三上延さん『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズがアニメ&実写のW映画化が決定

三上延さんのビブリオミステリー小説『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズが、アニメおよび実写にてW映画化されることが発表されました。

『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズは、鎌倉の古書店「ビブリア古書堂」の店主・篠川栞子と、本が読めない無骨な青年・五浦大輔が、奇妙な客が持ち込む古書の謎と秘密を解き明かしていくストーリー。

2013年にはTVドラマ化した本作が、初のアニメ化。ストーリーやスタッフ・キャストなど今後の詳しい情報に期待しましょう。

また、2017年2月25日(土)に原作最終巻となる第7巻が発売予定です。

公式サイト:『ビブリア古書堂の事件手帳』公式サイト © KADOKAWA CORPORATION 2017

『機動戦士ガンダム00』ブレイク・ピラー事件と正しい軍のあり方を追い求めた男、パング・ハーキュリー48歳!

RECOMMENDおすすめ記事のご紹介