【ラブライブ企画】「 Message from Numazu 」世界に届け、沼津の想い。制作進行中!

先日告知させていただいた、Aqours Next Step! Project記念特別企画「Message from Numazu」。

1週間の時間をかけて、この企画の取材を行ってまいりました。

最初は、「数名の方にインタビューをしておしまい」だったはずのこの企画は、沼津市民の皆様のおかげで、いつの間にか、とても大きな企画となっていました。

皆さんへの取材を終えて、今、感じていることは、「沼津のみなさん、本当にありがとう。」
この一言に尽きます。

沼津の、内浦のみなさんが、本当に温かく私たちを迎えてくれるのは、一体何故なのだろうか。
私たち「アニメファン」をどのような気持ちで迎えてくださっているのだろうか。
そしてこれから……。

今回は、企画記事の公開まで、およそ1週間ということで、今回の企画にご協力いただいた(取材をお受けいただいた)皆様と企画の簡単なご紹介をさせていただきたいと思います。

スポンサーリンク

■プロローグ―「Message from Numazu」企画に至るまで

今回の企画発足に至るまでの経緯や、今回の企画への想いを記したものです。

■Voice from Numazu

5名の沼津市民の皆様に、それぞれのお立場から、アニメやファンの聖地巡礼に対する想いを語っていただきます。

ご協力頂きました皆様

  ・沼津市議会議員 小澤 隆 様
  ・三の浦総合案内所 大村 文子 様
  ・つじ写真館 トミー 様(twitterでのお名前)
  ・南駿農業協同組合(JAなんすん) 様
  ・沼津市役所 ぬまづの宝推進課 様

■ぬまづめぐり

沼津に聖地巡礼に行ったら一度は訪れたいお店の中から5店をピックアップ!(へたくそな)筆者の食レポも…?(笑)

ご協力頂きました皆様

  ・旬彩創菓 「菓南」 様
  ・浜忠 上土店 様
  ・喫茶&BAR 「ねこと白鳥」 様
  ・欧蘭陀館 下河原店 様
  ・丸天 様

■「『ありがとう』に応えよう。」聖地巡礼とマナー

聖地巡礼とマナーについて、様々な方のインタビューをもとに考えてみましょう

■「Message from Numazu」まとめ(仮題)

都合により、きちんとした形の取材が行えなかったお店の皆様には、深くお詫び申し上げます。

また、ここに記していない(取材申し込みをしていなかった)方々でも、多くの沼津市民・関係者の方々に貴重なお話を伺うことができました。

本企画の取材・ライターとして、記事は未完成ではあるものの、取材を通じて、今回の企画で、多くのラブライバーの皆さんに驚きと、感動と、新しい気持ちがきっと芽生えるだろうと強く感じました。

公開まで、是非お楽しみに…!

※2017/3/11日時点での公開予定[です/aside]

『 ラブライブ!サンシャイン!! 』 黒澤ルビィ ちゃんの幼な可愛い魅力

ABOUTこの記事をかいた人

あにぶ編集部

アニメコラムサイト「あにぶ」の編集部です。「あにぶ」は、まだまだオタクではない人、アニメに少し興味があるといった、”アニメ初心者”向けの入門サイトです。コンセプトは、「アニメを知らないあなたのためのアニメ入門サイト」。皆さんに読んで頂けると嬉しいです。