艦娘 紹介シリーズ外伝!TVシリーズでも登場した二航戦「 飛龍 」ちゃん

艦娘紹介シリーズ外伝!劇場版艦これに登場した艦娘を紹介します①番外編トップバッターは、TVシリーズでも出ていました、二航戦飛龍ちゃん!!


皆様こんにちは。またまたこのシリーズの続きをさせていただけることに、感謝、感謝の気持ちでいっぱいの、金剛でございます

今回、劇場版で新キャラ、もしくは登場キャラで予告されていた以外でのキャラが多数登場していたという事で、前回の艦娘紹介シリーズで紹介できなかったキャラ、劇場版で初登場したキャラを、再びここで番外編として、簡単に紹介させていただきます!!

第一回は、TVシリーズでも登場し、史実でも非常に有名な、第二航空戦隊「飛龍ちゃん」を紹介します

スポンサーリンク

劇場版では、一航戦コンビより目立っていた?栄光の第二航空戦隊、飛龍ちゃん

さてさて、今回飛龍ちゃんをご紹介させていただきますが、飛龍ちゃんはTVシリーズでも登場しています。しかし、TVシリーズでは、鎮守府のエース一航戦コンビが輝きすぎて、影が薄くなっていました。(のように見えました)

しかし、劇場版では、その一航戦よりも、なんとなくですが、存在感があったように筆者は思えます。要因としては登場のタイミングでしょうか?(笑)あまり言うとネタバレになってしまいますので、ここまでにさせていただきますが、劇場版による登場回数は、TVシリーズと比べると、増えていると思います。

その飛龍ちゃん、ゲーム艦これでは、攻撃力は一航戦に譲るとしても、防御力、そして燃費は優れているように思えます。しかも、改二実装も、飛龍ちゃん、蒼龍ちゃん共に行われており、まだ実装されていない一航戦コンビ(2016年2月時点)に比べていると、なんとなく優遇されている気がします(笑)

元々史実においては、太平洋戦争初期でにおいて、一航戦と共に、機動艦隊を編成し、日本軍の快進撃を支えた功労艦であり、帝国海軍で最も有名な司令官の一人である「山口多聞少将」の搭乗艦でもあります。

「多聞丸」こと闘将「山口多聞少将」

日本帝国海軍 山口多聞 少将|引用元:ulikipedia.org

日本帝国海軍 山口多聞 少将|引用元:ulikipedia.org

昭和14年に完成した空母飛龍は、姉妹艦である「蒼龍」とほぼ同等の性能を持ち、「赤城」「加賀」とは違い、生まれながらの空母として設計されました。

完成した飛龍は開戦時より、数々の海戦を経験し、飛龍や航空隊も数々の武勲を挙げていました。また、第二航空戦隊の司令官でもあり、この飛龍に搭乗していた、山口多聞少将も非常に有名な将軍であります。

ちなみに、漫画家、平野先生の原作で、アニメ化もされた「ドリフターズ」でも登場しています。

ちなみにゲームにおいて、その飛龍ちゃんが

「多聞丸に怒られますよ!」

というセリフがありますが、この多聞丸と呼ぶ存在こそ、山口多聞司令の事を指しています。

山口司令の先祖は戦国武将「山口宗永」で、司令の「多聞」という名前は、南北朝時代の武将「楠木正成」の幼名である「多聞丸」から取られたとされています。

元々、当時の海軍では「艦隊決戦」主義が主流でありましたが、山口司令は当時から「航空主兵」の思想であり、後に第二航空戦隊司令官に抜擢されています。この事が影響してか、連合艦隊司令長官山本五十六とは親交があったとされていますが、この辺は、役所広司さん主演映画「連合艦隊司令長官山本五十六」で詳しく書かれています。

この映画の中で、山本長官が山口司令に対し

「貴様が連合艦隊を率いるときは、海軍も変わるさ」

というセリフがありますが、そのセリフの通り、山口司令は次期連合艦隊司令長官と目された人物でもありました。

話は逸れますが、この映画の中で山口司令役を演じているのは、俳優の阿部寛さんですが、メチャメチャカッコいいです!役に合っています!

帝国海軍が大敗北したミッドウェー海戦で米機動部隊に反撃した闘将と友永航空隊隊長

ミッドウェイ沖海戦(米軍撮影)

ミッドウェイ沖海戦(米軍撮影)引用元:https://warontherocks.com/

艦娘コラムの中でも何回か登場します、連合艦隊が初めて味わった大敗北、ミッドウェー海戦では、「赤城」「加賀」「蒼龍」が米機動部隊に対し、何の反撃もできずに沈んでいきましたが、実はこの時、一隻だけ敵の攻撃を回避した空母がありました。それが飛龍でした。第二航空戦隊山口司令は、旗艦「赤城」の大破炎上の一報を受けると

「我、これより航空戦の指揮を執る」

と真っ先に指揮権を自分に移し、アピールする電報を各艦に打ちます。映画で阿部寛さん演じる山口司令は

「刺し違えても一隻は沈める。このままでは、海軍は末代までの恥を晒すことになる!!」

と部下に対し檄を飛ばすシーンがあります

檄を飛ばした山口司令は、生き残った空母飛龍の航空隊に対し、出撃命令を下し、第一次攻撃隊、第二次攻撃隊を敵艦隊に差し向けます。この時、現場の航空隊の指揮を執った「友永大尉」は、前のミッドウェー島爆撃の際に、愛機が対空砲の砲火を浴びて片翼の燃料タンクが使えませんでしたが、そのまま出撃。文字通り「片道切符」で敵艦隊に対して攻撃を仕掛けました。

攻撃隊は、発見した米空母「ヨークタウン」に第一次、第二次の攻撃を仕掛け、攻撃隊より被弾したヨークタウンは大破、航行不能になります(のちに帝国海軍伊168が、魚雷攻撃により撃沈)

ちなみに、ゲームで飛龍ちゃんが攻撃時に

「よし!友永隊、頼んだわよ」

というセリフは、このミッドウェー海戦の時に米空母ヨークタウンに攻撃を仕掛けた「友永大尉」の事を指しています。

山口司令の迅速な判断と、友永隊の決死の攻撃により、敵空母を1隻撃沈し完全なる敗北を防いだ帝国海軍でしたが、その後飛竜も、米機動艦隊からの偵察機により発見され、すぐさま発艦した米空母「エンタープライズ」からの攻撃機により、被弾炎上。山口司令は、「飛龍」加来艦長と共に、沈みゆく飛龍と共に運命を共にしました。

ちなみにこれらの戦いは、ゲーム艦これにおける飛龍ちゃんのセリフにも反映されており(と思います)

「たとえ最後の1艦なっても、たたいて見せます!」「どんな苦境でも戦えます!」といったセリフは、このミッドウェーの奮戦に基づいたセリフでしょう。

艦娘 「飛龍」ちゃんは実績も人気も一航戦に負けてませんよっ!

TVシリーズでは、一航戦コンビが輝かしく、史実でも栄光の連合艦隊の象徴でしたが、二航戦だって実績は負けてません!ちなみに人気だって、

「二航戦コンビの方が好き~」っていう人だって多いです。筆者も二航戦派です(笑)

皆様も、注目されがちな一航戦コンビから、たまには二航戦コンビに目を向けてみてはいかがでしょうか?

艦娘コレクション!劇場版 艦これ公開までに24人の艦娘を紹介してみるよ