『アイカツスターズ!』39話は リリィ 様回! たった一人で頑張ってきた氷系ポエムっ娘が仲間の大切さに気づく神回!!

リリィ様とは『アイカツスターズ!』で絶大な人気を誇る、白銀 リリィ という少女のことです。実力はあるのに身体が弱く、夏の間は療養していたため、アニメでの登場が少し遅れたキャラクターです。

詳しくは以前に書いた記事をご参照ください。

白銀リリィ は、『アイカツスターズ!』の氷系病弱ポエマーアイドル

2016.10.24

そんなリリィ様が、1月12日に放送されたアニメ第39話にて大活躍しました。ので、紹介してみようと思います。

スポンサーリンク

きっかけは学園の危機

その回は、経営の危機で学園の存続が難しくなる――というところからはじまります。そこで学園長は、「新ブランドデザイナーオーディション」というものに目をつけます。

これは、ロシアの実業家が新しいブランドを立ち上げるべくデザイナーを探すというイベントで、見事優勝すればその実業家がスポンサーになってくれるのです。

生徒が優勝すれば、「問題はすべて解決」とキメ顔の学園長。生徒に頼る気満々ですが、なぜかかっこいい顔をします。

そして、そこに現れるのは先生達の話を立ち聞きしてしまった、リリィ様。彼女は自分に任せてほしいと名乗り出ます。

リリィ様の夢は自分のブランドを持つこと

『アイカツスターズ!』の舞台はアイドル達の通う学園ですが、その中でもリリィ様は、アイドルでありながらドレスのデザインも行う少女です。

そんなリリィ様の夢は、学園の4人存在するトップアイドルであるS4の一人、白鳥ひめのように自らのブランドを立ち上げること。この出来事はさっそく学園中に知れ渡り、ビックニュースとしてポスターになりました。ポスターの中でも、夢について語っています。

そんなリリィ様を見て、主人公であるゆめとローラが応援とサポートをしようと駆けつけます。

が、リリィ様は言いました。

「必要ありません。私は幼い頃から一人でドレスを作ってきました。他人から手助けされたことなどありません。故に応援もサポートも不要」とそれを拒否。

身体が弱いせいで練習を休み、一人病室で本を読むことが多かったリリィ様。それでもめげずに力をつけ、多くのファンを持つにいたった彼女の実力は、一人で努力してきたからこそのもの。

少なくとも、リリィ様本人はそう考えていました。

「これは私の夢。誰にも頼らず自らの手で掴み取る」

そう覚悟を決め、会場へ向かうのです。

倒れてしまうリリィ様

オーディションは二日にわけて行われます。

その内容は、穴のないボタンを縫い付けたり、刺繍や裁断を行ったりというもの。圧倒的な力を見せつけ、順調に勝ち残るリリィ様。そして、見事決勝への出場を決めます。

しかし、飛ばしすぎたせいか、ふらついてしまいます。

「今宵ゆっくり身体を休めれば、明日にはきっと」

そう信じるリリィ様。

しかし現実は厳しかったのです。

翌日、決勝の時間になっても、体調が戻らないどころか熱で頭が朦朧としてしまいます。

決勝のテーマは”個性です。ふらつきながらも、夢を実現させるべくドレスをデザインするリリィ様。

 

「自らが愛するドレスを着る。その夢のためにここまでやってきた」

 

身体が弱くても心は強いのです。めげずに、気合いで乗り越えようとします。それでも身体はついていかず、リリィ様は倒れてしまいました。司会に心配されリタイアをすすめられるも、拒否。ならば、と少し休まされることに。

夢を目前にして、焦るリリィ様。そこに現れたのは、ゆめとローラでした。

「リリィ先輩のお手伝いがしたくて」

 そう口にするゆめ。

「私には必要ないと申し上げて――」

と返すリリィ様に、ローラは言います。

「はい。なので、ドレス以外のことでサポートさせてください」

二人が吹雪の中を突き進みながら運んできたのは、薬や健康ドリンク、身体を温めるためのコーヒーメーカーなどでした。

二人のサポートもあって、リリィ様は体調と気持ちを落ち着かせることに成功します。決勝戦のテーマは、先にも述べた通り、個性です。流行ではなく、自分の着たいドレスをデザインしたリリィ様は、見事優勝の座に輝きました。

その栄光は一人のちからではなかった

「どれほどこの瞬間を待ち望んだことか!」

夢まであと少し。オープンまでの間に、リリィ様は自らデザインしたドレスの制作に移ります。そしてついに、リリィ様のブランド「ゴシックヴィクトリア」のお店がオープン。

「ここが、私のお店!」

賑わう店内に感動のリリィ様。そんな彼女を見て、気に入ってくれたかい?と、実業家は問います。リリィ様は、「最後まで諦めることなく自らの手で掴み取った夢ですから」と答えます。

しかし、実業家は言いました。

 

「一人の力だと?」

 

困惑するリリィ様に、実業家はよくお店を見るように促します。そこには、ピカピカに磨かれた床や階段に、青く美しいバラなどがありました。

実業家は続けます。

「友人からの贈り物でショウ」

と。

「この店はね、ブランドの立ち上げに追われていた君に変わって、君の友人たちが手がけてくれました」

そう、ゆめやローラだけでなく、他のたくさんの仲間たちが、バラの調達から掃除までこなしてくれたのです。すべてはリリィ様のために。彼女を想っての行動です。

「彼女たちが君の夢の手助けをしてくれたんです」

実業家に言われ、そこでようやくリリィ様は大切なことに気付くのです。

そして、駆けつけておめでとうを言ってくれるみんな。リリィ様は言いました。

「夢は誰にも頼らず、自らの手で掴み取るべきだと思っていました。でも、それは愚かな考えでした。私は知らぬ間に、多くの人の力を借りていた。いつも誰かに助けられていた。本当にありがとう」

リリィ様は一人で頑張ってきたと思い込んでいましたが、実はそうではなかったと、仲間の大切さに気づいたのです。

その後のお披露目ステージも、完璧にこなすリリィ様。

「白銀リリィ、このひとときに魂をこめて!」

次なる夢へ向けて

自分のブランドを持ったのに、プレミアムレアドレスを作らないわけについて、リリィ様は語りました。

プレミアムレアドレスは、ドレスの中のトップです。なので、自分がトップになった時にこそ着るのだと。それが、新たなリリィ様の夢なのです。

 

 とまあ、ただでさえ実力があって美しいリリィ様が、さらに成長してパワーアップするという回でした。

そんなリリィ様のブランド、「ゴシックビクトリア」から実際に衣服やグッズが登場しています。ぜひチェックしてみてください。

『 アイカツスターズ! 』、第31話でついに新ユニットが誕生!

ABOUTこの記事をかいた人

星崎梓

ライトノベル作家をしています。処女作は『ガンズバースト・オンライン』。 今一番推しているカプはごちうさのシャロリゼ、シャロブル。最近ワートリが熱い! 面白い記事を書けるようがんばりますので、よろしくお願いします。 ∠゚ワ^)☆かしこま