ガヴリールドロップアウト 第5話「その幻想を壊されまくった天使」【感想レビュー】

 今回は新キャラ登場です! 見た目はとても小さくて可愛いのですが、この子もどこかちょっと変わっていて・・・。でも、そんな彼女に癒されている、てる吉です。詳細は追って書いていきたいと思います。

 さて、それでは第5話のあらすじと感想にいってみましょうか!

ガヴリールドロップアウト 第5話「その幻想を壊されまくった天使」

 ガヴリールの後輩であるタプリスは、彼女に会いたいがために人間界を訪れることに。ようやく会えたガヴリールが駄天してしまったことを知り、ショックを隠せない模様の彼女。そして、それが原因となってサターニャと勝負をすることになるのであった・・・。

新キャラ登場! 可愛いロリっ子だぜ!

 防護服を着た完全装備で道路を歩く不気味な人。その姿に周りの通行人達は恐れ、すぐ様その人から距離をとる。普通だったら何事か、思ってしまいますよね。私でもすぐに逃げてしまうでしょう。猫を見るや否や、下界の愛玩動物だと言い、危険度Dに認定するその人物。だが、防護服を引っかかれると焦って逃げ、危険度をBに修正するのであった。なかなか面白い人だ。そして、おもむろに頭の防護服を脱ぐ。その人物の正体は、小さくて子供っぽい女の子だった。「いざ、尊敬する天真先輩の元へ」と、頭が花畑状態になる彼女。なるほど、ガヴリールの後輩だったのか。なんて可愛い子なんだ。中の人が水瀬さんというのが相まって、破壊力がすごい。でも、ガヴリールの今の姿を見たらどんな反応をするんでしょうね・・・(笑)。

下界の洗礼を受けることに・・・?

 自販機の前まで来たが、財布を忘れて買えないガヴリール。だが、彼女は「せっかくだしなんか出せよ!」と、自販機に八つ当たりしてボタンを連打するのであった。序盤から彼女のクズっぷりが炸裂してますね。すると、後ろから彼女に声をかける人物が。そこにはなんと、ガスマスクを着けた少女が立っていたのだ! こ、怖い(笑)。そりゃあビビりますわ。1年生の教室を尋ねる少女に、ガヴリールは転校生なのかと返す。そうと分かると、ガヴリールは「丁度よかった。ちょっとお金貸してくんない?」と、ダルそうな態度で手招きするのであった。初対面の人にこの態度、さすがはガヴリール。自販機で当たりを引いて返すという彼女。いやいや、それほとんど返す気ないだろ(笑)! 下界で言うところの「かつあげ」だと認識する少女。ガヴリールの目の下に凄いメイクがしてあり、髪がボサボサで態度が横柄であることから、彼女をヤンキーと思うのであった。本当は、ただ徹夜で寝不足なだけなんですよね・・・。そして彼女の危険度をA+として登録するのであった。

 そこにラフィエルが現れる。その少女を見ると、その少女が天界の後輩であるタプリスではないか、と言うのだった。声をかけるも、タプリスはガヴリールが仲間を呼んだと勘違いする。なんかちょっと可哀想になってきた(笑)。そして天使である彼女は、決して悪には屈しないと断言するのだが、最後に「手持ち30円しかありません!」と付け加えるのであった。え、そこ!? もし100円くらい持ってたら払ってたんじゃ・・・。その声を聞き、タプリスであると確信するラフィエル。そして、彼女がラフィエルであると分かった瞬間に喜ぶタプリスちゃんが可愛すぎる。寂しさが限界を迎えてしまったため、ガヴリールに会いに来たというタプリス。なんていう純粋な子なんでしょう。こんな子後輩に欲しい! いや、妹にほしい(笑)! ヤンキーに絡まれていたと、ラフィエルにガヴリールを見せる彼女。ラフィエルさん、何かを察したような表情してますが、また変なこと企んでないでしょうね・・・。絶対にこの人を改心させると意気込むタプリスに、笑いをこらえることができないラフィエル。「そうですね、頑張って改心させましょう」と賛同する彼女。後輩にも容赦ないイジりようですな。「いい加減にしろよお前ら」と、しびれを切らすガヴリールの反応は当然だ。

 そして、ついにガヴリールの正体がタプリスに伝わる。駄天使になったと知り、驚きを隠せないと同時に、相当ショックを受ける彼女。駄天使の意味を問う彼女に、「家に引きこもり、ゲームだけをして生活することを目標にしている天使のことだ」と、堂々と言ってのけるガヴリールに恥など存在しない。とても清々しいけど、それ間違ってるからな(笑)。あまりの変貌ぶりを目の当たりにして、幻想が打ち砕かれたかのようにかんじてしまうタプリス。そして、ガヴリールをここまでにせしめた原因は何なのか。いくら下界の娯楽が楽しいといえど、それだけであんなに変わるわけがない。背後には、悪魔が関係していると睨んだ彼女は、ラフィエルに相談を持ち掛ける。えっと・・・相談する相手を間違えているような・・・。心当たりはないかと尋ねられるラフィエルは、それはもう幸せなほどに目を輝かせるのであった。絶対ろくなこと考えていないだろ!

ガヴリールドロップアウト 第5話「その幻想を壊されまくった天使」

画像引用元:©2016 うかみ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/ガヴリールドロップアウト製作委員会

タプリスのツンデレ! からのサターニャとの真剣勝負?

 ラフィエルから、元凶がとある教室にいると言われて向かうタプリス。勇気を振り絞って扉を開く彼女。「失礼します」と、こんな状況できちんと挨拶をするところはさすがといったところか。どこからか声が聞こえる。とても上から目線のその声は、明らかにサターニャだ。やはりラフィエルの標的となってしまったサターニャ。ついにその姿を現そうとするのだが、掃除用具入れのドアが開かないらしく、どんなに押しても出ることができない。しまいには、用具入れごと倒れてしまったのだ。肝心なところでボケてくれるサターニャは、期待を裏切りません(笑)。倒れたままの用具入れから姿を表し、中に入ったまま「ようこそ」とどや顔で言う彼女に、「何ですか、この人?」と変な目で見るタプリスの反応がシュール。倒れたまま話を続けるのかよ! もはや悪魔の威厳が全く感じられない。

そして、こんな状況を作った張本人のラフィエルが外から観察するのだが、状況が全く理解できない。まあ、そりゃそうなるわな。そして、ガヴリールを駄天させた原因が自分であると豪語するサターニャ。すでに彼女の配下になっているという嘘を堂々とつく彼女だが、それに疑いをかけるタプリス。だが、その証としてガヴリールのウエイトレス姿の写真を見せつける。「もはやガヴリールは私の思うがまま。こんな格好させるのもたやすいわ」と自信満々に言ってのける。そんなガヴリールを見て失望するかに思われたが、なんと彼女は「羨ましい!」と、顔を赤くしながら言うのだった。思わず心の声が漏れてしまったタプリスが可愛すぎる。まさかの反応に拍子抜けしたサターニャ。すぐさま「憎らしい!」と訂正するタプリス。その写真を預かると言う彼女。

「か、勘違いしないでください。先輩の名誉のために保管するだけで、決して私が欲しいとかではありませんので」

と続ける。ツンデレ発言いただきました!! ありがとうございます! やっぱりタプリスちゃん天使すぎる。それを見たサターニャは、しめたと言わんばかりに別の写真もあると思わせぶりな態度を見せる。許せないとお怒り(?)のタプリスに、だったら別に見せなくてもいいと返した瞬間に、「仕方ないので見てあげます」と興奮しながら迫るタプリス。どんだけガヴリールのことが好きなんだよ(笑)。こんなに慕われて羨ましすぎるぞ!

そして、見せられた写真は脱衣所で裸になるガヴリールの写真だった。あまりの場面に悲鳴ともとれる大声を上げてしまう彼女。この時の状況を聞き出そうとするが、「想像に任せるわ」と思わせぶりな態度をとるサターニャ。そして、タプリスはサターニャに脱げと命令されているところを想像してしまったのだ・・・。本当は、ガヴリールが脱いでいるところを勝手に撮っているだけなんですけどね・・・。後で制裁食らってるし。

 ガヴリールの清き体を汚したとして、サターニャを特A級の危険人物とみなし、速やかに排除することを宣言するタプリス。それに乗っかるサターニャ。こうして2人の不可解なバトルが始まるのだった。タプリスのまさかの大胆な行動を微笑ましく感じているラフィエルだが、当の本人の心境は、勢いで宣戦布告したけれども、冷静に考えてみればガヴリールが勝てなかった相手に勝機があるのだろうか、という後悔だった。いつも以上に強気に出ているサターニャ。お前、いつもとキャラが違うぞ。平和的に・・・安全に・・・そしてタプリスが最終的に選んだ決着の方法が、ババ抜きだった。えー、そんなんでいいのかよ!? あれ、なんかサターニャも凄く乗り気になってるし! なんだかこの2人、ちょっと似ているような気がしないでもない。そして、勝負は大詰め。両者のカードはそれぞれ2枚づつ。サターニャのカードを天に任せて引こうとするが、彼女はそのカードを頑なに離そうとしない。そう、なぜならジョーカーでない方のカードを引かれようとしていたからだ。これを引かれれば負けが確定してしまうサターニャ。本人は、握力を鍛えようと思っただけと苦しい言い訳をする。今鍛える必要なんてどこにもないだろ(笑)。突然、サターンが廊下に何かいると話を逸らす。それにタプリスが気を取られている間に、カードをさりげなく入れ替えるサターニャはさすが悪魔。そして勝負再開になるが、案の定ジョーカーを引いて笑うサターニャは鬼畜だった。タプリスにインチキだと言い寄られるが、そんなルールはないし、自分は悪魔だから油断していた方が悪いと彼女を逆に攻める。今回のサターニャは、今までで一番悪魔らしい。気のせいかもしれないが、とても輝いているぞ! 相手を騙すことに慣れていないタプリスは、呆気なく勝負に負けてしまう。「敗者はとっと失せなさい。目障りよ」と、偉そうに言うサターニャ。泣きながら去るタプリスを尻目に、とてつもない快感を覚えているサターニャ。まあ、いつもやられてる側だからたまにはいいのかな・・・? でもちょっとタプリスちゃんが可哀想だ。

どこまでも幻想を打ち砕かれるタプリス

ガヴリールドロップアウト 第5話「その幻想を壊されまくった天使」

画像引用元:©2016 うかみ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/ガヴリールドロップアウト製作委員会

 廊下で迷子になってしまうタプリス。そんな時、「あなたどうかしたの? 誰か探してるの?」と、優しく彼女に話しかけてくる人がいた。そう、それはヴィーネだった。ヴィーネちゃん、あなたって人は・・・もう私と結婚してください。だが、今までのことで人間不信状態に陥った彼女は、その善意さえも素直に受け取ることができない。道に迷ったふりをしているだけだと訳のわからない言い訳をして、その場を去ろうとするのだが、窓におでこを強打してしまうのだった。そんな彼女を心配して、わざわざ教室まで連れて行ってあげて絆創膏を貼ってあげるヴィーネさん、マジお母さん。来年入学するために、こっそり学校見学をしていたと嘘をついてしまうタプリス。迷惑をかけたと謝る彼女に、「迷惑なんて。可愛い未来の後輩だものね」と、笑顔で返すヴィーネさん、最高すぎる!! 先輩と言われて照れるヴィーネが愛らしすぎる。

 別れ際、お茶に行く約束をした2人。ヴィーネのことを天使だと思い込んでるけど、本当は悪魔です・・・。そこに、宿題を見せてもらうために学校中ヴィーネを探し続けたガヴリールが姿を現す。どうやら、外せないゲームイベントがあるらしく、自力では宿題ができないそうだ。本当に、天使と悪魔入れ替えてしまえばいいのに。そして、タプリスが「あまりこちらの天使の先輩にご迷惑をかけては・・・」と言うのだが、ガヴリールから返ってきたのは、「いや、ヴィーネは悪魔だけど」という予想外のものだった。まさかの返答に固まったままヴィーネの方を見つめるタプリス。本人もなんだか申し訳なさそうな感じで彼女を見つめる。なんなんだこの空気は(笑)。あの優しい雰囲気も自分を油断させるための演技だと心の中で思ってしまう彼女に、「そんなことないわよ」と心の声にもツッコミを入れるヴィーネを見て、悪魔だと確信してしまうタプリス。それに追い打ちをかけるかのように、「コイツのツッコミ力は神様にだって通じるぞ」と余計な口を挟むガヴリール。一気にヴィーネと距離をとってしまうタプリス。案内してくれたお礼を言い、走ってその場を立ち去る姿を見て悲しみに暮れるヴィーネを、私は慰めてあげたい。だが、陰から申し訳なさそうにタプリスが姿を現すと、「今度お茶をご一緒してほしいです」と言うのだった。満面の笑みを浮かべるヴィーネ。本当に良かった。

ガヴリールからのプレゼント・・・と思いきや・・・

 寝床がないため、とりあえずガヴリールの家に泊まることになったタプリス。同じ部屋に泊まれることに喜びを感じるのだが、彼女のゴミ屋敷と化した部屋を見た途端、その表情はえげつないものへと変貌した。あまりの衝撃に、天使の輪っかが黒くなりかけているというまさかの事態に(笑)。これも悪魔(サターニャ)のせいだと、必死で掃除などを始めるのであったが、すでにヴィーネが全部通ってみた道であることを知り、絶望してしまう。それを自信満々に言ってしまうガヴリールはどうしようもないな。いつの間にか眠ってしまった自分に、布団をかけてくれたガヴリール。そんな彼女に笑顔になる。それに加えて、静かに部屋を出ようとした彼女の目の前に、「タプリスへ♡」と書かれて貼られていた袋が置いてあったのだ。お土産だと感動し、ガヴリールが元に戻る希望はまだあると思ったが・・・その袋を持ち上げた瞬間、その紙が剥がれ落ち、「可燃ごみ専用ゴミ袋」との文字が姿を現したのだ! まさかの出来事にまたしても固まってしまう。いくらなんでもこれはひどすぎる。お土産だと思ったらゴミでした。こんなのが許されるはずがない(笑)。袋を持って、ガヴリールを諫めに行くのだが、「今日は、燃えるゴミの日じゃないですよ!」と叱るのだった。え? 怒るところそこなの・・・?

新キャラはロリツンデレ! だけどもちょっと不憫な感じに・・・の回だった!

 ガヴリールの後輩であるタプリスがついに登場しました。小さくて可愛くて、それでいてガヴリールが大好き。それに加えてその気持ちを素直に表さないというツンデレ要素もあり、私のハートはがっちり持っていかれました。ですが彼女、崇拝しているガヴリールの今の姿を見てしまい、そしてサターニャにはせこい形で負け、更にはお土産かと思ったものがゴミだったりと、散々な目に合っていましたね。ある意味で、サターニャよりも可哀想な立ち位置だと言えるかもしれません。それに反して、なぜか今回はサターニャが活躍していました。絶対に負けるだろうと思っていた勝負も、まさかタプリスのほうが負けるという結果になり、ちょっと期待はずれな面が否めません。

まあ、いつもはやられ放題なので、たまには羽を伸ばせてあげるのもいいかも。でも初登場としてはあまりに可哀想なタプリスなのでした。これから物語にどう絡んでいくのか? そんな期待を込めながら、次回も楽しみにしたいと思います。

 原作:うかみ       監督:太田雅彦       出演:富田美憂、大西沙織、大空直美、花澤香菜  他       製作:動画工房       公式サイト:http://gabdro.com/

ガヴリールドロップアウト 感想レビューのまとめ

©2016 うかみ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/ガヴリールドロップアウト製作委員会

引用元: ガヴリールドロップアウト


※このページは、公開からおおよそ755 アクセスがありました。

ライティング:てる吉 さん

お気に入り記事をシェアして下さい

この記事に関するコメント

ABOUTこの記事をかいた人

てる吉

2次元女子と筋トレを愛する新米ライターです。毎クール20本以上アニメを見るくらいアニメが好きでたまりません。好きな分野と言われれば、百合系が好きですが、基本可愛い女の子が出ていれば何でも見ます。精一杯頑張らせていただきますので、どうぞ宜しくお願い致します。