レアアニメが集結!東京アニメアワードフェスティバルのコンペディション部門の結果が発表!

2017年3月10日~3月13日を中心に東京池袋を中心とした映画館にて開催されていた東京アニメアワードフェスティバルにて、コンペディション部門の結果が発表となった。このコンペディションでは、日本公開がまだ決定していない貴重な長編アニメや、日本を含む様々な国の短編アニメーションがノミネートされていた。

スポンサーリンク

長編部門でグランプリを受賞したのは、グリム童話を原作に特徴的なタッチで描いたフランスのアニメ映画「手を失くした少女」。優秀賞には米国アカデミー賞の長編アニメ部門でノミネートを果たした「ズッキーニと呼ばれて」が選ばれた。

また短編部門では、グランプリを鳥の社会のできごとを描いた作品「翼と影を」、優秀賞を可愛いビジュアルの蜘蛛の姿をコミカルに描いた「クモの巣」、豊島区長賞では料理描写も鮮やかな「杏茸を少々」が選ばれた。

東京アニメアワードフェスティバル公式サイト:http://animefestival.jp/ja/

画像引用元;©My Life as a Courgette

ハイクオリティは当たり前! オススメの海外アニメ まとめ【CGアニメ編】

ABOUTこの記事をかいた人

ネジムラ

普段は缶バッジ販売専門店「カンバーバッチ」のオーナーやってます。その傍ら個人ブログとしてアニメ映画情報ブログ「ねじまき恋文のヤブレター」を公開中。国内外問わずアニメ映画を中心とした有益な情報を多くの人に提供できるよう努めて参ります。