『きんいろモザイク』 猪熊陽子 はスタイル抜群な親しみやすいお姉ちゃん

今回は、『きんいろモザイク』主要キャラクターの一人、猪熊陽子について触れいこうと思います。声優は『ニセコイ』宮本るり、『Re:ゼロから始める異世界生活』パックなどを演じている内山夕実さん。

 ではさっそくみていきましょう。

スポンサーリンク

 運動神経抜群、親しみやすさなら誰にも負けない?

陽子はいつも明るくきんモザにおけるムードメーカー的存在で、時として綾以上にツッコミ役を果すキャラクターです。主人公である忍とは小学校からの付き合いで、綾とは中学時代で知り合っています。

成績はあまりよくないようですが、その分運動が得意で、窓から部屋に入ってるという大胆(?)な面もあります。かといって野生児というわけではなく、わりと常識人で、人からよく道を聞かれるなど、話しかけやすい雰囲気も持っています。

 スタイル抜群でギャップ要素もあり

中学時代には転校したてでうまく周囲と馴染めなかった綾をフォローするというような、面倒見のいい面も見せています。

綾にとっては憧れの存在であり、時々百合を思わせるような描写も多いですが、陽子自身は自分への好意には疎い模様。

早弁してもまだ食い足りないほど食欲旺盛ですが、ダイエットとは無縁の体型で、胸のサイズもきんモザでは上位に入るほど大きいというナイスバディっぷり。

海回では意外にもセクシーなビキニ姿を披露

髪は癖っ毛で、風呂に入ると前髪がぺたんとくっつき別人のようになるというギャップもあり。

主要キャラクターの中では推しにしているファンがちょっと少ないような印象を受けますが、実は体格といいギャップといい、魅力スペックはかなり高いのです。もっと広まれ、陽子の魅力!

猪熊陽子 は面倒見のいいお姉ちゃん 

そんな陽子には美月、空太(こうた)という小学生の妹・弟がいます。陽子自体、小学生のようにはしゃぐことも多く、美月&空太に振り回されることもありますが、なんだかんだでちゃんと面倒を見ていて、二人から信頼されている様子。

陽子の面倒見の良さは、二人と接している中で身についたものなのかもしれません。

つまり、良いお姉ちゃん属性も持っているということです。

ところでこの美月&空太、双子なのですが、いつも二人一緒ですごく仲良しなんです。

微笑ましい二人ではあるのですが、やたらと距離が近いせいでちょっと怪しい関係に見えてしまうのは、筆者の心が汚れているせいなのでしょうか。

 

とまあ、実はスペックの高いところがあるムードメーカー系お姉ちゃん、猪熊陽子でした。

『きんいろモザイク』 久世橋朱里 ことクッシーちゃんは生徒思いな先生かわいい!