エログロありのR15アニメ『 ソーセージ・パーティー 』!吹き替えには園崎未恵さんも参加!!

今回紹介するのは、『ソーセージ・パーティー』。吹き替え声優には、『ストライクウィッチーズ』トゥルーデ、松屋の店内放送等で知られる園崎未恵さんや、『進撃の巨人』ハンジ・ゾエ、『∀ガンダム』ロラン・セアック等を演じている朴 璐美さんなど、豪華なキャストが登場します。

この映画、なんと日本全国でたった四館でしか上映されませんでした。しかも、一見子供向けアニメのようにみえて、実は子供は観ちゃダメという宣伝文つきのぶっ飛んだアニメです。

去年、一部で話題になった作品でもあります。先日、ついにDVDのレンタル&販売がスタートしたので、紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

R15アニメ『 ソーセージ・パーティー 』は、スーパーに並ぶ食品達の物語

物語の舞台は、スーパー“ショップウェルズ”。

そこに並ぶ食品達は、客を神と讃え、買われることで天国へ、神の街へ行けるのだと信じています。

 

「あの扉(店の出入り口)から天国へ連れて行ってくれる!」

「お客様は神様!」

と歌いながらはしゃぐ食品達。手にとってもらえた食材は「やったぜ」とハイテンションです。

言い回しが下ネタ全開

この作品の特徴の一つは、セリフに下ネタが多いことです。主人公はソーセージで、ヒロインはソーセージを挟むことの出来るホットドック用のパンです。

そんな彼らが、

「パンの奥に挿入」「お前は極太だぜ」「もう淹れたい。生で!(パンの中に)」「見て? こんなにしまってる(パンの切れ込みが)」

などなど、アレを彷彿とさせるセリフをガンガン吐きます。

ソーセージとパンがスーパー内を冒険

愛し合う主人公とヒロインは、一緒にショッピンカードに入れられ、神の世界に行けるのだと幸せを感じます。けれど、ちょっとしたハプニングが発生し、二人を含めた食材達がカートから落下。

ある者は床に叩きつけられることで中身を血のようにぶちまけ、またある者は巨人のような人間に踏み潰されてぐちゃぐちゃに。またある者は破損し、ゴミ箱へと捨てられる。

スーパーでの日常を、食品目線で描きます。

なんとか無事にその場を脱した主人公とヒロインは、元いた棚に戻ろうと考えます。

彼らにとってスーパーとは巨大な国です。普段関わることのない他の商品達と関わり、棚ごとに形成されたことなる世界を冒険しながら突き進みます。

調理とは処刑の言い換え

一方、買われて人間の家にたどり着いた食品達は――

全身の革を剥かれて熱湯に叩きつけられたり、身体を刃物で真っ二つにされたり、そのままかじらればらばらになり、食べられたり。

「食べられたぞ! まだ赤ちゃんなのに!」

そんな叫びも人間には聞こえません。逃げようとしたところで包丁で突き刺され、そのまま絶命する者もいたりして。

なにげない調理のシーンでも、食材目線になると巨人による殺戮ショーへと変貌してしまいます。ブラックすぎるユーモアです。あまりのグロさに食欲が失せるかもしれません。ちなみに筆者はソーセージを食べながら見ました。

外の世界では悲劇が起こっている。天国へ行けるなんて嘘だった。そんな真実をしった主人公達食品が、巨大で恐ろしい人間を相手に戦う物語です。

 

なんとこのアニメには、BLや百合を思わせるシーンもあります。題材が題材なので、かなり特殊な性癖を持っていないと興奮できないと思いますが。

なかなかぶっ飛んだ作品なので、一度は観てみる価値ありですよ!

登場人物全員非処女。 パンティ&ストッキングwithガーターベルト

© 2017 Sony Pictures Entertainment (Japan) Inc. All rights reserved.

引用元: 映画『ソーセージ・パーティー』 | オフィシャルサイト


※このページは、公開からおおよそ1,015 アクセスがありました。

ライティング:星崎梓 さん

お気に入り記事をシェアして下さい

この記事に関するコメント

ABOUTこの記事をかいた人

星崎梓

ライトノベル作家をしています。処女作は『ガンズバースト・オンライン』。 今一番推しているカプはごちうさのシャロリゼ、シャロブル。最近ワートリが熱い! 面白い記事を書けるようがんばりますので、よろしくお願いします。 ∠゚ワ^)☆かしこま