じゃない(笑)。部屋中は散乱していて、ゴミだらけ。もはや先程の天使としての威厳はどこにも感じられない。救いようがない「廃人」へと成り果ててしまった。やはりこうなってしまったか・・・。そんな彼女の部屋を訪れ、悪魔の槍を出したかと思えばネットの線を切断し、カーテンを開ける。日の光が一気に差し込む。おい、朝っぱらからネトゲやってたのか。いまいち状況が掴めないガヴリールを優しく叱責するのは、悪魔の槍と頭に角の生えた女の子。彼女の名前はヴィーネ。なるほど、悪魔なのか。めっちゃタイプかも。そんな彼女にヴァルハラ王国が危機的状況だと怒るガヴリール。いや、そんなこと言われても知らんがな(笑)。ヴィーネちゃん呆れてるし。「天使とあろうものが民を見捨てることになるなんて」との発言に、「天使ともあろうものが、朝からネトゲやってるんじゃないわよ」と返すヴィーネちゃん、マジ正論。

それに対し「違うもん、昨日からだよ」と反論するガヴリールに爆笑。学校に行こうと説得するヴィーネだが、頑なに行こうとしない。仕舞には「人類なんか勝手に滅んでくださいって感じ」と言う始末。コイツ、本当に同一人物か!? と、思うほどの変貌ぶりなのであった。天界にも帰らずにずっとこの生活を続けていくという彼女。自分のことを救いようのない駄天使だと言う。ついに言いきってしまったか(笑)。だらけ過ぎて天界に強制送還もあり得るかも、と諭すヴィーネに、「その程度の揺さぶりで私が動くと思ってるなんて」と言いながら、支度をするガヴリールちゃんが面白い。だが、外に出た瞬間に「歩くのダルい」と一言。自分の行きたい場所に瞬時に移動できる天使の術を使うのだが、なんと・・・パンツだけが教室に移動してしまったのだ!! 恥ずかしさのあまり、布団にくるまる。これで学校にいけないのは仕方ない。だが、彼女は見たやつら全員を、世界の終わりを告げるラッパで消すと言う。いやいや、さすがにそれはマズイって。

それにしても、ヴィーネちゃんって本当に悪魔なのかと言いたくなるほど面倒見がいいし、優しい感じですよね。

ガヴリールドロップアウト

画像引用元:©2016 うかみ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/ガヴリールドロップアウト製作委員会

 学校に暗雲が立ち込め、悪魔サターニャが姿を現す。自らのことを地獄の支配者となる者とか言ってるが、そんな風にはちっとも見えない。むしろなぜか愛嬌がある憎めないキャラ、そんな雰囲気がする。すぐに暗雲は消え、日常に。彼女はペットボトルのキャップを付けたまま捨てて、悪と言い張りドヤ顔。小さい! こんなことが悪なのかい(笑)。ヤバい、このキャラ悪魔だけど笑い担当だわ。そんな彼女の目の前にガヴリールが歩いてくる。自らの飲んでいる飲み物をマズいと言い放ち、「悔い改めろ」とゴミ箱に放り投げるが、入らずに中身が床に散乱してしまっている。おいおい、もう人間性が崩壊しているぞ。見かねたサターニャが声をかけるが、ガブリールは彼女とじゃんけん。勝ったガヴリールは、「じゃ、後はよろしく」とサターニャに片づけを任せる。だが、彼女も彼女で、普通なら怒ればいいものを、ちゃんと雑巾で綺麗にするところは悪魔らしくないというか、憎めないですよね。自分で乗りツッコミするところもまたいいキャラしてるぜ。

 高みを目指すには、遅刻、授業中にゲーム、教科書に落書きなど超A級悪魔行為を繰り返しているガブリールを上回らなければならないとトイレで考えているサターニャ。いや、そもそも論点がずれているような・・・。しかもサターニャのトイレシーンときた!! ピンクの縞パンかー・・・こういうのが好きなのね。バッチリ脳裏に焼き付けておきますね。トイレの紙がないことに気付き、1人で人間にキレている彼女もまたシュール。

 宿題を見せてくれとせがむガヴリールに、教えてあげるから自分でやりなさいと言うヴィーネちゃんはさすが。この2人天使と悪魔交換すればいいんじゃ・・・。そんな彼女達にサターニャが割って入る。自分は宿題をやってこなかったと自慢。「人間なんて下等生物、私の敵じゃないんだから」と先生なんか怖くないアピール。だが、数学の先生はスキンヘッドにサングラスと、見るからにヤバそうな雰囲気の人だった。そんな中、空気を読まないサターニャは、自信満々にわざと宿題をやらずに、謝る気もないと言う。こ、コイツは本当にバカだった! 案の定、泣きながらバケツを両手に持たされて廊下に立たされる。

 相変わらずだらけているガヴリールに来客が。待ち合わせを2時間過ぎても来ない彼女に怒ってヴィーネが家を訪れたのだ。居留守を使おうとするが、持っていた合鍵で侵入。合鍵なんて持ってるのかよ(笑)! ヴィーネちゃん、嫁にしたらかなり怖いかも・・・。2時間も待ってるんだから帰ればいいものを、入れ違いになったら悪いと言う彼女に、もはや悪魔の欠片はどこにもない。部屋の掃除に夢中だったから遅れたと言い訳するが、全然片付いていない。片づけを放り投げて買い物に行こうとするガブリールに「や・る・の・よ」と悪魔の槍を叩きながら言うヴィーネちゃんには悪魔の片鱗が見えた気がします。でもこれもガヴリールを思ってのことなんですよね。私としてはご褒美なので、もっとキツい言葉を言って欲しかったり・・・。

 一応は今でも自分が天使だという自覚はある彼女。頭の上には綺麗な輪っかがあるはず・・・!? な、なんと、その輪っかが真っ黒になっていたのだ!! そんなことってあるのか(笑)? 自分には堕天する才能があるとかいうが、それ一番ダメなやつや。そして、矛先はヴィーネへと向かう。ガヴリールは彼女に「ヴィーネは自分が悪魔らしくないって自覚ないでしょ?」と突っ込む。余程傷付いたのか、掃除機を落として放心状態の彼女。本当に自覚なかったのか・・・。悪魔らしくするためにどうすればいいか、ガヴリールに相談するが、誰かやっちゃえば? と簡単に言ってのける彼女に失笑。サターニャの話題になると変な空気になるのやめてあげて。

 突如、ゴキブリが出現する! 突然のことに絶叫とともに後ずさりするヴィーネ。恐怖のあまり、悪魔の槍を出したかと思えば力の加減をせずにゴキブリを退治するのだが、その威力はガブリールの部屋を粉々にするほどだった・・・。お、おっかない。「悪魔らしく他人に迷惑をかけてみました」と、テヘペロするヴィーネちゃんが可愛かった。

 いかにも清楚で上品そうなキャラがついに登場。その名はラフィエル。花澤さんとの声も相まって、癒し系のキャラだと思ったのは一瞬のことでした。彼女の目の前にメロンパンを争って犬と格闘するサターニャの姿が。そんな彼女を見て、「久しぶり、体が震えるこの感覚。彼女は素晴らしいおもちゃになると」との心中。ん? 何を言っているんだこの人は? そして「どのように導いて(いじって)ほしいですか?」と話しかける。更に、未だ犬と格闘しているサターニャに犬語で話すことを勧める。そんな彼女を見ながら笑いをこらえるラフィエル。このキャラ・・・ドSだった! 可愛い顔して、人をいじって楽しみやがって! 私にもしてくださいよ!

 案の定メロンパンを奪われた彼女。それをガヴリール達に嘆くのだが、隣にラフィエルが現れる。どうやら隣のクラスだったらしい。ガヴリールとは天使学校の同級生同士だそう。彼女を見て、優しそうだと言うヴィーネだが、こんなの野放しにしておくなんて、天界もどうかしてると主張するサターニャ。そんな彼女の忠告を尻目に、友達になりたいとラフィエルに声をかけようとするヴィーネだが、ラフィエルはサターニャに献上するためのメロンパンを持っていた。それを受け取ろうとする彼女に、「跪いて、犬のように足を舐めたらお渡しします」とドSっぷりが炸裂する発言。サターニャを見下して悦に浸る表情は、まさに恐怖。そんな彼女を見て、話しかけるのを思いとどめたヴィーネは正しい選択なのかもしれない(笑)。

個性的なキャラクター達が織りなすコメディーアニメの幕開けだ!!

ガヴリールドロップアウト

画像引用元:©2016 うかみ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/ガヴリールドロップアウト製作委員会

 記念すべき第1話。まさか天使の鏡と言えるガヴリールが、たった数分であんなに廃人と化してしまうとは思いもしませんでした。それと同時に、その変貌ぶりに爆笑してしまいました。そして駄天使になる原因がネトゲという(笑)。もう何もかもがぶっ飛んでいますよね。冒頭で全て持っていかれた私は、このアニメの虜になってしまいました。

そして、このアニメを飾るのは、ガブリールを取り巻くキャラクター達。悪魔だけども面倒見がよく、むしろ天使なのではないかと思ってしまうくらいに人当たりがいいヴィーネ、地獄の支配者になる予定だが、やることは全てちっぽけなことで、ガヴリール達にいじられっぱなしの悪魔であるサターニャ、見た目は普通の天使だが、それとは裏腹に内面真っ黒なドS天使のラフィエル。この子たちが最高に盛り上げてくれます。

なので、第1話、終始楽しんで見ることができました。今後、ガヴリールの廃人っぷりがどのようになっていくのか、そして他のキャラ達がどんな行動をしたりするのか。

そんなことを期待しながら、第2話を待ちたいと思います。

 原作:うかみ       監督:太田雅彦       出演:富田美憂、大西沙織、大空直美、花澤香菜  他       製作:動画工房       公式サイト:http://gabdro.com/

©2016 うかみ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/ガヴリールドロップアウト製作委員会

引用元: ガヴリールドロップアウト


※このページは、公開からおおよそ462 アクセスがありました。

ライティング:てる吉 さん

お気に入り記事をシェアして下さい

この記事に関するコメント

ABOUTこの記事をかいた人

てる吉

2次元女子と筋トレを愛する新米ライターです。毎クール20本以上アニメを見るくらいアニメが好きでたまりません。好きな分野と言われれば、百合系が好きですが、基本可愛い女の子が出ていれば何でも見ます。精一杯頑張らせていただきますので、どうぞ宜しくお願い致します。