『 ドラゴンボールZ 』イケメン・脳筋宇宙レスラー・スピード系電撃爬虫類で構成! 精鋭集団クウラ機甲戦隊とは!?

クウラ機甲戦隊とはドラゴンボールの敵部隊名です。隊長のサウザーは、『超時空要塞マクロス』マクシミリアン・ジーナス、『ご注文はうさぎですか』タカヒロ、『BLEACH』藍染惣右介、『銀魂』星海坊主などを演じている速水奨さん。

何故今さらクウラ機甲戦隊を取り上げるのかというと――ドラゴンボールには魅了的な敵キャラクターが多く登場します。その中でも人気の高い『ドラゴンボールZ とびっきりの最強対最強』ボスキャラクター・クウラについて、以前触れたことがあります。せっかくなので、今回はクウラの部下についても触れてみよう――というわけです。

ちなみに、クウラの弟であるフリーザにも、ギニュー特戦隊という精鋭部隊があります。あちらが5人なのに対し、こちらはたったの3人。けれど、各々の実力はフリーザ軍エリート戦士のギニューより上(だと思われる)なのです。

悟空「おめぇら何者なんだ……!」

「クウラ! 機甲戦隊!!

スポンサーリンク

その実力はギニューを凌駕!? イケメン隊長サウザー

――残りのクズを始末するか。ちょろいもんだぜ。

最初に少し触れましたが、彼は速水奨さん演じるクウラ機甲戦隊のリーダーです。

ギニュー特戦隊のイケメン枠であるジースとは顔なじみであり、同じ星の出身という説もあります。それだけあって、サウザーもなかなかのイケメン。ギニューとは機甲戦隊隊長の座をかけて争ったこともあるとか。

ということは、ギニューに勝利したということです。

ちなみにフリーザ軍もう一人のイケメン枠、ザーボンを演じているのも速水奨さんです。

彼は、サウザーブレードという、腕をエネルギー波のソードでまとって斬りつける技が得意。ゲームでは何故かクウラが使用することもあります。

『ドラゴンボール超』では、ゴクウブラックも似たような技を使っていました。ブウウウンというSFっぽいSEがかっこいいです。

余談ですが、悟空たちを襲撃したシーンでは、悟空達がキャンプで作ったカレーをさりげなく食っています。

筋肉で語る宇宙のプロレスラー、ドーレ

――ケッ、信じられねぇな。クウラ様の破壊光線をくらって生きてるわけねェぜ

クウラ機甲戦隊の脳筋枠担当元宇宙プロレス連盟のレスラーらしいです。対戦相手は全員殺してきた、残忍なレスラーだったとか。

作中でも悟飯の頭を鷲掴みにして潰そうとしたり、「うらぁ!」「ずらーっ!」「ヤローッ!」といった風に脳筋キャラが使いそうな叫び声を発しています。

脳筋のご多分に漏れず、中ボスキラーことピッコロのエネルギー波を正面から受け止めようとして爆死してしまう、残念なお人。

触れれば感電!? スピード系電撃爬虫類ネーズ

――ケーケケケ。これでキサマも終わりだ。さァあと何秒もつかな……?

見た目がちょっぴりギニュー特戦隊のバータ似ている、クウラ機甲戦隊のスピード枠担当。その割には速さを活かせませんでしたが。

爬虫類のような顔をしていて、首をひっこめることも可能得意技は両腕から放つ高圧電流。ピッコロを感電死させようとし、身体を捕まれ自分の電流で焼死してしまいます。電気技を使うのに、電気技に耐性がないとは。

それにしても、「ケーケケケ」なんていかにも小物な笑い方ですよね。そこが魅力なんですけども。

とまあ、良くも悪くも小物臭全開でバトルを盛り上げてくれた、個性豊かなクウラ機甲戦隊の面々でした。

フリーザ戦後のピッコロとそこそこ戦えたので、もしかしたらフリーザ第二形態くらいの戦闘力はあるのかも?

地味に強いです。

『 ドラゴンボールZ 』コンピューターが生み出した戦士、人造人間13号14号15号

ABOUTこの記事をかいた人

星崎梓

ライトノベル作家をしています。処女作は『ガンズバースト・オンライン』。 今一番推しているカプはごちうさのシャロリゼ、シャロブル。最近ワートリが熱い! 面白い記事を書けるようがんばりますので、よろしくお願いします。 ∠゚ワ^)☆かしこま