映画『虐殺器官』コラボラーメンを食べてきました!

らあめん元「虐殺器官」ラーメン

制作会社の「マングローブ」の倒産で劇場公開ができなくなっていた『虐殺器官』ですが、新しい制作会社の下で無事、2月3日より上映開始となりました。今回、この『虐殺器官』とコラボしたラーメンを食べてきましたのでレポートします!

スポンサーリンク

宅麺.comとのコラボレーション

今回のラーメンコラボは、「宅麺.com」というラーメンお取り寄せサイトとのコラボレーションです。この宅麺サイトは、ラーメンの通販だけではなく、全国各地の有名ラーメン店と様々なコラボレーション企画を行っています。今回はその1つとして、『虐殺器官』とのコラボレーションラーメンができました。

私が行ってきたのは、板橋区坂下(都営三田線蓮根駅)にある「らあめん元」(はじめ)さんです。このお店、東京のラーメンランキングでも常に上位にいて、雑誌に取り上げられたり、様々な賞をもらったりしています。 有名なのは鶏ガラスープと超細で作られた「塩らあめん」なのですが、グルメサイトではないので省略します。行列ができるラーメン屋です。

実際に行ってみて『虐殺器官』コラボラーメンを食べてみた

実際に行ってみました。都営三田線蓮根駅を降りて北口を出るとすぐにお店が見つかります。

らあめん元外観

お店の前には看板が出ていて、今回のコラボメニューについても掲載されています。

らあめん元案内

お店で食券(限定メニュー950円)を購入。ついでに、このお店の名物であるつくねを食べるべく、つくね丼(250円)も購入します。 しばらくすると、『虐殺器官』とのコラボラーメン「ぎゃくさつ」が出てきました。見たところ、ラーメンにフランクフルトが乗っているだけですが・・・。

らあめん元「虐殺器官」ラーメン

お店の人から食べ方について説明があります。 「まず、そのまま食べてください。背油ラーメンになっています」

「途中まで食べたら、中の腸詰めを破いてください。すごく飛び散るので必ずスープに埋めてそこで破ってくださいね」 なお、このコラボ限定として、ポストカードを3種類の中から1つもらえます。3つ揃えるためには3食食べるわけですね。ない、1日限定「10食」とあります。かなりの限定メニューですね。 腸詰めを破る前のラーメンは普通においしい背油ラーメンです。これだけでもいいかも。なお、具がなく素ラーメンに背油が浮かんでいる感じです。 途中まで食べたので、腸詰めに箸を入れてみます。

「うあああーーーーー」

赤いものが飛び出して、ラーメンが深紅に染まってしまいました。確かに、これが飛び散ったら大変です。まさに虐殺の現場です。

らあめん元「虐殺器官」ラーメン虐殺後

色で分かるように、これは唐辛子やラー油をベースにしたものすごく辛いエキスでした。背油ラーメンから激辛ラーメンに一瞬にして変化です。ソーセージのようなものではなく、ひき肉が詰まっています。担々麺の具を凝縮したような感じです。 「辛ウマ」なのですが、私には辛すぎました。つくね丼を注文していてよかったです。ごはんと混ぜると激辛そぼろご飯になります。

らあめん元「虐殺器官」ラーメン中身

おいしく、辛く、食べた後胃が火照っていました、これは『虐殺器官』コラボですね!

ハガキと宅麺.com企画

いただいたハガキはこんな感じです。使うのはさすがにもったいないですね。

虐殺器官はがき

実は今回のコラボ元である「宅麺.com」は定期的にアニメやゲームと有名ラーメン店のコラボを行っています。 例えば

『ご注文はうさぎですか?』

『アルスラーン戦記』

 

など。ひょっとすると皆さんが好きなアニメとのコラボがあるかもしれません。コラボするラーメン店は有名店ばかりなので、本当おいしいですよ!

©Project Itoh/GENOCIDAL ORGAN

Project Itoh第二弾『 ハーモニー 』 息苦しくも調和の取れた世界を生き抜く、少女たちの物語

ABOUTこの記事をかいた人

リンドウ

元丸の内のサラリーマンです。サラリーマン時代はオタク趣味を隠していましたが、脱サラを機に趣味を全開にしてライター業を行っています。アニメをはじめとしたポップカルチャーと文化、経済の関係に興味があり、在職中は(趣味を隠しながらも)、涼宮ハルヒをテーマに経済セミナーを企画したりもしていました。現在、フリーライターとして活動すべく奮闘中です。